もう幼ければなんでもいい

【ブログ】開設から10年が経ちました

このブログの最古の記事が2008年6月1日に書かれていて、
確かそれ以前にも何個か記事を書いたはずなんですが消えてました。
まあ大体開設は2008年5月くらいだったみたいです。

というわけで、なんだかいつの間にかあれから10年が経ってました。
開設してから8年くらいはただただギルティのことを書き続けて、
その後適当にだらだらしつつ、ここ半年はメギドにお熱。

ギルティを続けていたかった、バグなど気にせず遊び続けていたら、という気持ちは今でも強いんですが、
たぶんもうあの頃には戻れないし、それ以外は変わらずフリゲやらエロゲやらを遊びながら生きて、
時おりこのブログに感想を書いていきたいと思います。

昔からこのブログを見てくれてる人、何人くらいいるのかな…。
ギルティのことを書かなくなったから、もう誰もいないかもしれないけど…。
PageTop

【メギド72】自分のルゥルゥEX周回のやり方



自分のルゥルゥEXの周回のやり方の動画です。

シトリー、シャミハザ、バエル不使用。
殻をこじ開けるのもダメージを与えるのも全てシャックスの仕事です。

パーティは左から順に
アムドゥスキアス(青龍号) 3rd
シャックス(ケラヴノス) 5th
フリアエ(ゴルゴン) 1st
フォラス(水獣ソーサラー) 4th
アラストール(ウィッチスリザー) 2nd


見ての通り、素早いシャックスの行動順が最後になるくらい全体の素早さが高いパーティです。
大体は5ターンキル、そこそこ運がよければ4ターンキルです。
青龍号はイベント限定オーブなので、無い場合は他の滞水手段を用意するか、
滞水を諦めて回復・防御の手段を増やしましょう。

この戦闘は出てくるフォトンや敵のゲージ状況によって最善の行動がめまぐるしく変わります
60週して、同じ内容の戦闘はおそらく一度としてありませんでした。
アドリブ力が大きく問われます。
この記事で書いている攻略法もあくまで参考程度でしかありません。





【前提条件】

敵に取らせたくないフォトンを意識しながら動きます。

ルゥルゥに最速で奥義を撃たれるのが一番怖いパターンのため、チャージフォトンは最優先で取ります
以下の攻略法も、チャージフォトンを最優先で取ることがそのままこちらの戦略に繋がるようになっています。
チャージフォトンが要らないという場合でもオーブの起動に使うのも手です

取り巻きのフォトン全破壊が厄介ですが、オーブは破壊されないというのが対策になります。
つまり、通常のフォトン>オーブと積まれたキャラは必ず2手は行動ができるようになります。
そのため動画のパーティでは装備させているオーブが全てチャージ1と、小回りが利くようになっています。





【殻をこじ開ける手段】

2ターン目までに殻を開かせるのは絶対条件です。
このパーティでは雷攻撃を5回当てるパターンはふたつあり、

1ターン目にシャックスにスキルフォトン
2ターン目にシャックスにスキルフォトン>ケラヴノスと積む


もしくは

1ターン目にシャックスにチャージフォトン
2ターン目にシャックスにスキルフォトン(覚醒スキル)>ケラヴノスと積む


のどちらかです。
(リーダーフリアエのためシャックスの覚醒ゲージが2になっています)

後者のルートを取った場合、3ターン目開始時にシャックスのゲージが1残っているため、
フリアエのゴルゴンを使えばシャックスが即奥義を撃てる状態になります。





【フォラスの覚醒スキルを3ターン目までに間に合わせる】

取り巻きを一掃するためにフォラスの覚醒スキルを3ターン目までにシャックスに使用させます。
そのためチャージを5まで溜める必要があります。

これは多くのパターンがありますが、一番簡単なのが
1ターン目にチャージフォトン>水獣ソーサラー(フォラス対象) と積むパターン。
覚醒ゲージが4まで溜まるため、3ターン目にアラストールのウィッチスリザーを使えば1ターン目1巡目に覚醒スキルが発動できます。
また、この流れだと2ターン目にシャックスに通常スキルを使ってアタック強化をすることもできます

注意点としては、水獣ソーサラーを発動する際は3巡目にしたほうが良い場合が多いです。
というのも、普通に2巡目に水獣ソーサラーを自身に発動してしまうと、
取り巻きが2順目に通常スキルを放ってきた際に水獣で追加したチャージフォトンが即座に破壊されてしまう
からです。
そのため、無駄になる可能性があるのを分かった上で通常のフォトン>破壊される可能性が高いフォトン>水獣ソーサラー
と積むことで、取り巻きに3巡目にスキルフォトンを取られない限りは追加したチャージフォトンを使えます。





【3ターン目での動き】

ルゥルゥの殻が開いた3ターン目の動きです
アラストールやフリアエが覚醒ゲージのサポートをしながら、アムドが滞水を撒き、
フォラスのバフを受けたシャックスが全体化された奥義をぶち込む
という流れになります。
当然これらの動きは全て1巡目に行えるように、前のターンまでに準備をしておきます。
そうでなければ取り巻きにフォトンを破壊されてしまうからです。

3ターン目で大事なのが可能な限りルゥルゥに奥義を撃たせないことです。
つまりチャージフォトンやアタックフォトンを渡さないようにして、
このターンにルゥルゥが奥義を放ってまた殻に閉じこもってしまうのを防ぎます。
覚醒スキルをわざと撃たせる流れに持っていくのも効果的です。

3ターン目の奥義を防ぐことができれば、4ターン目にもう一度攻撃のチャンスが訪れます。
3ターン目の最後に水獣ソーサラーをシャックスに使っておけば4ターン目に追加の奥義を喰らわせることもできます。

