FC2ブログ

もう幼ければなんでもいい

【短編ADV+RPG】『風のリュート』 感想

『風のリュート ~恋人未満の戦士たち~』は、プレイ時間2時間くらいの短編ADV+RPG。
半人半魔のリュートと人間のティリスがイチャつきながらある事件解決に挑む物語で、最初から最後までノンストップニヤニヤ。
戦闘難易度も舐めてかかると全滅する絶妙さで楽しかったです。

ダウンロードページ



ETovYJcU4AAbWZO.png
ETovbkXU0AIyniz.png

ETow1YrU4AIVXZM.png

ETow2dPUEAA3heN.png



素敵なゲームをありがとうございました

PageTop

【マリカ】『Supuer Nitoro Racing』

PageTop

【フリゲ】『メイジの転生録』  ─††† 運 命 感 想 †††─

震えが止まらなかった。

Image0ff20200301144247.png
Image0ff20200301144250.png

これほどの名作を知りながらも今までプレイしてこなかった自分に対する悔しさで。



Image0ff20200301152612.png

圧倒的なテキストのセンスと運命を感じさせるグラフィックへの驚嘆で。



Image0ff20200301151439.png

そして何より、それらの陰に隠された考え尽くされた快適なユーザビリティとゲームバランスへの感動で。



運命の奥底から揺るがされた。
実際ネタでもなんでもなく、ここまでプレイヤーに強烈な印象を残しつつ、RPGとしても普通によく出来ている以上、掛け値なしに名作としか言いようがない。
常人ならざるセンスを持った作者が持てる武器を全て使って作り上げた魂とでもいうべき作品であり、文章の、グラフィックの、演出のひとつひとつにその熱意と本気が伝わってくる。



Image0ff20200301174249.png

確かにイラストの一部に関しては関節や骨格が若干運命的になっているものの、それでも十二分に「作者がやりたい演出」が自作の絵で出来ているという時点で普通の人間にはまずできない偉業だ。
作品内だけで作者の画力がメキメキと上達していくあたりからも、現状に満足せず上達を目指しているのだろうなと思わせられる。
というか後半は普通に可愛かったりカッコよかったりして普通にビビる。
なんにせよ俺には絶対に真似できない姿勢と努力だ。






Image0ff20200301180759.png

繰り返しになってしまうが、ゲームを成すあらゆる要素が個性的…いや運命的でありながらも、しっかりと練られたゲームバランスと快適性。
メイジの転生録がカルト的な人気を誇るのも納得ができる、名作中の名作だった。

PageTop

長編RPG『ぐーたら魔王のギルドライフ』 感想

20200219120901.png

ダウンロードページ

『ぐーたら魔王のギルドライフ』はどんなに早くても50時間、やりこもうとすると100時間超えという超長編RPG…
とのことでしたが、本編をクリアする分には20時間もかからない程度でした。
ここから先が長いのかもしれませんが、ひとまずエンディングは見れたということで、この記事を書くことでひとまず休憩にしようと思います。





20200222100539.png

割と強かった魔王さまは、色々あってめっちゃ弱くなってなんだかよくわからないけどひたすら同じダンジョンに潜る生活を送ることになりました。

ストーリー解説終わり!!!!!!!!!!!
実のところ世界観の説明はなにひとつ理解できなかったです、ごめんなさい。





20200221220408.png

Image0ff20200212134107.png

1つの広大なダンジョンを、可能なところまで探索しては帰還する、を死ぬまで繰り返す系のゲームです。
レベルあげたり強い装備を見つけたりして戦力強化して少しずつ進んでいこうね、みたいな硬派なスタイル。



Image0ff20200224133654.png

そのためメインとなるストーリーはほぼ無いも同然なのですが、20を優に超える仲間キャラたちにはそれぞれ好感度イベントがあるため淡泊といった印象はありませんでした。
みんな可愛いね。



20200213140048.png

20200222121552.png

女の子が可愛いです。





20200218213806.png

本当に序盤から終盤までひたすら同じことを繰り返すので、悪く言えば盛り上がりに欠けますが、よく言えば安定して面白いです。
なんていうか最終回を迎えるくらいだったら、引き延ばしでもいいから続いて欲しいと思った漫画が、本当にずっと続いてくれてるような安心感を覚えました。

出発、戦闘、帰還。
そして仲間たちとの会話。
この作品はよくも悪くもこれが全てです。
ひたすら育成と戦闘をしたい、でも仲間キャラともゆる~く駄弁りたい!
そんな人には非常におすすめできるゲームだと思いました。





Image0ff20200216143523.png

男キャラもわずかにいます。

PageTop

長編ノベル『臨界天のアズラーイール』

Image0ff20200209184706.png


『臨界天のアズラーイール』公式サイト
https://quantizegame.wixsite.com/azrael

詳しいことは話せないんですがめっちゃ力作の長編ノベルです。



Image0ff20200220223126.png



公式サイトを見てビビっときたら是非プレイして欲しい作品。

PageTop

AlchemyQuest リノンの錬金工房 GIVE UP

20200205221451.png

20200205221706.png

凄い力作だと思うし実際楽しんでたんですが、マップが尋常じゃなく重いという外部的理由でギブアッポ…。
マップが美麗な分、処理が凄まじいことになってるっぽい。

このあたりは個人製作だとデバッグしてても分からない部分だからしょうがないね。
オプションで設定できれば嬉しかった…。



20200205221421.png

20200208225936.png

20200205225031.png

20200205221438.png



キャラとか全体の雰囲気は本当に好みだった。
PCスペックに自信がある人はやってみるといいかも。





20200209092444.png

20200209092456.png

ノーヒントでここ調べないと詰むのはあんまりだと思う

PageTop

【フリゲ】『#こっち向いて_めごちーv』

Image0ff20200209123049.png


『#こっち向いて_めごちーv』は若手アイドル「めごちー」の写真を撮りまくるゲームです。
そうとしか言いようがねえんだ…すまねえ。

『#こっち向いて_めごちーv』 公開ページ




Image0ff20200209123119.png

Image0ff20200209124731.png


ひょんなことから、めごちーの写真を撮ってはSNSに上げる仕事を任された主人公(名前や性別は変更可能)。
彼女のために、最高の瞬間をカメラに収めてあげましょう





Image0ff20200209124947.png

人気アイドルにとって時間は命そのものなのか、シャッターチャンスは1日1度しか許されません
撮影の瞬間にめごちーがよそ見をしていても、まばたきの瞬間を捉えて変顔になってしまったとしても、やり直しは出来ずにそのままSNSにアップロードすることを余儀なくされます
俺は別にいいけど、めごちーはそれでいいの?





Image0ff20200209224306.png

このゲームが面白いのは選択肢による好感度の上下だけではなく、どのような写真を撮ったかで物語やエンディングが分岐していくところです。
本人の要望通りキメ顔を撮影するか、あるいは少し気を抜いて素が出てしまった瞬間を捉えるか、はたまた…?

1週目はやり直し無しのガチ撮影になりますが、2週目以降は好きなルートに行けるオート補正をかけることができますので、安心して色んなめごちーを見てあげてください。





コンプまでには1時間かかるかからないかと言ったところでしょう。
画像ではお伝えしきれませんでしたが、軽快に動くドット絵のめごちーがとても可愛らしく、UIも含めて色々と凝っている作品です。

お手軽かつ新鮮で、一風変わったゲームをやりたい人におすすめしたいです。

『#こっち向いて_めごちーv』 公開ページ

PageTop

【探索ADV】『ブレスオブわてり』 感想

Image0ff20200204203739.png

『ブレスオブわてり』はVIPRPGという2chのとある場所で盛り上がっているジャンルの作品です。
キャラクターや設定、またゲーム中の素材をある程度共有されて作られることが多いVIPRPGですが、この作品は比較的オリジナルの要素が強いため、他のVIPRPGを知らなくても楽しめるようになっています
(一部「?」になるシーンはあるかもしれません)



ダウンロードページ
(※ゲームフォルダ内に実行ファイルが無いので、別途用意するか、RPGツクールローダーというツールを使って起動してください。
どちらも簡単に見つかるはず)






Image0ff20200204203759.png

『ブレスオブわてり』は色んなところを探索して、アイテム買ったり拾ったり、隠し宝箱を見つけたりして行動範囲を広げ、そして主人公を強化していく探索ADVです。



Image0ff20200204210055.png

まずは広大なフィールドに各地にある「祠」を攻略していくのが大体の目標となるのですが、原作よろしくパズル要素が強いです。
明らかに手抜きなものから、ちょっと頭を使わないとクリアできないようなものまでといった感じの難易度です。
RPG要素もありますが、基本的には事前の準備と発想で全てが決まるため、それもパズルの一部と言えます。
また、戦闘そのものを避ける方法があることもあり、自由度が高いゲームです。


Image0ff20200204203812.png

Image0ff20200202182656.png





Image0ff20200204204033.png

まだ一度本編をクリアしただけなのですが、祠やダンジョン…というよりゲーム全体を通して様々なクリアの仕方がありそう、丁寧に作られてるなーという印象でした。
実のところ元ネタとなっているであろう作品は未プレイなのですが、こうした色んなやり方があるあたりがリスペクトなのかなと。



Image0ff20200202182634.png

また、ゲーム中には無数に隠しアイテムが散りばめられているのですが、そのどれもが「ゲーム好きだったらここに隠したくなるだろうな~」と思う場所に主人公の一言コメントと合わせてキッチリ置かれており、達成感と楽しさがひとしおです。





総じて、探索する楽しさ、模索する面白さがギュっと詰まった作品です。
それでいてコンパクトにまとまっていて気軽に遊べながらも、大冒険をした感覚が味わえる、そんな不思議なゲームですね。


手軽に気軽に大冒険をしたい、そんな人におすすめです。

ダウンロードページ

PageTop

【2Dアクション】『疾風戦記フォースギア2』紹介

Image0ff20200120120305.png

Image0ff20200120121047.png

『疾風戦記フォースギア2』は、昔ながらのロックマンスタイルの2Dアクションのフリーゲーム。
こちらからDLできます。

https://www.freem.ne.jp/win/game/21774

あらゆる点でハイレベルで、そうそうお目にかかれないレベルの超名作だと思います。






【概要】

何もかもが楽しいので、どこからどう紹介していけばいいのか分かりません。
とりあえずスクショ何枚か張るので見てください。



Image0ff20200120120425.png

Image0ff20200120121218.png

Image0ff20200114120600.png

Image0ff20200114120628.png

Image0ff20200114120707.png

Image0ff20200120120951.png



とりあえず思いついたことを列挙していくと…

操作性や効果音が良く、動かしているだけで爽快で楽しい作品です。
性能が異なる主人公が2人、本編クリアで更に2人増えるため、ボリュームも結構なもの。
ステージの各所にコレクション用のアイテムが隠されており、探索要素すら完備。
また、濃密という訳ではありませんが、合間合間にストーリーがスチル絵付きで展開されていきます
難易度は選択制で、ノーマルならば、自分で縛りを入れない限りボスにゴリ押しが通じるためかなり簡単です。
それでもクリアできなかったとしても、キャラクターに基本ステータスを強化したり、特殊行動ができる装備をつけたりできる育成要素があるので安心。
もちろん腕に覚えがあるなら難易度をあげたり、縛ってもいいと思います。

総じてアクションゲームとして兼ね揃えるべき要素をすべて持ち合わせている、名作としか言いようのない作品となってます。





【BGM】

そして特筆すべきは超秀逸なBGM
このゲームのためだけに数十曲が作曲されており、そのどれもがメチャクチャ恰好いいです。



こちらは作曲者の方がご自身で投稿された、BGM兼PV動画。
是非とも一度、聞いてみてください。

ゲームクリア後にはフルバージョンのサントラをダウンロードできるようになるので、それを目標にプレイするのも中々熱いかもしれません。





とにかく面白いから、やってみて欲しい!としか言えない名作。
ちょっとした息抜きからガッツリやりこむまで、目的に合わせて楽しみ方も変えられるようになっており、色々な方におすすめできるゲームです。
興味が湧いたら是非DLを。



・『疾風戦記フォースギア2』 DLページ
https://www.freem.ne.jp/win/game/21774

PageTop

【"非"本格SRPG】『NAROUファンタジー』 紹介

Image0ff20190929125805.png



フリーゲーム『NAROUファンタジー』は、中~長編の"非"本格SRPGです。
公式によるプレイ時間の推定は12時間以上となっています。

『NAROUファンタジー』DLページ


Image0ff20190929132345.png





【概要】

Image0ff20190929132543.png

舞台はよくある剣と魔法と魔物の中世的ファンタジー。
元高校生の主人公「レン」が勇者として召喚され、仲間と絆を深め、力を付けて、世界を平和に導くという、一見どこにでもある王道な物語。

そこに一味違った風味を加えることで、ゲーム的にもシナリオ的にも印象深い作品となっているのが『NAROUファンタジー』です。





【本当に最弱の主人公】

Image0ff20190929130433.png

主人公のレンは勇者としてこの世界に召喚されたはずなのですが、色々あって非常に貧弱
手にした勇者の剣も3回振るうと力を失うという有様で、魔物を見たらまず真っ先に逃げることを考えなければなりません



Image0ff20190929131107.png



当然これでは世界どころか道中で出会った仲間たちすら助けられず、失意のままその命を散らすことになります。



Image0ff20190929131251.png





ところが、レンには正体不明の死に戻りの力があります。

Image0ff20190929132807.png

死亡した際には召喚されるところから世界が繰り返され、レンは前回の人生で得た力の一部を引き継ぎます
記憶はほぼ失ってしまうものの、そこは代わりにプレイヤーが知識を引き継ぎます




Image0ff20190925224605.png

この世界や出会った仲間たちを救うにために、すべきことは何か。
できることは何か。
それを実現させるためには、どこで、なにをして、力が必要ならどの程度強くなっていればいいのか。

何度も何度も気が遠くなるほど世界を繰り返し、ハッピーエンドまでの道のりを手探りで探し続けるのです



Image0ff20190929133157.png

勝てなかったあの敵を打ち倒し、防げなかった魔族の奇襲を退ける。
知識と力を少しずつ少しずつ蓄えて、今までの世界には無かった新しい可能性を切り開いていくのが『NAROUファンタジー』における最大の目的であり、醍醐味であります。





【『"非"本格SRPG』ゆえの楽しさ】

前述の通り製作者の方はこの作品を『"非"本格SRPG』としております。

Image0ff20190929125854.png

ダメージや移動距離などを緻密に計算して殴り合うよりは、それよりキャラを育てたほうが速いです。
ダメージもインフレしていきます。
ストーリーも、SRPGでよくある人間VS人間ではなく、敵は完全に魔族のみとなっています。
何よりも謎解き要素が強く、キャラを成長させるために、アイテムを手に入れるために、そして人々を救うために、様々な面で思考を巡らせなければなりません

ゲーム性もストーリーもシミュレーションRPGとしての王道は外している作品で、どちらかというと普通のRPG寄り
むしろSRPGという形を借りたアドベンチャーゲームと言って良いかもしれません。

時にコメディ、時にシリアスな登場人物の掛け合いも魅力的。

Image0ff20190929131724.png



このように形容が難しいなんとも独特なジャンルとなっており、それが『NAROUファンタジー』の魅力だと思います。





【難易度について】

Image0ff20190929132136.png

注意点としては、割と高めな難易度に加えて、周回が必須な点です。
作中にヒントは散りばめられているので普通にプレイを続けているといつかは正解に辿りつけるようにはなっており、また、周回を重ねると前回の時とは違った会話やイベントが発生するようにはなっています。
それでも暗中模索で未知の可能性を求めて周回し続けてもしばらく進捗が無かったりすると焦ってきますし、モチベにも影響を及ぼします。

しかし嬉しいことに有志によって情報が充実した攻略wikiがあるので、詰まったらそちらを見ながらプレイできます。
詰まったらそこで投げざるを得ないフリーゲームも多い中で、こうしたサイトがあるのは嬉しい限りです。
また、Easyモードがあるのでそちらで遊んでみるのも良いでしょう。





【設定について】

戦闘アニメOFFは必須。
敵ターンを「瞬時」にしてしまうと会話イベントも飛ばされてしまうので非推奨。
右クリックでストーリーや敵ターンを飛ばせるのでそちらを使いましょう。





ということで、以上NAROUファンタジーの紹介でした。



Image0ff20190923113520.png

王道要素に個性的なスパイスが加わり、独自の作品に仕上がっている名作です。
難易度の高い謎解き要素もあるものの、情熱あるプレイヤーたちに愛されしっかりした攻略wikiでカバーできるのが本当に安心できるポイント。

一風変わったSRPGをプレイしてみたい方は、このゲームをDLしてみてはいかがでしょうか。

『NAROUファンタジー』DLページ



Image0ff20190929125610.png















Image0ff20190929132220.png

ちなみに好感度システムがあって色んな女の子とイチャつけます
ここが一番NAROU要素かもしれない
神ゲー

PageTop

【フリゲ】短編ノベル『檻のビブリオ』 プレイ終了

檻のビブリオ DLページ

Image0ff20190829195922.png

Image0ff20190829224555.png

Image0ff20190829225828.png

Image0ff20190830004347.png



1~2時間程度で読み終わる短編ノベル。
特別何かが派手というわけではないんだけど、純粋に読みやすくて面白かった。

ベルちゃんかーわいーいーねーーーー

PageTop

【フリゲ】格ゲー『Beatdown Dungeon』 紹介

Imag2e0ff20190829234340.png



『Beatdown Dungeon』は、海外製の格闘ゲームです。

シンプル操作かつ、ダンジョンモードという分かりやすいプレイの目標があるため、お手軽かつがっつりと格ゲーを楽しむことができます

ストーリー要素は薄く、技の説明などにも簡単な英文しかないので、単語さえ読めればなんとかなります。
自分は単語も読めませんでしたがなんとかなりましたので、たぶんなんとかなります。

『Beatdown Dungeon』ダウンロードページ
(beatdown_dungeon_v1_0.zip 434 MB からDL)





Image0ff20190829234340.png

このゲームの大きな目標は、ザコ敵が道中にたくさんいるRPGのようなダンジョンを踏破していくダンジョンモードです。




Image0ff20190827220131.png

敵を倒してレベルを上げたり、ダンジョンの中のショップを利用して特殊能力を付与するバッジや、戦闘中に召喚できるアシストキャラを購入してキャラを育成しつつ、プレイヤー自身はそれぞれの敵の対策を練ったりコンボを練習するなどして強くなっていくゲームです。

ダンジョンをクリアすると次のダンジョンが現れ、最終的に登場するラスボスを撃破するとゲームクリアとなります。
シンプルですが、買った装備やアシストキャラはタイトル画面のPreparetionから装備させなければ使えないことだけ注意しましょう。


Image0ff20190829234654.png





Image0ff20190831202532.png

格闘ゲームとしては、とにかくシンプルな操作性がウリ。
スマブラのように手軽に方向入力+必殺技ボタンで技を出せるので煩雑なコマンド入力に悩まされることはありません。
それでいて意外にもコンボに発展性があり、ダンジョンモードでの雑魚戦1戦1戦で徐々にコンボを伸ばしていていくのがとても楽しいです。



Image0ff20190831203503.png

ダンジョン内で受けたダメージは蓄積されていくため、それぞれの敵に対する対策は必須
どの敵もそれぞれ違った特徴を持つため、いかに素早くその弱点を見つけられるかが腕の見せ所です。
レベルの概念があるので最悪レベルあげればなんとかなるよって言いたいところだったんですがこの記事書くために今適当にプレイしてたらレベルマックスなのにあっさり雑魚敵に殺されたんでやっぱり対策頑張って考えてください。
いいゲームだぜ。





Image0ff20190827223703.png

久しぶりに格闘ゲームをやりたくなった、そんな方にオススメな『Beatdown Dungeon』
ソフトながらもしっかり格闘ゲームを楽しめるので、興味があれば是非プレイしてみてくださいませ。






・覚えておきたいこと

使うボタンは弱、中、強、特殊技、ゲージ必殺技、召喚の6つ
弱+中で投げが出せる。
主人公のニトロは、バッジを用いない限りここからでのみエリアルにいける。



・おすすめバッジ
Image0ff20190831201800.png

Pain Chain:ゲージ使用必殺技を当てたあと、通常必殺技ボタンを押すことで追撃が可能になる
ニトロがエリアルコンボをする数少ない手段。



Image0ff20190831201814.png

Combo buster:相手のコンボを喰らっている時、強+必殺技ボタンで相手のコンボに割り込んで反撃する。
いわゆるサイクバースト。ほぼ必須。



Image0ff20190831201816.png

Demon cell body:相手のコンボの1HIT目のダメージを受けなくなる。説明文にも書いてある通り、壊れバッジ

PageTop

【フリゲ】中編RPG『こころぼし』紹介

Image0ff20190630084410.png

『こころぼし』は、人付き合いが苦手で現実世界に馴染めず、学校でいじめられ、生きづらさを感じている中学生の女の子の心の世界を旅しながら、感情と記憶で作られたこころぼしという存在と戦っていくRPG(DLページより)です。



Image0ff20190630084427.png


「一見ゆるゆるでフワフワな雰囲気…しかしその実態は…」というゲームはフリーゲームに特に多い印象で、自分はプレイもしていないのに食傷気味という良く分からないことになっています。



Image0ff20190524223117.png

この『こころぼし』もそういうよくある(と自分が感じている)作品の一種のように見えますが、実際のところは「DLページの時点で陰鬱な世界観についてしっかり言及されており、隠そうともしていない」ため、そういうのが苦手な人は回避できるようになっています。
また、ホラー要素も砂粒程度しかなく、ホラー耐性が一切ない自分でも少しドキッとする程度(それも極端な映像や大きな音で急に脅かすようなものではない)でした。

『こころぼし』DLページ





さて、そんな優しい配慮に溢れた『こころぼし』ですが、肝心のそのゲーム内容は「警告はしたからな?」と言わんばかりに生々しい描写が終始続きます。



Image0ff20190630065539.png

こちらは今なお学校でいじめられ続けている、このゲームの主人公であるひとみちゃん
しかし、このゲームには基本的には彼女は殆ど登場しません

物語の主な舞台は彼女の精神世界であり、その中で「ユニー」というユニコーンの少女が実質的な主人公となっています。

Image0ff20190630084659.png



Image0ff20190630065605.png

この世界は現実世界に存在するマジカルユニコーンという彼女が好きなアニメが元になっているらしく、言わば、彼女の心の拠り所なのかもしれません。



Image0ff20190524232728.png

そんな精神世界も、現実にいるひとみちゃんの鬱屈した精神状態が反映され、あちこちに不穏な気配が見え隠れしています。
そんなある日…とある事件が発生し、その解決のために、そしてひとみちゃんの心を内側から治すためにユニーは精神世界のあちこちを旅し、さまざまな仲間と出会っていくことになります。



精神世界の住人たちはひとみちゃんの慟哭の具現化という形で存在し、一人一人がとても印象的な台詞を残していくのもこのゲームの魅力のひとつでしょう。

Image0ff20190523203305.png





Image0ff20190523203532.png

精神世界での冒険中、時折ひとみちゃんの過去の記憶や、現実で今何が起きているかが見ることができるポイントが存在します。
良い思い出もあれば悪い思い出もありますが、どちらかというと96%くらいは後者で、基本的に胸糞悪い思いをすることになります。



Image0ff20190523203550.png


現実世界での出来事がひとみちゃんの精神に影響を及ぼし、精神世界にも大きな影響を与えることも…?





Image0ff20190521105144.png

ジャンルとしてはRPGであり、加入する仲間も沢山いてそれぞれに個性もあるのですが、正直なところRPGとして面白いかと聞かれると素直に頷くことはできません。

やたら強い雑魚、無駄に固いボス、と思いきやガバガバすぎるボスの状態異常耐性、テンポの悪さ、選択肢の少なさ…と、爽快感とはとにかく無縁のゲームです。
…それがある意味本作の雰囲気とこれ以上なくマッチしているような気もするのですが。

やはりこのゲームの魅力はあくまでストーリーや世界観ではないかと思います。

Image0ff20190524223932.png





まとめると「ストーリーはとにかく暗くて重くて救いがなくて、RPGとしては正直微妙」という、冷静に考えてみると誰に勧めればいいのか悩む作品です。

少なくとも自分はRPGとして面白いRPGが好きですし、暗い話よりは明るい話が好きです。
しかし軽い気持ちで、興味本位でこのゲームに手を付けてしまい、その恐るべき生々しさとそこから生じる謎の魔力に、あっという間に全EDを制覇してしまいました。

『こころぼし』にはそういう、ゲームとしての面白さとは無関係に、一度プレイした者を離さない魅力が秘められているのだと思います。

PageTop

【フリゲ】『No title』プレイ終了!

フリーの長編RPG、『No title』、じっくり時間をかけながらプレイして、本日クリアしました。

Image0ff20181103015020.png

主人公達は全員「鳥」。鳥の勇者達の魔王退治の物語。
(DLページより)

『No title』オーソドックスなRPGです。
…登場人物が全員動物、特に主要人物がほぼ全員「鳥」であること以外。



間が悪くてヘタレに見えることもあるけど、基本的に決める時は決めてくれる主人公の「ノセ」

Image0ff20180923194449.png



ちょっとお転婆だけど、心優しいヒロインの「ルルリ」

Image0ff20180923193921.png



厨二病カラスにして、なんだかんだ言いながらもノセたちの力になってくれる「アルヴィス」

Image0ff20180929231601.png



この3人たちが、摩訶不思議なことになってしまったとある島を冒険し、魔王を倒す物語です。





Image0ff20181103015817.png

実のところ、戦闘はそんなに面白いとは思えませんでした。

飛行モードと地上モードの切り替えや、スキルの付け替えなど凝ったシステムはあるのですが、
ちょっとややこしかったり面白さに繋がってないように思いました。

全然、悪いわけではないです。
強いて言うならザコ敵がかなり固めで戦闘が長引きやすいくらい。
ただ、戦闘が楽しい!という作品ではないように感じました。





Image0ff20180923193844.png

ストーリーは疑問を残すところや謎めいた部分はあるものの、
「魔王を倒す物語」とあって基本的には王道的。
良くも悪くも、物語が個性的で面白い、と言うわけではありません。





それじゃあなんでフリー積みゲーマーの俺が最後までこのゲームを楽しくプレイしたかというと、
この作品、雰囲気が抜群にいいんですよね。

メニュー画面が進行に応じて変化していったり…。

Image0ff20180923193415.png

Image0ff20180923200132.png

Image0ff20181012031746.png



ヘルプが可愛かったり…

Image0ff20180929230429.png



アイテムコレクションで色んなお宝の説明やイラストが堪能できたり…

Image0ff20181103015234.png

Image0ff20181103015155.png



とにかく、プレイしていてホッとできるというか…「浸れる」ゲームでした。

ただ、それだけにゲーム序盤でちらほら見られるメタネタが少し残念でした。
地の文というか、作中のヘルプメッセージをTIPSさんと称して突っ込みを入れる彼らはあまり見たくはなかった…。





登場人物が全員動物ということを覗けば、大きなインパクトがあったというゲームではありませんでした。
でも、自分はこのゲームの空気がとても好きで、可能ならこの世界の続きを見たいとまで思いました。
バグらしいバグもなくて、本当に丁寧に作られた作品なんだと思います。



このゲームがプレイできて、本当によかったです。

PageTop

長編RPG『ファイナルタカノマサ』プレイ終了

Image0ff20180512203055.png

長編RPG、「ファイナルタカノマサ」をクリアしました。

ハッキリ言って、他人におすすめできるゲームだとは思えませんでした。



Image0ff20180512203427.png

序盤から、勢いが全てのギャグの津波が遅いかかる。
面白いか面白くないかで言ったら、たぶん、かなり面白くない部類のギャグ。




Image0ff20180512203132.png

使われてる素材にも統一感があまりにもない。



Image0ff20180512203225.png

戦闘バランスは割と壊滅的で、全体回復や全体無敵付与があまりにも簡単な一方、
状態異常に対する対策が限定されすぎてて運ゲー要素が強い。
また、敵の体力があまりにも多すぎる。半分でもいいくらい。











これらを踏まえてなお、俺はこのゲームが好きでした。






Image0ff20180407045610.png

ギャグ一辺倒のように見えてシリアスな面もあるゲームなのですが、そのギャップがとてもよかった。
登場人物たちの掛け合いも多くて、徐々に人間味を出してくる主人公のタカノマサはまさに漢でした。



Image0ff20180324163815.png

Image0ff20180324163819.png

Image0ff20180324163821.png


基本的に顔グラは一種しかないのですが、ここぞという場面で専用の顔グラが用いられ、
全部のシーンが心に残ってます。あの演出はにくい。



総じて、非常にクセのあるゲーム。
やっぱり自分にはこういう、作者の個性がぶちまけられてる作品を好きになる傾向があるのを再確認できました。




カットイン

あとこの作者さんの絵が普通に好きだから、次回作は女キャラのグラフィックも自作のものが見たいなあ…。




Image0ff20180512165528.png

PageTop

【RPG】俺は勇者なんかじゃない プレイ中

これは結構面白そうな感じだ。

でも

Image0ff20180323114918.png

Image0ff20180323114833.png



これが同一人物ってのを脳が受け入れられないんだけど
マジでキャラクターの年齢がわからん…

PageTop

【2Dアクション】メガメーカー(ロックマンメーカー)

Image0ff20170721000849.png

先日、ドえらい作品が公開されました。

その名もメガメーカー
以下がダウンロードページへのリンクです。
https://mega-maker.com/download.html



Image0ff20170721000110.png


その名の通り、マリオメーカーのロックマン版といった作品です。



Image0ff20170721000940.png

Image0ff20170721000121.png

Image0ff20170721000931.png





ステージを作成してプレイできるだけではなく、
なんとオンラインモードでプレイすることで本家マリオメーカーのようにステージをアップロードしたり、
他の人がアップしたステージをプレイすることが可能です。


Image0ff20170721001033.png

Image0ff20170721001126.png


オンラインモードでは、ユーザー名、パスワードをゲーム内で登録する必要がありますが、一瞬で終わります

知名度も高く、凄い勢いで新しいステージが投稿されています。

英語ですが、チュートリアルが丁寧で文章が一切読めなくてもステージの作り方を学べます。





【注意点とか】

・主な操作方法
キーコンフィング画面で確認できます。
面倒だったらZXとかASとかEnterとかESCキー押しまくればなんとかなるよ

・ステージ作成方法
チュートリアルで学びましょう
テストプレイモードはESCキーで一発で戻れます

・アカウント作成の注意点
既に使われている名前を使おうとすると登録の最後で最初に戻されるので注意

・ステージ作成の注意点
ステージにタイトルをつけないと保存できない点に注意

・オンラインモードの注意点
そもそもオンラインモードで遊べない!接続できない!といわれるときは、
アカウント作成の手順がミスってます。
パスワード再入力などが間違ってるとオフラインモードに蹴飛ばされるので注意

・ステージアップロード時の注意点
クリア可能であることを証明するために、投稿前に一度クリアする必要があります。

・オンラインモードでステージ一覧画面の注意点
ONLINE→BROWSEで他の人が投稿したステージがバーっと表示されますが、
画面右にスクロールバーがあり下までスクロールさせることができます。
また、画面上部のNEWESTをクリックすることでステージの並び順の条件を変えることができます。

Image0ff20170721001047.png





何らかの事情で消えてしまう前に行動に移しておくべきかもしれません。

ただ、任天堂作品と違ってロックマンシリーズは溢れるほどに二次創作作品があるにも関わらず、
何らかの事情で消えてしまった作品を自分は知りませんので大丈夫かもしれません。

PageTop

2列パズル『まやこちゃん危機一髪』感想

Image0ff20170704134727.png



またたび屋敷さんで紹介されていた『まやこちゃん危機一髪』をプレイしました。

ダウンロードページへのリンク


Image0ff20170704134742.png


ボタンを押すと足元にブロックを設置し、100個置くとクリア。
同じ色のブロックを2つ繋げると消える。
積み上げすぎて上の魔物に食われたり、消しすぎて下の魔物に食われたり。


ルールは単純ながら、実際やってみると中々難しいです。
中盤からは足場が徐々に飲み込まれていき、じっくり考える時間もなくなります。

ブロックの置き方をひとつ間違えると、連鎖が発生してしまい魔物の口へ真っ逆さま、なんてことも多発します。

難易度が絶妙で、こんなに単純なのになかなかクリアできません。
しかしやればやるほどコツが見えてきて、少し頑張るとクリアできるという秀逸なバランスです。



息抜きに是非やってみて欲しいゲームでした。

プレイ中、悔しさで何度も叫びそうになったのはここだけの話。
このゲーム、ミスしたときの怒りをどこに向けていいのか分からない…

Image0ff20170704134815.png

PageTop

人界と魔界-After Story- 感想

人界と魔界-After Story-
http://www.freem.ne.jp/win/game/14643

パロネタ連打
イベントのテンポの悪さが終わってる



プレイ時間は5分でした

PageTop

【中編RPG】Trustia ~トラスティア~ 感想

Image0ff20161204041641.png

戦闘システムがヴァルキリープロファイル、
ゲームの雰囲気はテイルズシリーズといった感じのゲーム。





ScreenShot_2016_1204_04_19_29.png

Image0ff20161204042115.png

ScreenShot_2016_1204_04_27_54.png

Image0ff20161204042056.png



見ての通り、自作の戦闘システムやグラフィックがかなり力が入っている作品。
ただ、技を出そう思っても出ないことが多々あったりして残念。


このゲームの致命的に悪い点がダンジョンマップ。

Image0ff20161204041814.png


フィールドはこうなのに、ダンジョンに入ると


ScreenShot_2016_1026_09_08_27.png



こうなる。
SFCのゴエモンを思い出したり。

ただ、ダッシュやジャンプの操作性が劣悪で、高いところに宝箱が置いてある、くらいしかギミックがない。
この操作性がどのくらいひどいかと言うと…ちょっと言葉にできない。
この状態で、細い足場を渡っていけと言われると流石に。
ここだけでプレイを投げたくなる、というか、実際投げてしまった…。
別にドラクエ型の通常のマップで構わないのだけど。
フィールドマップはその形式なわけだし。

「ものすごく力を入れているのに面白さにつながってない」という、フリゲあるある。
まあ、作りたいものを作るのがフリゲなんだけど。



あとやっぱり自分は熱血系の主人公や良い子ちゃんヒロインは好きではないんだなあと、
ひねくれ具合を再確認できました。

PageTop

【長編RPG】ディスクリーチャーズ 感想

酷評注意。










 
PageTop

ブログ更新できませーん!

PageTop

【SRPG】ハーチウム 感想

Image0ff20161101225028.png

ハーチウムは、フリーの長編SRPGです。

プレイ時間はたぶん30時間前後ほど。
かなりのボリュームかつ、戦闘バランスもよく、ストーリーも王道的。
キャラクターも悪くないしグラフィックも可愛い。

Image0ff20161101230156.png

Image0ff20161101230223.png

Image0ff20161101230418.png

Image0ff20161101230019.png



全体的に非常に完成度の高いゲームです。



…のですが、自分はラストステージで積んで(詰んで、ではない)しまいました

このゲームの自分にとっての最大の問題点が、仲間の数でした。
序盤だろうが終盤だろうが、話が進むと仲間が増え続けます。

終盤では仲間の数は20人近くになり、所持アイテムの管理や育成に多くの時間を取られるようになりました
何より、1ターンごとにこれだけの人数を動かす必要があるため、もう一人一人移動させるだけでもしんどい。
そしてラストステージでついにこんな初期配置になり

Image0ff20161101230346.png

ああもうだめだこれ、となって投げてしまいました。
今までプレイしてきたSRPGではこんな気持ちになることはなかったんですが、やはりこのゲームは操作可能キャラが多すぎでした。

ぶっちゃけ、もう一人の男主人公のランドの存在が受け入れられないレベルで嫌いになってしまったのが最大の要因な気もしますが。
こいつさえいなければ…。

PageTop

フリーゲームで忙しい!

現在、こちらの長編SRPGをプレイしています。

Image0ff20160929011415.png

ハーチウム。
魔法少女の作者の最新作。
最近ウワサのSRPGstudioを使って作られています。
(ヴェスタリアサーガと同じツールと言えば分かる人は分かるはず)

うん、やはり長編のRPGやSRPGは良い。
とても良い。

プレイし終わったらまた感想記事を書きたいですね。

PageTop

purei 中

↓のゲームそろそろ終わりそう
感想はまとめて書きます

PageTop

真・丹下学園物語~battle on the edge~ プレイ中

Image0ff20160918021803.png


フリーの長編ノベルゲーム。
まあ、正直色々と思うところはあるのだけど、そのあたりを明確にするためにプレイ中。

脈絡のないジョジョパロだの福本パロはコロコロコミックみたいで恥ずかしいからこれだけはやめて欲しい

PageTop

【長編RPG】アルスノヴァ -カルペ・ディエム- 感想

Image0ff20160915044450.png

Image0ff20160915044459.png

Image0ff20160915044456.png

Image0ff20160915044453.png






やめました

プレイ時間は1分です

PageTop

【ボンバーマン風対戦ACT】Power Bomberman 

今回はボンバーマン風アクションゲーム、『Power Bomberman』をご紹介します。





Image0ff20160824032833.png

『Power Bomberman』は、ボンバーマンにとてもよく似ている完全オリジナルゲームです。

未完成とのことですが、ゲームとして十分に遊べる状態になっています。
オンラインで知り合いと対戦することも可能です。
ルール設定の項目やキャラクター、ステージ数がとても豊富でファンには大変楽しめる作品になっています。





メインとなるのはバトルモードスコアアタックモードのふたつ。


Image0ff20160825025845.png

スコアアタックはいわばクラシックモード
古のボンバーマン…のようなゲームを楽しめます。

Image0ff20160825025921.png

『ターボ』ではある程度初期からアイテムを所持していますが、
『クラシック』ではまさしくクラシックそのもののバランスになります。





バトルモードでは更に4つのモードに分かれます。


CPUの難易度だけを選んで即座にランダムなステージで対戦を楽しめるクイックモード
Image0ff20160825031743.png




指定された条件のバトルをクリアしていくトライアルモード
Image0ff20160825030415.png




CPUや身近の友人とバトルをするローカルバトルモード
Image0ff20160825031922.png




そして遠く離れた人とも対戦できるオンラインバトルモードです。
Image0ff20160825033549.png





ローカルバトル、オンラインバトルでは実にさまざまなルール設定ができます。

ボーナスゲームやサドンデス、みそボンの有り無しと言ったものから、
ハンディキャップやら出現するルーイの制限といったニッチなものまで実に豊富

もちろんチームバトルもあり。
このあたりの作りこみがファンゲームならではいったところで、本作の魅力です。


Image0ff20160825031942.png

Image0ff20160825032102.png

Image0ff20160825032218.png

Image0ff20160825032254.png

Image0ff20160825031949.png

Image0ff20160825032018.png

Image0ff20160825032031.png

Image0ff20160825032052.png



更に8人まで対戦可能のスタンダードモードに加え、
12人まで対戦できるワイドモードがあります

Image0ff20160825032345.png


Image0ff20160825032526.png


ワイドモードだとデフォだと画面が小さくて見にくいかもしれませんが
フルスクリーンモードがある他、ゲームウィンドウが普通にドラッグで大きくできるのでまったく問題ありません。





オンラインモードでは、hamachiというツールを使ってプレイします。
hamachiで部屋を作ってそこに知り合いに入ってもらい、
自分のhamachiのIPを伝えてゲーム中にJoinしてもらうという流れになります。
詳しく知りたい方はhamachiの解説サイトを見るか、ここのコメント欄にお書きください。
使用するポートは
32390 - TCP
32391, 32392 - UDP
らしいです。
よくわかりません





また、アイテム説明のモードもあります。

Image0ff20160825023153.png

ボンバーマン…によく似たキャラが身振り手振りでアイテムの効果を教えてくれるので、とても分かりやすい…
…かどうかはともかく、見てるだけで楽しいです。






完全オリジナルゲームですが、どことなくボンバーマンへの愛がとても伝わってくる、ファンによるファンのためのゲームです。
ボンバーマンで遊んだことがある方は、是非プレイをしてみてください。










…消されないうちに。

PageTop

あああああああああ!!!!俺はウマでオナニーをするぞ!!!!!!!

あ!!!!ああああ!!!!!

あああああああああ!!!!!!!!!!!!



シコシコシコシコシコシコシコォオオオオオオオオオオオオ
ドピュ
ドピュピュピュピュ!!!!!!!!


あああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!
ああああ!!!


魚おおおおおおおおおおおおオオアああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!

PageTop

【RPGツクールVX Ace】所持金チートのやり方

RPGツクールVX Ace製ゲームの所持金チートのやり方について記します。
ゲームの楽しみを崩さない程度にお使いください。



Cheat Engine 6.5.1という改造ツールを使います。
有志が作った日本語化パック及びインストール手順の丁寧な解説がありますのでこちらを参照したほうが良いでしょう。
DukeDogDukedom Cheat Engine 6.5.1 日本語パック



まずは改造したいゲームを起動します。

Image0ff20160818021000.png





Image0ff20160818021545.png

チートエンジンを起動し、左上のアイコンから起動したゲームのアイコンを選びます。
これでチートエンジンはそのゲームのメモリを監視している状態となります。





Image0ff20160818021011.png

ゲームのほうで所持金を確認。
現在115G持っているようです。

RPGツクールVX Aceの仕様では、所持金のデータは、『ゲーム中に確認できる所持金×2+1の値』で格納されています。

なのでこの場合、ゲームの内部で231という値が使われている場所を探します





Image0ff20160818021353.png

右上の値のところに231と入力し、すぐ上の新規走査をクリックします。
すると画面左側に231という値が使われているアドレスの一覧が表示されます。

この中のどれかが所持金を管理しているアドレスです。





どれが所持金管理のアドレスなのか特定するために、ゲーム中の所持金を変動させてみます。

Image0ff20160818021317.png

Image0ff20160818021326.png

30Gの買い物をし、所持金が85Gとなりました。
そのため、ゲーム内部の所持金管理のアドレスにはその×2+1の、171という数字が格納されているはずです。

チートエンジン左側の『値』の部分で171になっているアドレスを探します。





Image0ff20160818021446.png

ありました。
これが所持金管理のアドレスです。

なお、アドレスが多すぎて探せない!という場合は、
初期走査を行った際と同様に画面右側の『値』の部分に171を入力し、
その上の『次を走査』をクリックすることで、
『最初の値は231だったアドレスの中から、現在では値が変化して171となったアドレス』を絞り込むことができます。





Image0ff20160818021357.png

発見した所持金管理のアドレスをダブルクリックすると、画面下部にそのアドレスが表示されます。
そのアドレスを右クリック→レコード変更→値と選ぶと好きな値を入力できます。
つまり、ここで入力した÷2-1の値がゲーム中の所持金となります。





Image0ff20160818021458.png

画面下部のアドレスの左のボックスのチェックをいれると値が凍結され、
そのアドレスの値は変動しなくなります。

所持金のアドレスを凍結させることでお金を使っても減らず、逆に増えもしない状態になります。





ゲームの楽しみを崩さない程度にお使いください。

ちなみにステータスも同様に簡単にいじれそうですが、実際やってみるとまったく値が見つかりません。

PageTop