もう幼ければなんでもいい

PS2魁!!男塾 攻略記事 1

PS2魁!!男塾は3Dグラフィックの2D格闘ゲームです。
あのストリートファイター4と同じようなゲームであると言えば、
この作品の優秀さが伝わるでしょう。



【基本操作】

十字キー 移動
 上キー ジャンプ
 左キー 立ちガード(自キャラが右向きのとき)
 下キー しゃがみ
 左+下キー しゃがみガード(自キャラが右向きのとき)
 左キー×2 バックステップ
 右キー×2 ダッシュ

○ボタン 魂ゲージため
×ボタン 掴み
△ボタン 強攻撃
□ボタン 弱攻撃
○+×ボタン 避け
L1、L2ボタン キャラチェンジor特殊バックステップ
R1ボタン 秘奥義
R2ボタン 未使用



【基本システム解説】

キャラクターは3人まで選択可能で、最大で3対3のバトルとなります。
しかし必ずしも3人を選ぶ必要はなく、例えば主人公の桃一人だけで戦うこともできます。
その場合、相手の人数に応じて桃の体力(防御力?)が増します。
1対3の戦いにも不利が生じないように配慮してあるのです。
大変ゲームバランスのよい作品であることがお分かりいただけるでしょう。



【キャラチェンジ】

対戦中はL1、L2ボタンを押すことによってキャラチェンジが可能です。
キャラチェンジは自キャラが行動可能なときであれば使用可能です。
さらにチェンジ後のキャラはライダーキックによって相手に攻撃しつつ登場するので、
遠距離からも一瞬で奇襲することができます。
これだけならばただのバランスの悪いゲームになってしまいますが、
この作品ではキャラチェンジにゲージを1本用いるので頻繁には打てません。
控えキャラクターは少しずつ体力が回復していくので、
キャラチェンジの使いどころが重要です。

なお、控えキャラクターがいない場合、L1、L2ボタンは特殊バックステップボタンになります。
特にL2ボタンによるハイパーバックステップの移動距離はゲーム屈指の性能です。
また、2人、3人のチームではなく単騎で戦う場合は最初からバクステが可能で、
相手を華麗に鮮やかに美しく男らしく翻弄することができます。



【魂ゲージと秘奥義】

キャラチェンジに必要なゲージは本作では魂ゲージと呼び最大5本まで貯めることができます。
このゲージは相手の攻撃を喰らう、自分の攻撃を当てるといった行動のほか、
○ボタン押しっ放しで発生する魂ゲージためで増加します。
ゲージの用途は上記のキャラチェンジと、秘奥義のみです。
秘奥義はR1ボタン1回でレベル1のものが、
R1ボタンを2回押すとゲージを2本消費してレベル2のものが発動します。
秘奥義を発動すると自分のまわりにオーラが出現し、
これが相手にヒットすると秘奥義演出に入ります。



【キャラの体力】

キャラの体力は個別に設定されているようで、
例えば泊鳳は邪鬼のおよそ2倍の早さで体力が減っていきます。

対戦時に人数差が生じている場合の体力増加補正は、
固定値分だけ増加しているのか元々の体力からの割合増加なのかは不明ですが、
体感ではおそらく後者です。



【掴みと避け】

×ボタンで出せる掴みはガード不能の技で、決まると投げに移行します。
しかししゃがんでいる相手はつかめないという致命的な欠点があります。
また、掴みは空中ヒットさせることもできますがその場合投げには移行せず、
相手がただダウンするだけとなります。ダメージも一切ありません。

避けはあらゆる攻撃を回避できる防御手段です。
相手の避けを読んだら掴みを決めたいところですが、
このゲームでは別に避け中には投げ無敵がないとかそういうのは無いらしく、
本当にあらゆる攻撃を防げてしまいます。
さらに避け中からいきなり弱攻撃、強攻撃を出すことも可能です。



【受身】

このゲームでは空中受身はありませんが、
地面に激突する瞬間に□ボタンを押すことで即座に着地できます。

やや猶予が短いですが、これに失敗するとダウン追い討ちコンボを決められてしまいます。



【通常技について】

このゲームには弱攻撃ボタンと強攻撃ボタンが存在します。

ジャンプ時にはジャンプ弱攻撃とジャンプ強攻撃が、
しゃがみ時はしゃがみ弱攻撃としゃがみ強攻撃が出せます。
しゃがみ弱はしゃがみ弱への連打キャンセルと、しゃがみ強へのキャンセルが可能です。
しゃがみ弱×n>しゃがみ強はダウン追い討ちコンボとして非常に優秀です。

立ち状態のときは、弱攻撃と強攻撃を組み合わせて様々な通常技を出せます。
例えば桃の場合は以下の連携が可能です。

弱攻撃
強攻撃
弱攻撃→強攻撃
弱攻撃→弱攻撃→強攻撃
弱攻撃→弱攻撃→弱攻撃→強攻撃
弱攻撃→弱攻撃→弱攻撃→弱攻撃

強攻撃は主に弱攻撃連携の締めに使うようになっています。
どのタイミングで強攻撃を出すかによって、その技も変化します。
例えば桃の「弱攻撃→強攻撃」は「刀で突く→相手を斬り上げる」という連携ですが
「弱攻撃→弱攻撃→強攻撃」は「刀で突く→ハイキック→回転蹴り」になります。
空振りでも連携は可能です。



【ダウン追い討ち攻撃】

相手がダウンしているときに立ち状態で弱or強攻撃を出すと、
ダウン追い討ち専用の攻撃が出せます。
しかし威力が大して高くなく何かに連携できるわけでもないので、
使用頻度は低いと言わざるを得ません。
大抵の場合、ダウン追い討ちはしゃがみ弱攻撃連打>強攻撃
のほうがよいのです。
そもそも相手がしっかり受身を取るとダウン追い討ち自体決める機会がありません。

しかしダウン追い討ち専用攻撃はしゃがみ弱攻撃をキャンセルして出せます。
キャラによってはしゃがみ弱攻撃連打>ダウン追い討ち専用攻撃
がベストなのかもしれません。

メモ:秘奥義オーラに投げ無敵、打撃無敵はあるか?
PageTop

PS2魁!!男塾 攻略記事 2

【超ジャンプバグ】



この動画のラストにもある「超ジャンプバグ」。
これは「気絶値の高いジャンプ攻撃を画面端にいる相手に当てつづけたあと、
相手がジャンプすると発生」
します。

まだよく分からないことも多いですが…。
気絶値の高いジャンプ攻撃というのは、邪鬼、ゼウスのジャンプ強攻撃あたりです。
他にもいくつかあるようです。

このような性質を持った技は、通常、
何度も当てつづけると相手がダウンして気絶状態になります。
しかし画面端で当てつづけた場合はなぜかダウンせず、気絶状態にもなりません。
おそらくはこのあたりが原因なのではと睨んでいます。

ジャンプ強攻撃を当てれば当てるだけ、
相手がジャンプしたとき高く飛べるようになります。
最終的には雲の上まで飛んでいってしまい、
何も作られていないただただ灰色の背景が見えてきます。

相手キャラは基本的に誰でもいいようですが、
確認した限り少なくとも泊鳳は超ジャンプバグが不可能でした。
身長が関係しているのでしょうか。

また、画面端の壁が斜めになっているからなのか、
冥凰島決勝戦コロシアムでも不可能なようです。
そして針が勝手に飛び出してくる天雷響針闘も無理、
画面端が存在しないステージも無理、ということで
この超ジャンプバグは男塾校庭と邪鬼ステージでしかできません。

とはいえ、もしかしたら別のやり方で超ジャンプは可能かもしれません。
このバグは想像以上に広いステージの全景を見渡せる大変素晴らしいバグなので、
ぜひとも全ステージで試してみたいものです。

邪鬼ステージでこのバグを行ったとき、
屋根裏まで作られていたのには心底感動してしまいました。



なお、このネタで相手をファラオにするとさらにおもしろいことが発生します。
画面端のファラオに十分なジャンプ強攻撃を与えたあと、
ジャンプではなくLV1秘奥義をさせます。
するとなんとファラオが秘奥義終了後に飛び上がったまま、
途中で静止して立ち状態になります。
つまり空中で立ち状態になり、しばらくの間普通に動くことができるのです。
技もちゃんと出すことができます。
PageTop

PS2魁!!男塾 攻略記事 3

【隠しキャラ解禁条件】

隠しキャラは江田島平八と剣獅子丸の二人です。
この二人は民明書房の項目を埋めていくことで使用可能になります。
(それ以外にも初期状態では使えないキャラがいますが、
死闘モードを7回クリアすれば上記2名以外全員出現します。)

民明書房の項目はキャラの必殺技、秘奥義を見たり、
特殊な対戦組み合わせに発生する特殊会話を見ることで埋まっていきます
民明書房の項目を半分ほど埋めると塾長が、9割ほど埋めると剣獅子丸が登場します。

トレーニングモードでもある程度は埋まりますが、
死闘モードで発生する特殊会話を見ていかなければ獅子丸は出せません。

例えば【ベラミスの剣】という項目は、
死闘モードで邪鬼を先頭のチームにし、
ゼウスと戦うことで発生する邪鬼VSゼウスの特殊会話の発生が解禁条件です。
(そのあと対戦をちゃんと終わらせる必要があります)

民名書房の項目は以下のとおりです。


心眼剣
暹氣龍(虎)魂
大威振八連制覇
六忘面痕
過龍天樓嵐
纒劾針点
纒劾狙振弾
無明察相翫
一文字流斬岩剣
氣功闘法
烈舞硬殺指
百人毒凶
千条鏤紐拳
翔穹操弾
ベラミスの剣
淤凛葡繻十六闘神
王家の谷の守護者達
光蛍
梁山泊
體透覉
千歩氣功拳



原作ファンの方なら、きっとすぐに埋められるかと思います。
PageTop

PS2魁!!男塾 攻略記事 4

【謎のしゃがみ弱攻撃キャンセル】

しゃがみ弱攻撃にはちょっとした謎があります。
下キーを押しながら弱攻撃を押してしゃがみ弱攻撃を出そうとした直後に
下キーから指を離すと、攻撃時のキャラボイスは出るのに弱攻撃が発生しません。
うまくこれを連続して行うとボイスだけが流れ続け、
キャラはほぼ立ち状態のままなのに「ドリャドリャドリャドリャ」と言う
シュールな光景が出来上がります。

強攻撃で同じことはできません。
PageTop

PS2魁!!男塾 攻略記事 5

【重要テクニック「魁キャンセル」】

─魁キャンセルとは?─

「魁キャンセル」とはたった今俺が思いついた名称であり、
バグを利用したキャンセルテクニックです。

対戦において必須…とまではいかなくとも、
知っていればPS2男塾ライバルに確実に差をつけることができます。


─魁キャンセルによって何ができるの?─

魁キャンセルを使うと、おそらくすべてのキャラのしゃがみ弱攻撃から、
立ち弱、強攻撃や、掴み、そして秘奥義までもをつなげられるようになります。


─どうやるの!?─

まずしゃがみ弱攻撃を相手にヒットさせることが条件です。
連打してペチペチ連続ヒットさせていても構いません。

そしてしゃがみ弱攻撃がヒットした後(できればヒットした瞬間に)、
下キーから指を離して弱攻撃ボタンを押します
つまり立ち弱攻撃を出そうとしてみるわけです。
実際にはしゃがみ弱から立ち弱に繋げられるような単純なゲームではないので、
本来ならば何も起こらないはずなのですが、ここでちょっとしたバグが発生します。
なぜかキャラの攻撃時のボイスだけが流れるのです。
これが魁キャンセル成功の証です。

この後方向キー以外を使う行動
なんとしゃがみ弱をキャンセルして出せるようになるのです。

「方向キー以外を使う行動」とは、
立ち弱攻撃、立ち強攻撃、魂ゲージ溜め、秘奥義、掴みです。


─どういうこと!?どう使うの!?強いの!?─

例えば前述の通りしゃがみ弱から立ち弱への連携
(ギルティギアでいうところのガトリングコンビネーション)は本来ありませんが、
しゃがみ弱がヒットした瞬間に下キーから手を離して弱攻撃ボタンを2回素早く押すと、
1回目の際に攻撃ボイスのみが流れ、2回目にボタンを押した際に
しゃがみ弱をキャンセルして立ち弱を出すことができます。
立ち弱からは様々な連携が可能なので、けん制しゃがみ弱からフルコンに移行できます。

通常ならば連続ヒットさせることのできない秘奥義も簡単に繋がります。


最大の注目ポイントは、しゃがみ弱攻撃を魂ゲージ溜めでもキャンセル可能という点です。

魂ゲージ溜めは、ギルティギアの聖騎士団ソルのチャージとほぼ同じ性質です。
「チャージゲージではなくテンションゲージを溜めるようになった聖ソルのチャージ」
と考えていただければ99%正解です。
GGXXAC+のGGモードのチャージを思い浮かべていただいても構いません。

つまり、魂ゲージ溜めはほんの一瞬だけ行ってすぐに中断することもできるのです。
これによって何ができるかと言うと、当然コンボに活用できます。
しゃがみ弱→魁キャンセル魂ゲージ溜め 即中断→ちょっと歩いてしゃがみ弱
がおそらく全部のキャラで連続ヒットします。
難易度は高いですがキャラによってはこれだけで永久コンボもできると思います。

まるでGGX「フォルトレスキャンセル」と初代ギルティギアの「チャージキャンセル」を
融合させたようなコンボです。
ギルティギアシリーズの原点はPS2男塾であったことが今明らかになりました。




自分でもまだよく分かりませんが、
これもおそらくはしゃがみ弱攻撃のおかしな部分を利用したバグだと思われます。
しゃがみ強攻撃ではやっぱり魁キャンセルは不可能です。
(もしかしたらできるキャラもいるかもしれませんが)

このネタの発見によってさらにPS2男塾界が盛り上がることに期待しています。
PageTop

PS2魁!!男塾 攻略記事 6

【通常技について】

このゲームには弱攻撃ボタンと強攻撃ボタンが存在します。
ジャンプ時にはジャンプ弱攻撃とジャンプ強攻撃が、
しゃがみ時はしゃがみ弱攻撃としゃがみ強攻撃が出せます。
しゃがみ弱はしゃがみ弱への連打キャンセルと、しゃがみ強へのキャンセルが可能です。
しゃがみ弱×n>しゃがみ強はダウン追い討ちコンボとして非常に優秀です。

立ち状態のときは、弱攻撃と強攻撃を組み合わせて様々な通常技を出せます。
例えば桃の場合は以下の連携が可能です。

弱攻撃
強攻撃
弱攻撃→強攻撃
弱攻撃→弱攻撃→強攻撃
弱攻撃→弱攻撃→弱攻撃→強攻撃
弱攻撃→弱攻撃→弱攻撃→弱攻撃

強攻撃は主に弱攻撃連携の締めに使うようになっています。
どのタイミングで強攻撃を出すかによって、その技も変化します。
例えば桃の「弱攻撃→強攻撃」は「刀で突く→相手を斬り上げる」という連携ですが
「弱攻撃→弱攻撃→強攻撃」は「刀で突く→ハイキック→回転蹴り」になります。
空振りでも連携は可能です。


実は上記の立ち攻撃連携は桃以外も、というかほぼ全キャラクターで共通です。
中には弱攻撃連携が3回までしかできないキャラクターもいますが…。

そして完全に全キャラクターで共通している点として、
「弱攻撃→強攻撃」連携の強攻撃は「ダストアタック」であることが挙げられます。



【ダストアタック】

立ち弱攻撃を1発だけ当てたあと強攻撃を出すとダストアタックになります。
早い話が相手を高く浮き上がらせ、連続技のチャンスになります。
ただし中段ではありませんし、
ダストアタックをジャンプでキャンセルすることもできません。

ダストアタックの発生の早さ、硬直の長さはキャラによりますが、
ダストアタックの硬直は必殺技でキャンセルができるので
最低でも「立ち弱>ダストアタック>必殺技」のコンボは可能です。

桃はダストアタックの硬直が短めで、
「立ち弱>ダスト>立ち強>轔扇刃」などのコンボができます。

虎丸のダストアタックは全キャラ屈指の性能で、
発生が異常に早く硬直が異常に短い壊れ技であるため
「立ち弱>ダスト>前進」×n
が簡単に永久コンボになります。
実は桃も同様のコンボが可能ですが、桃は立ち弱の判定が弱いため
空中の相手にヒットさせるのがやや難しく、硬直も虎丸ほど短くはないので
離れた距離を縮めるのにダッシュをこまめに使う必要があるため難易度が高いです。
PageTop

PS2魁!!男塾 攻略記事 7

【必殺技について】

必殺技は秘奥義を除くと、全部でなんと42個!
ものすごい数です!

ちなみに登場キャラクターの総数は「42/2」人です。

必殺技はジャンプ攻撃とダウン追い討ち攻撃以外をキャンセルして出せます。
(ジャンプ中に出せる必殺技とか男らしくないのはこのゲームにはありません)

キャンセルして出せるというよりは、
「通常攻撃ヒット後にコマンドを入力すると、
その技の硬直の半ばあたりで必殺技を出す」
といったほうが正確かもしれません。

数多い必殺技はそのどれもが個性豊かで、
飛び道具とか昇竜拳とか昇竜拳とか昇竜拳とか飛び道具とか、
実に多様多彩なアクションで男たちの心を惹きつけます。
PageTop

PS2魁!!男塾 攻略記事 8

【剣 桃太郎 攻略】

─桃ってどんなキャラ?─
原作で見せた完璧超人完全無欠っぷりがこのゲームでも遺憾なく発揮されており、
あらゆる面で強力なキャラです。
近距離、遠距離での強さに加え、立ち弱が当たれば即死コンボに移行できる爆発力もあります。


─通常技─

■ジャンプ弱
素早い下方向への蹴り。
発生が早く飛び込みに使える。
また、立ち弱>ダストの後にジャンプ弱が連続ヒットする。
着地まで持続が続くので空対空にも有効?

■ジャンプ強
剣を振り下ろす。
いかにも判定が強そうな技だがリーチはジャンプ弱とさして変わらない。
高威力なのでこれをカスらせるように着地際に出しておくと強そう。


■しゃがみ弱
しゃがみながら刀で突く。立ちガード不能。
桃の強みのひとつ。
リーチが長く発生が早く連打キャンセルが可能で、しかもヒットバックが少ない。
相手がもしもダウンした時のダウン追い討ちはしゃがみ弱連打が安定。
このしゃがみ弱がヒットすると、魁キャンセルを利用して立ち弱に繋げられる。
そこからダストアタックを出せば即死コンボにいける。

■しゃがみ強
足払い。立ちガード不能。
発生がかなり遅いがリーチが長い。
牽制しゃがみ弱連打がガードされたときはしゃがみ強につないで、
そこからさらに暹気虎魂を出して相手の体力を削ろう。


─立ち状態連携一覧─

弱攻撃
強攻撃
弱攻撃→強攻撃(ダストアタック)
弱攻撃→弱攻撃→強攻撃
弱攻撃→弱攻撃→弱攻撃→強攻撃
弱攻撃→弱攻撃→弱攻撃→弱攻撃

■立ち弱攻撃(1回目)
刀で突く。
変な構え方をしているのでリーチは長くない。
せっかくの刀が…。
攻撃判定も狭く、空中の相手には当て辛い。

■立ち弱攻撃(2回目)
ハイキック。
リーチはそこそこ?
しかし桃は1回目の立ち弱攻撃のあとにはできる限りダストアタックに持っていきたいので、
この技の出番は少ないかもしれない。

■立ち弱攻撃(3回目)
上からの刀振り落とし。
やはりリーチはそこそこ。

■立ち弱攻撃(4回目)
ハイパーハイキック。
弱攻撃連携のフィニッシュ。
しかしリーチが短く、画面端で弱攻撃連携を行うと
4段目のこの攻撃が必ずスカる。

■立ち強攻撃(1回目)
刀で真正面を払うように横に斬る。
変な構え方をしているのでリーチは長くない。
威力は高いが硬直も長いので、牽制には素直にしゃがみ弱を振ろう。

■立ち強攻撃(2回目)
ダストアタック。
刀で相手を切り上げる。
発生が早く硬直が短いという理想的なダストで、
ここから燐扇刃ループや永久コンボに持っていくことができる。

■立ち強攻撃(3回目)
飛び胴回し回転蹴り。
なんとしゃがみガード不能の中段技。
しかし発生が遅く連続ヒットせず、ジャンプで逃げることすらできてしまう。
とはいえ見てから簡単に避けることができるほど遅くはないので、
しゃがみガードで固めている相手には有効かもしれない。
これを警戒して立ちガードし始める相手には、
立ち弱攻撃2回目で連携を止めて、すぐにしゃがみ弱を出して崩せるかもしれない。
当たると強制ダウンで、ダウン追い討ちコンボで追撃が可能。

■立ち強攻撃(4回目)
両手で刀を持って真正面から相手を突き上げる。
画面端で当たった場合、
相手はヴェノムやミリアの6HSを喰らったような感じでダウンする。
ダウン追い討ちしゃがみ弱×2>しゃがみ強を決めよう。

ガードされてしまった場合は暹気虎魂につないで誤魔化そう。


─必殺技─

■暹気虎魂
虎型波動拳。
冗談みたいなサイズの気合砲が飛距離無限でそこそこの早さで飛ばされる。
発生、硬直も悪くはなく、威力も高め。
遠距離ではこれとゲージ溜めだけやっていれば良さそう。

■燐扇刃
多段ヒット昇竜拳。
全部ヒットしても威力は暹気虎魂より低いが、
相手を高く吹っ飛ばすためうまく使うとループできる。
ただし当て方によっては相手を横方向に吹っ飛ばしてしまい、
コンボが失敗することも。

■秘奥義
LV1 無限一刀流心眼剣一乃太刀
LV2 王虎寺超秘奥義暹気虎魂

LV1もLV2も特に癖はない。もちろん威力は高い。
秘奥義は当ててしまうと相手の魂ゲージがMAXになるので、
できればトドメに使いたいところ。
画面端で決めると桃がもの凄い勢いで後ろにぶっ飛ぶ。ヒットバック?
秘奥義の演出中に上キーを押しっ放しにしておくとジャンプしながら吹っ飛ぶ。
画面端で決めるとしゃがみ弱が連続ヒットする。

─コンボ─
■「立ち弱>ダスト>前進」×n
基本コンボ。
立ち弱>ダストが場所を問わず無限ループする。つまり永久コンボ。
(ただし画面端が崖になっているステージなどでは永久コンボにはならない)
しかしダストがヒットすると相手との距離が離れてしまうので、
ダスト後に前進する必要がある。
ただの前進歩行だけだと距離が離れていくほうが早いので、
3ループに一回ほど、ダッシュで距離を詰める必要がある。
また、桃の立ち弱は空中の相手には当て辛いので慣れが必要。
難易度はそこそこ高いが、マスターすればどこからでも即死に持っていける。

肝心の起点である立ち弱は、単発で振り回しても中々相手は当たってくれないので、
「ジャンプ強>着地立ち弱>ダスト」や「しゃがみ弱>魁キャンセル立ち弱>ダスト」
などのコンボを利用しよう。

チームの人数差がなく、お互いに体力増加補正がかかっていない場合、
桃相手なら13ループ目あたりで即死コンボを達成できる。


■「立ち弱>ダスト>立ち強>燐扇刃>着地>「しゃがみ弱×3>燐扇刃>」×n
燐扇刃ループと呼ばれるコンボ。有名。
最初のダストが当たった時点で距離が離れすぎていると思ったら、
立ち強を当てる前に少し前進しておくとよい。
しゃがみ弱×3は連打では絶対に成功せず、タイミングを見て、
相手を落とさず掬い上げるように当てること。
最後のループ部分はうまくいけばいつまでも続く。
少なくとも画面中央で4ループしたのは確認済み。

このコンボの最大の魅力は、本当に本当の格闘ゲームっぽいコンボであること。

慣れないうちは「立ち弱>ダスト>燐扇刃」だけでもカッコいいのでおすすめ。


■「秘奥義>しゃがみ弱」
画面端限定。
しゃがみ弱は連打しておくこと。

■「掴み>しゃがみ弱×2」
投げコン。


─立ち回り─
即死コンボを使わない場合は、距離が離れていれば暹気虎魂、
近ければしゃがみ弱をちくちく振っておくのが安定。
遠距離での飛び道具の打ち合いになったら、
ダッシュジャンプで近づくのもいいかもしれない。

即死コンボが安定しているなら、いかにして弱攻撃を当てるかというゲームになる。
多少強引にでも近づいて、なんとしてでも一発を当てたい。

悪魔の手段ではあるが、チーム戦である場合、
桃のキャラチェンジ攻撃始動で即死コンボが入る。
キャラチェンジ攻撃は不意打ち以外のなにものでもないので、
突然の奇襲からゲームエンドまで持ち込めるということである。
PageTop

PS2魁!!男塾 攻略記事 9

【キャラチェンジ時のボイス変化バグ】

キャラチェンジを行うと交代して出てきたキャラが専用台詞を喋るのですが、
これが発生するまで交代してからちょっとタイムラグがあるのです。
これが原因でちょっとしたバグが発生します。

仮に自軍がA、B、Cの3人チームだったとします。
キャラチェンジによって出てきたときの台詞が、
Bは「そろそろ行かせてもらおう」
Cは「俺に任せてもらうぜ!」
だとします。

そしてAからBに交代すると、本来Bは「そろそろ行かせてもらおう」と喋りますが、
それが発生する前にさらにCに交代することができます。
するとBの交代台詞が発生するタイミングで、
Cの交代台詞である「俺に任せてもらうぜ!」のボイスが発生します。
もちろんCが登場したあとにも正規のタイミングでCの交代台詞が再び発生するので、
「俺に任せてm俺に任せてもらうぜ!」となります。

それだけです。
PageTop

PS2魁!!男塾 バグ解説ムービー





これで男塾関係の記事を終えて、
これからは再びギルティのネタ探し&解説記事を作っていこうと思ってます。
PageTop

全てにケリをつける

PS2男塾やりたいですねえ
PageTop

雷神剣の謎の攻撃判定について

隠しキャラである剣 獅子丸の代名詞とも言える必殺技が、ご存知『雷神剣』です。

どのキャラのどの必殺技も、みんな殆ど同じような見た目で同じような性能である中、
『天から落下する雷をその刀で受けて、敵を斬る』というかなり派手な技になっています。
原作「暁!!男塾」で彼がこんなことをしていた覚えは無いのですが、
まぁカッコいいのでよしとしましょう。
一応、似たようなことはしていたような気もするし、うん。



さてこの『雷神剣』ですが、極々まれ
刀に落下する雷部分が相手にヒットすることがあります




雷エフェクトが発生した次のフレームあたりで相手にヒットし、その直後雷は消えます。

単純に雷エフェクトが攻撃判定を持っているのではないらしく、
特定のタイミングで、特定の位置関係でこの技を出した時のみ
雷部分がヒットするようです。

相手の真下に潜り込んで出すような感じでやってましたが、
100回雷神剣を出して1回雷を当てられるかどうかの成功率でした。

一体この雷の攻撃判定はどうなっているのか・・・不可思議です。
もしかしたら普通の状態では攻撃判定はなく、何か条件を満たしたときのみ
攻撃判定が出現するのかもしれません。

雷ヒット時のエフェクトがわざわざ用意されているので、
どうやらこれがヒットすること自体はバグではないようですが・・・。



空中で低い位置にいる相手に雷をヒットさせられれば、
それに続く斬撃が連続ヒットします。
(普通はこの斬撃部分しか相手に当たらない)

上手く2HITさせられた時の破壊力は、
秘奥義を除けば間違いなく全必殺技中、ダントツでナンバー1です。

いつか獅子丸も日の目を見る時が来るのかもしれませんね。
PageTop

【PS2男塾】空中浮遊バグ

以前にも少し紹介したネタですが、何故か発展しました。



男塾校庭など、垂直の壁があるステージの画面端にキャラを立たせ、
そこに邪鬼のジャンプ強など気絶値のある技を何十回がぶち込みます。

その後、攻撃を受けたキャラがジャンプすると大空までぶっ飛んで行くというのは
既に常識かと思われますが、
この時ジャンプではなく昇竜拳的な「空中に浮かぶタイプの必殺技」を出すと、
キャラが空中浮遊します。





いわゆる?空中立ち状態です。

空中にいられる時間は、喰らった攻撃回数が多ければ多いほど長くなり、
また、空中立ち状態の高度は放った技によって異なります。

例えば空中において多彩な技を持つセンクウの場合は、
非常に低い高度で空中立ち状態になることが可能です。

20120213-201655.jpg



ギルティや男塾以外の格闘ゲームにも、こんな感じのバグってあるんでしょうかね?
PageTop

ジールギガスは壊れ

壊れ

久しぶりにpixivに絵をあげたのですが
あげました

眠い

寝る萌えろざわざわ青春日記が面白すぎる

来週になったらPS3でAC+熱帯だれかやろうぜー^O^ノノノノ
PageTop

色々面白いネタ見つけた

ゲームバランスが根底から覆るかもしれん
PageTop

羅刹の動きがおかしくなるバグ



羅刹で避け>ずらし押し投げと行うと、羅刹の動きが明らかにおかしくなります。
終わり。
PageTop

【PS2魁!!男塾】致命的な欠陥、『強制受身バグ』について

現在着々とプレイヤーが増え続けている格闘ゲーム、PS2魁!!男塾。
この名作に、致命的なバグが見つかりました。

このゲームには基本的に一般的な格闘ゲームのような受身という概念はありません。
強いて言うなら、ダウンする直前にボタンを何かひとつ押すことで発生するダウン回避受身のみで、
これは説明書にも記載されている基本テクニックです。

ところが、通常のゲームでは考えられない&ありえない入力方法で、
空中喰らい時ならばいついかなる時でも瞬時に受身を取れるバグが見つかってしまいました








やり方は、ボタン4つを同時押しすることです。
2つでも3つでもダメで、必ず4つ同時押しする必要があります。
これさえできれば、攻撃を空中喰らいした瞬間にでも受身を取ることができます。

このことは当然説明書には載っておらず、間違いなくバグと断言できるでしょう。





原理についてはもはや真面目に考察することすらアホらしい気もしますが、たぶん男塾魂でなんとかしているのでしょう。
登場キャラほとんど男塾関係者だけだし。



そしてもちろんこのバグは対戦に大きな影響を及ぼします。
おそらくトップクラスに被害を被るのが主人公であるです。

桃は半分以上のキャラが可能な地上コンボでの永久(立ちP>歩き>立ちP)ができない代わり、
華麗な浮かせコンボが可能で、難易度はかなり高いものの永久が成立するというテクニカルなキャラ。
このゲームで浮かせコンボができるのは極めて珍しく、立ち回りは中々強力であることもあいまって上級者好みのキャラでした。
ところが…



大変、悲しいことになってしまいました…。





さらに、吹き飛ばし性能のある多段技を喰らった場合でも、強制受身バグを使えば途中で抜けてガードが可能です。
動画で出てた桃の轔扇刃もその性質を持った技なので、ますます桃が可哀想なことになっています。

あまりにもゲームバランスに影響を与えるバグのため、
大会前には必ずルールを確認して、この強制受身バグが使用可能かどうか確認しておきましょう。
PageTop

【PS2魁!!男塾】中段ガードのガード硬直中は下段がガード不能になります

爆発的に人気が広がるPS2魁!!男塾ですが、またもや致命的なバグが見つかったようです。

なんと中段ガード(立ちガード)したあとは、そのガード硬直中は下段をガードできません

おそらくこのゲームは全ての空中攻撃が中段で、
全ての地上しゃがみ攻撃が下段
なので、ジャンプ下り空中攻撃>着地下段がガード不能になります


このゲームは起き上がりのタイミングを任意でずらせるので、
ダウンを取られたらジャンプ攻撃を重ねられて即終了というわけではないのですが、
一発でもこのガード不能連携を喰らってしまうと半分以上のキャラが可能な永久コンボに移行される可能性があります。



ガード不能連携から永久へ移行する難易度はキャラによってまちまちです。
また、ジャンプの着地硬直やしゃがみ通常技の発生の早さもキャラによって違うので、
このガード不能連携の難易度自体がキャラに依ります。

動画の藤堂 豪毅はあらゆる点で最強で、
ガード不能連携及び永久への移行、そして永久自体も極めて簡単という凶悪なキャラクターで、
このバg仕様が発見された直後に開催された第3回放射性物質杯では2試合目以降は豪毅が使用禁止となった経緯があります。





プレイするたびに新しい一面を見せてくれるこのゲームは、名作と呼ぶにふさわしい格闘ゲームです。
PageTop

【PS2魁!!男塾】雷神剣のバグ・小ネタまとめ

PageTop

無22題
PageTop

【PS2魁!!男塾】引き寄せバグ



発生条件は・・・不明。
なんかもう、本当に凄いゲームです。
PageTop

【男塾】ヒットバック消滅バグ



これはひどい。





やり方



一部のステージで、邪鬼のジャンプ強を刀持ちキャラに何度も当てたあと、刀持ちキャラにバクステ1回だけさせます。
この時浮いていたら成功。
この状態だと浮いたキャラは振り向かなくなるので、邪鬼が画面端側に裏回ったあと、
刀キャラに更にバクステを3回させます。
あとは密着2弱をするとなぜか吸い込まれて同化します。

以降この試合中、物理法則が崩壊し、ヒットバックが消滅します。

やはり男塾は神。
PageTop

【PS2魁!!男塾】今から対戦を始める人へ



先日行われたPS2魁!!男塾の全国大会です。

PS2魁!!男塾は大分古いゲームですが、今なお熱心に研究がし続けられており日々進化している格闘ゲームです。
対戦動画を見ての通り、一瞬一瞬が手に汗握る真剣勝負を楽しむことができます。

この記事では、今からでもPS2魁!!男塾を始めたいと思った方のために、
このゲームはどんなゲームかを大雑把に解説させて頂きます。



【入手方法】

amazonで中古で1円で買えます。





【このゲームの前提知識】

まずこのゲームをプレイする上で覚えておかねばならないことが、
大半のキャラが歩き>立ち弱だけで永久になるということです。
桃、獅子丸、明石、J以外の17キャラはこれがメインコンボとなります。
この4キャラでも永久は可能ですが、J以外はやや難しいです。
Jは非常に難しいです。

対戦開始前にお互いにハンディキャップを0~8の9段階から設定できます(初期値は5)が、
これはそのまま数値が高いほど体力が多くなります。
永久が多発するゲームなので、対戦開始前のハンディキャップをお互いに0にしてプレイすることで
体力=永久コンボ時間が少なくなり、プレイの快適さが段違いによくなります

また、総体力が非常に少なくなるので非永久持ちにもワンチャンが生まれます

なおこのゲームではプレイヤーが3人までキャラを選べる3on3システム(ゲージを消費しての交代もあり)であり、
選んだキャラが2人以下だとその分総体力が増すシステムになっていますが、
永久まみれのゲームのためキャラ数=残機に近いため3人を選ぶ以外の選択肢はまずありません

そして永久コンボが始まればそこで終わりなのかと言えば実はそうではなく、
このゲームは通常の格ゲーとは異なりステージギミックがあります。
試合中に突然床からトゲが生えてくるステージや、
コンボ中に画面端まで到達すると相手が崖捕まり状態になりコンボが中断されるステージもあり、
実のところ何の障害もなく永久ができるステージのほうが少ないです
これが奇跡的なバランスを取っており、ステージ次第で「永久コンボ=死」ではなくなります。
こうなると、キャラによる総体力の差がゲーム性に活かされてきて二重にお得です。

ステージによって永久コンボの妨害力は異なります。
川のステージ、氷のステージは歩き>弱×nのコンボで相手が画面端に到達すると崖捕まりになりますが、
ハンディ0ルールだとコンボ開始位置次第ではそこに到達する前に殺せます。
しかし、氷のステージは川のステージよりもフィールドがかなり狭いため、コンボで死ぬ前に画面端で崖捕まり状態になりコンボを脱しやすいです
他のステージも、異なるギミックによって永久防止策が取られています。
ステージが違えば戦略も異なってくるので非常に奥深いゲームと言えます。

また、なんのギミックもないステージでもなぜか突然キャラののけぞりが消滅してコンボを抜け出せることがあるので、
永久を喰らっても最後まで諦めずに祈ることができます




まとめると、以下の通りです。

①地上コンボ(歩き>弱×n)による永久が多発する
②ギミックによって永久コンボを防止するステージも多く、ステージによって永久の決まりやすさが違う
③お互いのハンディキャップは0にして快適かつ、弱キャラにもワンチャンのあるルールでのプレイを強く推奨
④1円






【できれば覚えておきたいこと】

≪バグ受身≫

このゲームでは基本的に通常の格闘ゲームのような受身はありません。
説明書に載っているのは、ダウンする瞬間にボタンを押すとダウンせずに立ち状態になるダウン回避だけです。

ところが、○×△□のボタン4つを同時押しした場合のみ、空中やられ状態でも一瞬で受身を取ることができます
このゲームにもいわゆるギルティで言うところのダストアタックのような技があるのですが、
この受身を使用ありとすると空中コンボの存在価値が皆無になります。

この受身は説明書には一切載っていない点、
ダストアタックから空中コンボを決めようと書いてある点、
受身にしては入力があまりにも不自然である点、
CPUはまったくこの受身をしてこない点
から考えて、間違いなくバグであると言えます。

地上永久が不可能な桃も、弱>ダストアタック>ダッシュ×nで永久ができますが、
このバグの存在により実質不可能となっています。



≪ガード不能の空中弱≫

伊達、月光の空中弱攻撃はなぜかガード不能です。
そこから当然歩き弱×n永久に持っていけます。

また、キャラチェンジを行うと交代後のキャラが相手に空中弱を放ちながら登場するのですが、
これもしっかりガード不能になっています。


≪避けとバックステップ≫

避けは動作中完全無敵で、避けモーション中はほぼ全ての行動でキャンセルできます。
もちろん非常に強いです。

バックステップは空中にいる間は無敵ですが着地硬直はあります。



≪ガードに発生がある≫

こういう言い方は厳密ではないのかもしれませんが、このゲームではガードに発生があります

例えば相手の地上コンボ中にガードを入れっぱなしにしてもガードできずに連続ヒットになる連携でも、
上入れっぱなしにしてジャンプで割り込んで空中喰らいになったり、
避けを連打して避けでコンボを回避することなら可能なことがあります。

永久コンボを喰らって相手のミスを祈るときは、ガードをしながらではなく避けを連打しておくことで、
コンボを脱出しやすくなります。





まだまだ対戦で使える色々なテクニックはあるのですが、
とりあえずはここさえ抑えておけば、PS2男塾を楽しむことができます。

男塾ファンの方は是非このゲームをプレイしてみてください。
PageTop

【PS2男塾】フリーズバグ

綿密で緻密なデバッグがされているPS魁!!男塾ですが、
先日全一雷電使いの山田氏によりフリーズバグが発見されてしましました。



「試合終了直前に超必殺技を当てる」という極めて複雑で再現が困難なバグであり、
開発側が見逃してしまったのもしょうがないと言えるでしょう。
PageTop

【PS2魁!!男塾】空中避けバグテクニック

PageTop

【PS2魁!!男塾】画面崩壊バグ

PageTop

fc2blog_20160702014438bbd.png
PageTop