とはいえ失敗しても戦闘が延びるだけではあるので気楽にいきましょう。
シャックスのHPが危なくなったらアムドゥスキアス、フリアエで回復や防御に回ります。





パーティが限定されすぎててあまり参考になりませんが、
自分のルゥルゥ周回パーティは最終的にこうなりました。
部分的にでも参考にしていただけると嬉しいです。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

http://app.candysoft.jp/products/amaenbo
PageTop

【漫画】最近読んだ漫画の感想

■お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない 1巻
51vtwXrhU1L.jpg

女の子が可愛かった



■竜と勇者と配達人 3
613rblOmndL.jpg

女の子が可愛かった
PageTop

【メギド72】防御無視無視バグについて

この記事では、書いている時点で既にとうの昔に修正されているバグの紹介をしています。
かつてそういうバグがあったという昔話としてお楽しみください。



【防御力無視無視バグとは?】

2月上旬頃、ネット上であるバグが話題になりました。
通称『防御力無視無視バグ』
「ゲームバランスに影響があるものの、意図的に悪用しようとしてもゲーム全体が壊れるほどでない」
という、なんとも絶妙な存在感を放っていたバグでした。

『防御力無視無視バグ』を簡単に説明すると、
「フェニックスの特性の防御力無視」「マスエフェクトによる防御力無視」「オーブの特性による防御力無視」
3つの防御力無視が合算されて計算されてしまうというものでした。



■フェニックスの特性の防御力無視

フェニックス

フェニックスは特性で防御力無視を完全に無視することができます。
これは防御力無視100%として換算します。



■マスエフェクトによる防御力無視

16316.jpg

ガミジン、モラクス、フルカスなどはマスエフェクトで味方に防御力無視の効果を付与することができます。
これもフェニックスの特性と同様、防御力無視100%として換算します。



■オーブの特性による防御力無視

16317_20180611230242be5.jpg

カウンターSSRオーブハニワキング、SRオーブホーリーフェイク
バーストRオーブコロナフォースなどは装備者に防御力無視の効果を与えます。
これはオーブやそのレベルに依りますが、ホーリーフェイクLV1ならば防御力無視60%となります。





これらのパーセンテージが合計されて、そのままダメージ計算されてしまうのが『防御力無視無視バグ』でした。

例えば、モラクスのマスエフェクトを受けているキャラ防御力無視50%の特性のオーブを装備していると防御力無視150%の状態になりますし、
フェニックスモラクスのマスエフェクトを受けていると防御力無視200%の状態になります。





【防御力無視無視の効果】

その状態で敵に攻撃すると具体的にどのような計算が発生するのか見てみましょう。

例えば、防御力が500の敵に攻撃するとします。
防御力無視100%の状態ならば、500-500で防御力を0として計算して攻撃します。普通ですね。
ところが防御力無視が200%の状態だと、文字通り相手の防御力を200%分引いてしまい
500-1000で相手の防御力がマイナス500として計算して攻撃してしまいます。

このゲームのダメージ計算式は「こちらの攻撃力-相手の防御力」のため、
相手の防御力がマイナスだとその数値分ダメージが増えます
上の例なら、マイナス500をマイナスするので500ダメージ分増える計算となります。

おそらくは防御力無視のパーセンテージを合算する、ところまでは良いのですが、
合算した結果防御力無視の割合が100%を超えた場合は強制的に100%を代入するという処理が抜けていたものと思われます。





このバグの面白いところは相手の防御力が高ければ高いほど恩恵が大きくなるというところでした。

上の例では敵の防御力を500としましたが、仮に5000だったらどうでしょうか?

防御力無視100%の状態、つまり本来意図された仕様の限界ならば防御力を0とするのが最大であり、
5000ダメージしか増えません。
しかし防御力無視200%の状態だと相手の防御力がマイナス5000となり、さらにダメージが5000加算されます
通常時に比べるとダメージに10000の差が出ます。
500とか1000とかもうどうでもいい次元になります。





ヒット数の分だけこのようなダメージ計算が行われるため、多段技はこのバグから受ける恩恵が極めて大きくなります

防御力無視無視バグが話題になった時点ではバグが利用できる中でヒット数が多い技を持つメギドはほぼ居なかったのですが、
その数日後の2月14日、見計らったかのように通常スキルで3回攻撃を行えるアガリアレプトが登場しました。

例えばですが、アガリアレプトが防御力無視200%の状態で防御力5000の相手に通常スキルを放てば、
仮にアガリアレプトの攻撃力が0でも「0-(-5000)」×3=15000ダメージになる計算です。



とは言え、そこまで極端に防御力が高い相手は極めて少なく
それ以外の敵に対してはせいぜい「ダメージが結構増える」程度でした。
逆に言えば、だからこそ発見が遅れたバグなのかもしれません





バグではなく仕様では?という説もありましたが、
上記のように「防御力が高ければ高いほど損をする」という状況はあまりにも意味不明。
しかも「モラクスの通常スキルのような最初から防御力無視効果がついている技を使うと防御力無視は100%止まりになる」
という挙動もあり、仕様として考えるにはあまりにも不自然で統一性がありませんでした。

案の定、3月13日のアップデートにして修正されるに至ったのでした。

16320.jpg





以上、『防御力無視無視バグ』の紹介でした。

本来なら生まれてはいけないはずのバグを面白いと感じてしまうのは良くないことかもしれませんが、
このバグは原理が分かりやすく、かつ悪用するにしてもそこまでではないのが少し魅力的に見えました。
そんなバグを、忘れないうちにまとめておきたかったというのがこの記事を書いた最大の理由です。

ちなみに自分はこのバグを一切利用してません。
説得力0だけど本当だよ。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop