FC2ブログ

もう幼ければなんでもいい

【メギド72攻略】メギド72初心者向け攻略情報トップページ



当ブログ内のメギド72の初心者向け攻略情報記事のリンク集です。
特に、【育成で詰まりやすいポイント】は参考にして頂ければ嬉しいです。
また、何か質問があればこの記事にでもコメントしてくだされば幸いです。

メギドを知らない人は是非こちらの記事を読んでみてください!↓
【メギド72】メギド72を全力で紹介する記事

google_2018020321174084e.png
apple_20180203211739d29.png



【リセマラ】

リセマラでのおすすめキャラ
仕様が大きく変わったため、有志wikiのリセマラのページを見てください!!
めっちゃ参考になります!




【戦闘システムを理解しよう】

マスエフェクトを理解しよう
行動順を理解しよう



【育成で詰まりやすいポイント】

■素材の入手手段の基本的な情報
銅、銀、金のボスドロップについて
フィールドドロップについて

■主に☆3以降で必要となる素材の入手方法
『猛虫の触覚』入手のコツ  (2018年4月26日のアプデで入手が緩和されました)

■主に☆4以降で必要となる素材の入手方法
『賢者のリンゴ』『業火竜の鱗』『ゴールドオイル』『異界の香木』『贋金虫の抜け殻』『青真珠』『黄金豆』『紅水晶の原石』の入手のコツ  (2018年4月26日のアプデで入手が緩和されました)
『紅水晶の原石』入手のコツ  (2018年4月26日のアプデで入手が緩和されました。)


■☆5以降で必要となる素材の入手方法
個数限定アイテム『エンブリオ若』について

■ドロップ率がやけに低い特定のステージでハマらないために
要注意!異様にボスドロップの確率が低いステージについて  (2018年4月26日のアプデで入手が緩和されました)

■討伐クエストについて
討伐クエストでの捕獲の注意点



【その他】

塔の探索について

オーブの合成について
 
 
 


【中級者向けの記事】

当ブログのメギド72関連のほかの記事はこちらにまとめてあります。
よかったら読んでみてくださいませ。

【メギド72】メギド72関連の記事まとめ


PageTop

【メギド72攻略】リセマラでのおすすめキャラ

【メギド72攻略】リセマラでのおすすめキャラ



メギド72では、キャラクターにレア度という概念がなく、ほぼ全てのメギドに役割があります
また、ストーリーで加入するキャラがとても強いので、
リセマラで見た目が好きなキャラだけ狙っても詰むということは起こりにくいかと思われます。
こういう点から、アプリストアのページにもリセマラ不要の文面があります。

メギド72公式ポータルサイト メギド一覧

こちらで適当に気に入ったキャラを見繕ってリセマラに励むのも良いでしょう。

とはいえ現実問題として、キャラの強さにはどうしても差が出来てしまうもの。
この記事では多くのキャラクターが十分に強いという前提のもとで、
その中で更に強い、あるいは便利と言われているキャラを紹介します。
(ただし、この記事ではPvP(対人戦)は考慮せず、PvE(ストーリーモード)のプレイのみを考慮します)

なおパーティの組み合わせを考えるのがとても楽しいゲームなので、できる限りのキャラ数は欲しいところです。
モチベーション的には人数のほうが大事かもしれません。





【おすすめメギド】

重ねて言いますが、このゲームでは全てのメギドに役割があり、十分に強いです。
ここで紹介していないキャラにも強いキャラはたくさんいます。
あくまで個人的なおすすめであることを念頭においてください




■アムドゥスキアス
019_03.png

・リセマラおすすめキャラの話題で真っ先に名前があがるキャラ。
全キャラ中最速クラスのサポーター。ヒーラーの役割も持てる。
・味方に1~2回まで攻撃を防ぐ無敵バリアを張ることができ、戦略の幅が広がる。
ストーリー加入キャラとの相性が抜群によく、とりあえず彼女さえいればストーリーは安心と言われるほど。
・可愛い




■ハルファス
070_03.png

爆発力のあるパワーファイター
範囲攻撃から単体相手への重い一撃、果ては味方のサポートまで可能
・可愛い




■フルカス
034_03.png

・超お手軽に防御力無視攻撃が可能。攻撃力自体も高い
本作では防御力がべらぼうに高い敵がいくらかおり、防御力無視攻撃の重要度は高い
・リーダースキル、奥義も強力で、ハルファスとはまた違ったタイプのアタッカー
適当に殴っておけば強いという点で初心者にもおすすめ
・可愛い




■マルバス
035_03.png

行動がほぼ全て回復特技という回復特化キャラクター
・RPGはとりあえず回復役を入れてからメンバーを考える、という人にはおそらく重要度が高いキャラ
可愛い(実質的に可愛すぎて追放された)




■グレモリー
016_03.png

高確率で相手の行動を無効にできるスキルが便利
3ターンの間、味方全体に「通常攻撃及び必殺技によるダメージを8割以上カットする」バフをかける奥義が極めて強力
一部のボス戦のコンセプトすら崩壊させる
・可愛い…




■フォラス
038_03.png

・味方の行動の対象を敵全体にしたり、味方のスキルを強化したりできる変則サポートキャラクター
・また、オーブというサブウェポンを連発できる特性を持っており、何のオーブを持たせても強い
強すぎて調整がくるかもしれない
→間接的に弱体化されました。でもまだまだ強いサポーターです。



■かばう役

054_03.png

ロノウェ、ボティス、ザガンは単体攻撃を自身にひきつける「かばう」技を持っています。いわゆる盾役。
それぞれに強みがあり、強弱をつけるのは難しいところです。
ただしストーリー加入キャラのガープというキャラもかばう技を持っており、無難に強い性能です。
これらが引けていなくてもガープがいるのでなんとかなります。
というかガープはガープで最終的な盾役の選択肢になるほど強いです。



【おすすめのリセマラ方法】

まず、リセマラなどしないで普通にある程度ストーリーを進めてみましょう。
そうすれば、ゲームシステムを把握でき、自分の欲しいキャラが明確に見えてくると思います。
上記ポータルサイトにはキャラクターの性能も詳細に載っていますので、自分に合ったキャラを探しましょう。
リセマラはそれからでも遅くはありません。





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】ボスドロップについて

この記事ではボスドロップアイテムについて記します。



育成において必要となるのが素材アイテムですが、これは大きく2種類に分けられます。
フィールドで拾えるフィールドドロップと、ボスを倒した時に拾えるボスドロップです。

5368.jpg

MAP画面において、銅、銀、金の宝箱がボスドロップ、それより右がフィールドドロップです。
ボスドロップは当然、銅が出やすく金が出にくいです。

難易度が高いほどボスドロップのレアリティが上がりやすくなり、目安としては
ノーマル…そこそこ銅ドロップ
ハード…結構銅ドロップ そこそこ銀ドロップ
ベリーハード…結構銅~銀ドロップ そこそこ金ドロップ


といったところです。
ただしノーマルでも金ドロップすることはあり、
MAPごとにドロップ率が大きく異なるのであくまで目安です。
この目安を信じすぎると特定のマップでドツボにハマる可能性が高いので注意してください。

まとめると
・ボスドロップには銅、銀、金の3種があり銅が出やすく金が出にくい
・難易度が高いほど高レアリティのものが出やすい、
 というより難易度が高くなければ高レアリティのものはほぼ手に入らない
・ステージによってドロップ率設定は大きく異なる点に要注意

の3点です。

なお、ボスを撃破した上で回りに取り巻きの雑魚が残っている場合、
ボスがアイテムをドロップしなかった場合はリタイアをすることでスタミナが8割還元されます。
いわゆるリタマラですが、ボスを手動で倒す必要がある都合上、
フィールドドロップのリタマラより遥かに効率が悪いです。





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】フィールドドロップについて

この記事ではフィールドドロップアイテムについて記します。


5374.jpg

育成において必要となるのが素材アイテムですが、これは大きく2種類に分けられます。
フィールドで拾えるフィールドドロップと、ボスを倒した時に拾えるボスドロップです。

5368.jpg

MAP画面において、銅、銀、金の宝箱がボスドロップ、それより右がフィールドドロップです。

フィールドドロップはフィールドの探索中にシンボルに触れることで拾うことができます。

5366.jpg
5365.jpg





また、3章ではMAP画面で金の宝箱が2つ、4章では3つ表示されるようになります。

5367.jpg
5364.jpg

一番左の金の宝箱はボスドロップですが、その右の金の宝箱はレアフィールドドロップになっています。
つまりレアフィールドドロップの数は3章では1つ、4章では2つ設定されています。

しかし、3章のレアフィールドドロップは入手確率がとても低いです

3章のレアフィールドドロップのうち、殆どのものが4章でも入手可能で、
そちらなら比較的高確率で入手することが出来ます。
できることなら頑張って4章まで行きましょう。

補足ですが、フィールドドロップアイテムも攻略チケットを使った自動攻略で拾うことができます。
もちろんレアフィールドドロップが出ることもあるのでご安心を。




重要な補足として、レアフィールドドロップの出現確率はボスドロップとは異なり、
難易度に左右されないというのがほぼ定説になっています。

レアフィールドドロップが欲しい場合、無理にハード、ベリーハードを攻略する必要はないでしょう。


2018年8月12日追記。
フィールドレアドロップも、難易度が高いほどでやすいという検証結果を導き出した人がいらっしゃいました。
ハード、ベリーハードで全滅の危険が一切無い場合はそちらでリタマラをしたほうがいいかと思われます。
これまで誤った情報を載せていたことについて、申し訳ありませんでした。






なお、フィールドドロップで目当てのものを拾えなかった場合、
リタイアすることで消費スタミナの8割が還元されます。
いわゆるリタマラです。
ボスドロップのリタマラと違ってお手軽かつ有効度が高いので、スタミナ節約したい場合は活用したいテクニックです。





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】『猛虫の触覚』入手のコツ

この記事は2018年4月25日以前に書かれたものです。
4月26日のアップデートにより入手確率が緩和されたため、
当時とは事情が異なる可能性があることをご了承ください。




この記事では『猛虫の触覚』入手のコツについて記します。



【メギド72最初の壁】

5374.jpg


育成を進めていると、星3~4が見えてきたあたりで『猛虫の触覚』というアイテムを要求され始めます。
これは序盤も序盤の1章2話で入手可能なアイテムですが、
ドロップ率がやけに低い上に必要数も多いというメギド72最初の壁です。
(一応4章26話でも入手可能ですが、流石に遠い…)





『猛虫の触覚』は1章2話の銀のボスドロップです。
しかし、ノーマルクリアではまず出ないというレベルで、ハードでも出現率はかなり低いです。
他の多くのステージではハードなら銀ドロップはそれなりに出るので、
このマップだけ銀ドロップの出現率が抑えられている可能性が高いです。

『猛虫の触覚』はベリーハードクリアでようやく入手が容易になるというレベルです。
従って、できることならベリーハードを金クリア(全員生存クリア)で攻略し、
攻略チケットでサクっと集められるようにしたい
ところです。




【推奨レベルは飾り!勇気を出して挑戦してみよう】

5376.jpg

とはいえ、ベリーハードの推奨レベルは54
『猛虫の触覚』が必要な段階では到底そこまでのレベルは望めないはず。
しかしここのボスのソルジャーバグは、取り巻きもおらず単体で出現するボスです。
状態異常、フォトン破壊といった絡め手を駆使すれば、
10や15程度の推奨レベル差を覆して金クリアすることも十分可能
です。
手持ちのオーブに状態異常を与えるものがないか探してみましょう。
できることは全て試しましょう。
キーワードは「ハメ殺し」
綱渡りのような戦いになりますが、意外とあっさり倒せることもあるはずです。





【それでも無理な場合は…】

それでもベリーハードが金クリアできそうにない場合は、ハード周回で稀に『猛虫の触覚』をドロップするのを期待するか、
ベリーハードを全員生存でなくともクリアして『猛虫の触覚』を狙いましょう。
少数でも手に入れることが出来れば主力キャラの育成に繋がり、
それはベリーハード金クリアに大きく近づくことになります


また、ショップではRareアイテムとして『猛虫の触覚』を必要素材とするアイテムが販売されることがあります
『魔法のフード』などのアイテムが該当します。
見かけたら買っておきましょう。





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】『レアフィールドドロップ』入手のコツ

この記事は2018年4月25日以前に書かれたものです。
4月26日のアップデートにより入手確率が緩和されたため、
当時とは事情が異なる可能性があることをご了承ください。




この記事では『賢者のリンゴ』『業火竜の鱗』『ゴールドオイル』『異界の香木』『贋金虫の抜け殻』『青真珠』『黄金豆』『紅水晶の原石』の入手のコツを解説します。



5378.jpg

育成が進み、星4~5に到達しようとする頃にぶちあたるのがレアフィールドドロップの壁です。
レアフィールドドロップについては、こちらをご参照ください。
フィールドドロップについて





【3章での入手は諦めていい】

主なレアフィールドドロップは3章から登場し、
『賢者のリンゴ』『業火竜の鱗』『ゴールドオイル』『異界の香木』『贋金虫の抜け殻』『青真珠』『黄金豆』『紅水晶の原石』の8種です。
3章は8ステージあり、各ステージにレアフィールドドロップが設定されています。
しかし、3章での入手は確率的に非常に厳しいです。
非常にドロップ率が低く、無理に狙うとドツボにハマります。

これら8種のレアフィールドドロップは、4章でも入手可能です。
段違いにドロップ率が高いので3章での入手は諦めて4章に向かうほうが効率的です。
もし3章で狙うにしても、必ず下記のようなリタマラを行いましょう。

ただし、4章でも『紅水晶の原石』を入手できるのは最後のステージなので、3章で頑張るという手もあります。

フィールドドロップについてのページにもありますが、リタマラも有効な手段です。
フィールド探索をしてレアフィールドドロップが出なければリタイアすれば8割のスタミナが帰ってきます。

また、レアフィールドドロップの入手確率は難易度によって変化がないというのが定説となっています。
レアフィールドドロップが欲しい場合、無理にハードやベリーハードをクリアする必要はないでしょう。


2018年8月12日追記。
フィールドレアドロップも、難易度が高いほどでやすいという検証結果を導き出した人がいらっしゃいました。
ハード、ベリーハードで全滅の危険が一切無い場合はそちらでリタマラをしたほうがいいかと思われます。
これまで誤った情報を載せていたことについて、申し訳ありませんでした。



なお、レアフィールドドロップ素材は宝箱からは出現せず、「木」や「水晶」などのシンボルからのみ出現します
下記のリタマラを行う場合、宝箱を無視することで効率を高めることができます。





また、『紅水晶の原石』を除く7種はショップでRareアイテム扱いで販売されることがあります。
見かけたら絶対に買っておきましょう。



また、以下のアイテムは塔の探索でも入手可能です。

『賢者のリンゴ』…9F
『黄金豆』…10F
『業火竜の鱗』…12F
『異界の香木』…14F
『紅水晶の原石』…15F
『贋金虫の抜け殻』…17F


『賢者のリンゴ』と『黄金豆』までは割と攻略が簡単ですが、
それ以降は星5以上に育ったキャラが幾人か必要となる難易度なので入手は難しいです。
星5以上に育てるにはレアフィールドドロップが必要なので、
先に上述の手段でレアフィールドドロップを手に入れる必要がある場合が多いと思われます





上記の通り『紅水晶の原石』は他と異なる点が多いので、個別に記事を作成しております。
『紅水晶の原石』入手のコツ





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】『紅水晶』入手のコツ

この記事は2018年4月25日以前に書かれたものです。
4月26日のアップデートにより入手確率が緩和されたため、
当時とは事情が異なる可能性があることをご了承ください。





この記事では『紅水晶の原石』の入手のコツを解説します。



5715.jpg

『紅水晶の原石』レアフィールドドロップの一種です。
レアフィールドドロップの概要についてはこちらをご参照ください。
【メギド72攻略】『レアフィールドドロップ』入手のコツ



主なレアフィールドドロップのうち『紅水晶の原石』だけは他とかなり異なる性質を持っています。

①ショップに並ぶことがない
②3章では24話、4章でも36話と入手が最も遅くなるステージに配置されている


このふたつの点から、比較的入手しにくいレアフィールドドロップになっています。





もっともオススメの『紅水晶の原石』の入手方法は、36-1~3のリタマラ、その次が24-1~3のリタマラです。
1~3というのはボスの前にある3つのステージのことです。
当然、クリアしたらもう二度とプレイできなくなってしまいます。
例えば36-4の4章ラスボス戦をクリアしていると、もうリタマラが出来るのは24-4(3章ラスボス)か36-4のみとなってしまいます。

リタマラの手順では、フィールドドロップアイテムを確認して目当てのものが無かったらリタイアしてスタミナを還元し、
目当てのものを拾えたらそのまま手動でクリアしなければなりません。
そのため難易度が極めて高い36-4でのリタマラは絶対におすすめできません

最悪の場合は3章ラスボスの対策をした上で、ノーマルの24-4でのリタマラをしましょう。
入手確率は全てのフィールドドロップアイテムを拾えば1/30といったところのようです。





探索の塔15Fでも紅水晶の原石は手に入りますが、まずそこまで行くのに紅水晶の原石が必要なことが殆どだと思うので、
まずは上記手段で2~3個ほど確保しておきたいところです。
そうすれば塔15Fで量産が容易になるかと思われます。






【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】塔の探索について

5720.jpg

アイテム収集で大事なのが塔の探索。
ここでは塔の主な利用の仕方、攻略の方針について記します。





【基本は低層ループ】

5716.jpg

基本的には1~4Fあたりのみ探索させるのが一番効率よく攻略チケットやゴルドを稼げます。
余った素材はアイテムボックスから売却が可能なのでこれでお金を稼ぎましょう。
重要かつわかりにくい点ですが、素材アイテムは数値ボックスタップで数値を指定してまとめて売却ができます。




【レアアイテムを目指す場合】

塔の高層ではレアフィールドドロップの一部が入手できます。
レアフィールドドロップの概要についてはこちらをご参照ください。
【メギド72攻略】『レアフィールドドロップ』入手のコツ

その中でも特に他よりも入手難易度が高い『紅水晶の原石』が手に入る15Fまで進めたいところです

その場合に留意しておきたいのは、まず配置によってキャラクターの強さが変わるという点。
真ん中の列に配置したキャラと同じクラス、スタイルの場合に上昇補正がかかります。
詳しくはゲーム内ヘルプを見てみましょう。

ただ、クラスとスタイルどちらか片方さえ合致していればそれでいいのか、
両方合致していればその分強くなるのかといった点は不明で、
また、戦闘不能によってキャラクターのチェンジが入るので想定した通りの列で戦えるとは限りません。

次に、探索画面に表示される総力は飾りに近いということを意識しておきましょう。
この数値は全てのキャラのステータスから機械的に算出されているだけです。
塔内では実際にキャラクターとモンスターが戦うため、
弱いキャラは一撃で死んでほぼ戦力になりません。
そのため、少数精鋭のほうが効果的と言われています。





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】マスエフェクトを理解しよう

5723.jpg

新規の方が見落としやすいのが、メギドの並び順によって効果を発揮するマスエフェクト
ストーリー序盤でも軽く触れられるのですが、その説明があっさりしすぎているのが原因かと思われます。
マスエフェクトを知らなければメギド72の難易度は結構上がってしまいますので、
ぜひとも理解して挑みたいところです。



【マスエフェクトの効果と条件】

パーティ編成の際、真ん中に配置したキャラがリーダーとなり、
他の4人がそれぞれ2種類の効果のマスエフェクトを得ることができます。
リーダーによってマスエフェクトは大きく異なり、キャラクターの評価の際はマスエフェクトの考慮も重要です。

しかしながら、他の4人がマスエフェクトの恩恵を受けるには条件があります
その条件を理解するために、まずクラスとスタイルについて知る必要があります。

DRj87dsU8AEm6mN.jpg
公式Twitterhttps://twitter.com/megido72/status/943783299171868672 より

このようにメギドには3種のスタイルと3種のクラスが存在し、
この条件を満たしたキャラだけがマスエフェクトの恩恵を受けられます。





megido3.png
公式ポータルサイトより

例えばグレモリーは、他の4人は「カウンター」クラスであれば、第1効果を得られます
左から1と5番目のキャラは攻撃5%アップ、2番目と4番目は素早さ20%アップの恩恵を受けます。

しかし、第2効果を得るには「カウンター」クラスであることに加えて更にスタイルが「ファイター」か「トルーパー」である必要があります。
左から1と5番目のキャラと、2番目と4番目がそれぞれ条件と得られる効果が同じですが、
殆ど(全て?)のキャラがこのような形式になっています。




5722.jpg

ゲーム中にマスエフェクトの条件と効果を確認するには、
リーダーを設置した上で確認したい位置のマスを長押しすることで詳細を見ることができます





【あまり拘り過ぎないのも大事】

マスエフェクトには強力なものもありますが、拘りすぎるのもよくありません
マスエフェクト以上にキャラクターの性能自体の相性が重要だからです。
結局は手持ちの中でどうパーティを組むかを考える必要があり、それが楽しいゲームでもあります。

マスエフェクト関係無しに好きなキャラを使うのも悪くはないでしょう。
ただ、最低でもリーダー以外に1人はマスエフェクトを受けられるはずなのでそれくらいは貰っておきましょう。





【余談】

019_03.png

リセマラでおすすめとされているアムドゥスキアスはカウンタースタイルに偏っているストーリー加入キャラとの相性が抜群であり、
そのマスエフェクトをフル活用することができます。(この記事最初の画像を参照)
とりあえずアムドゥスキアスがいれば安心と言われる理由です。





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】行動順を理解しよう

この記事では戦闘中の行動順のシステムについて解説しています。



5726.jpg

メギド72の戦闘の醍醐味と言えるのが行動順に関するシステムです。
フィールドに現れた合計10個のフォトンをお互いに順番に取り合い、
各キャラに分配していくのが基本の戦闘システムなのはチュートリアルですぐに分かるかと思います。

1人のキャラクターに複数のフォトンを与えることが出来ますが、
キャラクターは与えられたフォトンを順番に消化して行動していきます。

ここで大事なのが、敵・味方全てのキャラクターが1個目に受け取ったフォトンによる行動を行ってから、
2個目に受け取ったフォトンの行動に移ること
です。



5727.jpg

例えばこの状況だと、相手は3つのフォトンを取っていますが、こちらは全員1個ずつフォトンを取っています。
この場合は、相手が2つ目のフォトンによる行動をとる前にこちら全員が1回ずつ行動できます
つまりどれほど素早くても、複数のフォトンを取った場合は2個目のフォトンによる行動を取るまでに、
相手全員に行動のチャンスを許す
のです。

また、敵味方全員の素早さ順が画面に常に表示されているため、
行動順システムと合わせて1ターン内のキャラクターの行動は全て予測可能です。

このことを念頭においてプレイすることで、よりメギドの戦闘を楽しむことができるかと思います。





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】オーブの合成について

この記事ではオーブの合成、及び強化、進化について記しています。



【オーブの強化と進化】

5833.jpg

オーブは合成をすることでレベルを上げることができ、効果を強化することができます
合成素材は他のオーブ、または霊石と呼ばれるオーブ専用合成アイテムの2種です。



5840.jpg

霊石は財宝クエストの「宝玉の聖堂」でのみ入手可能なアイテムであり、
オーブの強化の際には結構有効な手段となります。
(というより財宝クエストがここ以外あまり使い道が…)




5834.jpg

また、オーブごとに決められた進化素材を合成することで、最大☆3まで進化が可能になります。
進化して☆があがるとオーブの最大レベルが引き上げられるため、最大まで強化するには必須となります。
進化費用が☆1→☆2にするのに500ゴルド、☆2→☆3にするのに5000ゴルドとバカにならないお金が必要になるので、
進化をさせる際は強化したいオーブを見極めましょう。
レベルを上げた際の効果の強化され方もオーブによってまちまちで、
☆どころかLVを上げるメリットが殆どないようなものまであります





【所持制限に注意】

5832.jpg

オーブの所持数は400が上限となっています。
結構ボロボロドロップするので割とすぐに上限に達してしまったりします。
捨てることや売ることができない(改善予定)ので、数を減らしたい時は代わりに適当なオーブ適当に合成しましょう。
(進化させない限り合成費用はタダのようなものです。)

※追記。
現在ではオーブは画面右上のアイテム袋アイコンから売れるようになりました。

ただ、はした金にもならないので適当に合成したほうが早く処分できます。


ただし、Rオーブにも強いものはたくさんあり、Nオーブにも面白い性能のオーブがあります。
また、SRオーブの進化素材にはNオーブが大量に必要になります。
とは言えNオーブは全てストーリーでドロップするもので再入手が容易のため、
急いで数を減らしたい場合にはNオーブを合成しましょう。





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】『エンブリオ若』について

この記事では『エンブリオ若』について記しています。



【エンブリオ若は重要かつ超貴重】

5843.jpg

キャラクター育成が終盤になると必要となってくるのが『エンブリオ若』という素材です。

『エンブリオ若』はほぼ全てのキャラクターで☆4.5→☆5にする際に1つ、☆5.5→☆6にする際に2つ必要となり、
キャラクターを最大まで育てる場合には合計3つ、その1歩手前で妥協する場合でも1つは絶対に必要になります。

スタイルごとに魔王・覇王・冥王の3種のエンブリオ若が存在し、各スタイルに応じたエンブリオ若を必要とします。

最大の特徴にして気をつけるべき点は、ゲーム内で手に入るエンブリオ若の入手量にほぼ上限があることです。

ストーリー攻略で手に入るほか、討伐クエストのハード以上の難易度をクリアすることで手に入りますが、
それらを使い切ってしまうと定期的に開催されるイベントクエストでしか入手が不可能になります





【イベントクエストが開催されたらエンブリオ若は最優先で入手】

5842.jpg

イベントクエストが開催されたらエンブリオ若は最優先で入手しましょう。

イベントクエストが開催されたらエンブリオ若は最優先で入手しましょう。

イベントクエストが開催されたらエンブリオ若は最優先で入手しましょう。




エンブリオ若の下位アイテムであるエンブリオを10個集めるとが1個合成できるのですが、
エンブリオ幼自体がイベント限定マップでの超低確率ドロップで、10個集めるのは現実的ではありません

従って、エンブリオ若を使うキャラはよく考えて、慎重に行いましょう。

最終的には少数の☆6を作るか多くの☆5.5を作るかという選択肢になります。
お気に入りのキャラを贔屓するなら☆6ですが、戦力的には5.5で固めるほうが上になりやすいかと思われます。
プレイスタイルと相談してみてください。





【最初からいる男キャラが優秀なゲーム】

例外として、初期キャラクターのうちブネ、モラクス、ガープはエンブリオ若なしで星6まで育てられます
本当に困ったらこいつらを育てろということかと思われます。
初期キャラクターとは言え素材関係なしに優秀なキャラなので、育てておいて損はありません。





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】異様にボスドロップの確率が低いステージについて

この記事は2018年4月25日以前に書かれたものです。
4月26日のアップデートにより入手確率が緩和されたため、
当時とは事情が異なる可能性があることをご了承ください。




この記事では他と比べて明らかにボスドロップの確率が低いステージについて記します。



【要注意ステージ】

ボスドロップの解説記事の続きとなります。

あちらの記事ではボスドロップアイテムの確率の目安としては、
ノーマル…そこそこ銅ドロップ
ハード…結構銅ドロップ そこそこ銀ドロップ
ベリーハード…結構銅~銀ドロップ そこそこ金ドロップ

ということを書きました。

しかし、一部ステージは明らかにこの目安よりもにドロップ確率が低い設定になっています。

■8、16話の銅ドロップ
8話の銅ドロップ『暗黒の脚』、16話の銅ドロップ『大蛇の尻尾』は比較的落ちにくいです。
ノーマルでも出ないわけではない程度ですし、ハード以上の難易度も高いステージなのでしばらくはノーマルで頑張る必要があるでしょう。
印象としてはハードでも大して出ないのが特徴です。
ベリーハードだと急にザクザクって感じですので可能なら早期クリアを。


■2話 『猛虫の触覚』
銀ドロップですが、ハードでもあまり落ちません。
まったく落ちないというわけでもないのですが…。
序盤から必要数が多い、壁となる素材であるため個別の記事を作成しております。
『猛虫の触覚』入手のコツ


■11話 『聖騎士の槍』
銅ドロップですが、ノーマルじゃ入手がかなり絶望的な確率になっていそうな印象です。
ここも可能ならベリーハード攻略してから周りたいレベル。


■20~23話の銀ドロップ
20~22話はエリヌダスという種族に関連したボスたちが出現しますが、
ここではハードでも銀ドロップ(~~の脚)がまず出ません。出ないと思っていいです。
やはり気合でベリーハードをクリアする必要がありますが、そこですら非常にドロップ率が低いです。
3章の銀素材、金素材は4章で銅、銀素材として手に入るものが多く、
そちらのハードで頑張ったほうが3章のベリハよりもずっとドロップ率が高いと思われます。



■24話の金ドロップ 『混沌を生み出す腕』
VHじゃないとまず出ません。
VHでも中々でないと有名のハマりポイントです。





【大事なのは退き際を見極めること】

他にも自分が知らないだけでドロップ率がおかしいステージがあると思います。
ボスドロップ確率がステージによって大きく異なるのは非常に怖いことで、
知らずに低難易度を回し続けて狙ったけど素材は0ということも大いにあり得て、モチベーションの低下を招く危険があります。


「20週くらいして1個も手に入らなかった場合、可能なら1個上の難易度のクリアを目指す、あるいは後回しにする」のを心がけたほうがよいです。






【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【メギド72攻略】討伐クエストでの捕獲の注意点

この記事では討伐クエスト、及び捕獲の注意点について記します。



【討伐クエストとは】

5853.jpg

討伐クエストとは、大型のボスモンスターと戦うモードです。
ストーリーを進めることで解放され、倒すことでブネ、モラクス、ガープの進化素材を手に入れることができます

3章までは大型ボスモンスターは3体おり、以下のようにキャラとボスが対応しています。

ブネ⇔アビスガード
モラクス⇔死をあやす者
ガープ⇔ベインチェイサー






【捕獲の注意点】

相手の体力が25%を切ると捕獲が可能になり、捕獲した場合専用のアイテムが貰えることがあります
捕獲専用アイテムは各キャラ1種類必要としており、進化には必須です。
捕獲にはフィールドのあちこちでランダムで拾える捕獲フォトンが必要になりますが、
基本的に適当に素材を回収していけば勝手に溜まっていくものです。

この記事の最初の画像の画面で銀ドロップになっているのが捕獲専用アイテムです。

注意すべきなのは捕獲すれば必ず捕獲専用アイテムが貰えるとは限らないことです。
高難易度ほど捕獲専用アイテムが出やすいので、可能な限り高難易度で挑みたいところです。

ただし、四章で追加される討伐クエストは捕獲難易度が非常に高いため、
ノーマルやハードで頑張ったほうがストレスは少ない場合もあるかと思われます。




捕獲専用アイテムはちゃんとアイテムの説明文にそう明記してありますので、欲しい時は撃破しないようにしましょう。





【メギド72攻略】メギド72攻略情報トップページ へ戻る。
PageTop

【RPG】メギド72 紹介

本気で書く
1日待ってくれ
PageTop

【メギド72】属性を持つ技まとめ

この記事ではメギド72の属性について記しています。

最終更新日:2018年7月2日



【メギド72では属性は火と雷のみ】

メギド72では、2属性のみが存在します。

一般的なRPGとは異なり、基本的には特定の敵や味方が雷属性や火属性に弱かったり強かったりするわけではありません
(一応、とある敵が特性によって火属性ダメージが倍化します)

そのため、他のゲームと比べると属性のシステムはやや影が薄いものとなっています。

では何のために属性という概念があるのかというと、
火属性「突風」地形効果を受けている相手に、
雷属性「滞水」地形効果を受けている相手に2倍のダメージを与えられるシステムがあります。

地形効果特定の技によって引き起こすことができ、
それらと組み合わせて大ダメージを与えられるのが属性の存在意義です。

各種地形効果を発生させる手段については、以下の記事をご参照ください。

地形効果を発生させる技一覧






【属性を持つ技まとめ】



ガープの覚醒スキル
アモンの奥義
フラウロスの奥義
フェニックスのスキル、奥義
アミーの奥義
アイムのスキル、奥義

・Nラッシュオーブ フレイムリリィ
・Rラッシュオーブ 火のザウラク
・SRバーストオーブ ヘルカイト
・Rバーストオーブ コロナフォース
・Nバーストオーブ 魔導コボルト




シャックスのスキル、覚醒スキル、奥義
シャミハザのスキル、覚醒スキル、奥義
バエルの覚醒スキル、奥義
シトリーのスキル、覚醒スキル、奥義
ウァプラの覚醒スキル
フルフルの覚醒スキル、奥義

・Nラッシュオーブ バトルジョーカー
・Nラッシュオーブ レリックアンバー
・Nラッシュオーブ 洞窟ねずみ

・Nカウンターオーブ エノイル
・Rカウンターオーブ トライボルト
・Rカウンターオーブ ソウルシーカー
・SRカウンターオーブ 禁断の書 (感電特攻あり ゲーム開始時に貰える)
・SSRカウンターオーブ 雷獄華ケラヴノス (討伐報酬)
・EXカウンターオーブ ピヨピヨ (イベント限定入手&シャックス専用)

・Nバーストオーブ コープスリック
・Nバーストオーブ クロウロブスター
・Rバーストオーブ 雷のアザー







以上が属性技の一覧です。

「滞水」「突風」の地形効果と合わせて大ダメージを狙いましょう!















【昔のお話】

ここから先は余談となります。

実は過去のメギド72では、属性が6つあったと思われていた時期がありました。

6736.jpg

火と雷以外にも、水、地、氷、風の4つの属性があったとヘルプに明記されていたのです。

しかしながら、このヘルプに書かれていた各種地形ダメージによるもの以外、
これら4つの属性ダメージを与える手段は一切ありませんでした


イポスのヴォジャノーイの渦、ストラスのハリケーンダンス、アスタロトの極北のブレス、氷のジバルなど、
いかにも風や水、氷属性を持っていそうな技にもなにも属性が書かれていません

また、この4つの属性の技のダメージが増えたり減ったりする場面が一切無く、ゲーム的にはまったく無意味
そもそもそういう属性の内部フラグが存在していなかったと思われます



現に2月26日、ヘルプから地形の属性ダメージに関する記述が削除されました

9330.jpg


9331.jpg
(クリックで拡大)


地形効果には属性が無いということにされ水、地、氷、風の4属性はゲーム上から完全に消滅しました
…というよりヘルプが誤表記で、最初から存在していなかったのだと思います。
(補足:この後、2018年6月ごろのアップデートにて、「炎上」「帯電」の地形効果にのみ、それぞれ火属性と雷属性がつきました。)



もしも水、風、地、氷の属性が今後実装されるなら、、
サレオス、イポスあたりが水属性を、セーレ、ストラスあたりが風属性を、
モラクス、ハルファスあたりが地属性を、オリアス、アスタロトあたりが氷属性を使えるように調整されるのかもしれませんね。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】地形効果を発生させる技一覧

最終更新日:2018年7月2日



・各種地形効果の詳細

9331.jpg
(クリックで拡大)



・炎上
アモンの奥義
フェニックスのスキル
アイムの奥義

・Rバーストオーブ コロナフォース



・滞水
サレオスの覚醒スキル
クロケルの覚醒スキル
イポスの奥義

・Rバーストオーブ しらぬい
・Nバーストオーブ イービルミスト 
・SSRバーストオーブ 水樹ガオケレナ

・SSRカウンターオーブ 青竜号(イベント限定入手)



・突風
セーレの覚醒スキル
ストラスの奥義

・SSRバーストオーブ 神域の渡り鳥
・Rバーストオーブ ミステリートーチ
・Rバーストオーブ リントヴルム



・地割れ
ハルファスのスキル
モラクスの奥義

・Rバーストオーブ ソウルシーカー



・氷結
オリアスの覚醒スキル
フリアエの覚醒スキル



・帯電
シャックスの覚醒スキル 
バエルの覚醒スキル
シトリーのスキル
フルフルの覚醒スキル

・Rカウンターオーブ ソウルシーカー
・Rバーストオーブ 雷のアザー





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

懐かしい気持ち

メギド72の攻略記事、特に昨日書いたようなデータまとめ記事を書いていると、
なんだかとても懐かしい気持ちになれました。
なんか、ずっと前にこんな作業をしていたような気がします。

少しだけ安らぎを得ることができました。
PageTop

【メギド72】3章エンディングのイベントスチルの秘密

【メギド72】3章エンディングのイベントスチルの秘密



この先、3章エンディングのネタバレ注意





























PageTop

【メギド72】メッセージバグ解説動画及びネタ画像

当ブログでは、完全に無害かつ得もしないと判断したバグのみをご紹介しておりますが、
公式の想定外の挙動であることには変わりなく、どのような影響を及ぼすかは分かりません。
また、利用規約においてバグの利用はBAN対象であると明記されているため、試す時は自己責任でお願い致します。


また、このバグは現時点では既に修正されています。









以下、このバグを使った画像を張っていきます。

9031.jpg

ストーリーで加入するパイモンがいれば真ん中の女性をレズにできます。





9030.jpg

オセがいれば他のキャラにとても素敵な発言をしてもらえます。




9029.jpg

ちょっとかっこいい





9027.jpg

9026.jpg

自分はまだお兄さんだと思ってるおっさん





9025.jpg

ガープが狂ったらたぶんこうなる





9024.jpg

9023.jpg

建前と本音





9022.jpg

これはこれで悪くないのでは?





9039.jpg

9038.jpg

ホームシックデカラビア





9036.jpg

壊れたデカラビア





9037.jpg

シャックスにお兄ちゃんと言ってもらうことに成功!!!!!!!!!!





9035.jpg

9033.png

ブネが何言っても面白いのずるいよなあ




【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】パワーウッドの可能性について真剣に考える

9396.jpg

皆さんはパワーウッドの存在を覚えていらっしゃるでしょうか?
パワーウッドはラッシュのNオーブで、ストーリーの26話などで入手することができます。

このオーブにはある逸話があります。
2月半ばに開催された「ソロモン誘拐事件・悪夢編」の開催日、
『イベントが正常に開始できない』『赤鬼の角ショップの在庫が復活』などの不具合で公式掲示板などが荒れ模様になった際、
パワーウッドが颯爽と登場し、みんなに笑いをもたらしていったのです。
というのも、その日はパワーウッドのある誤表記が発覚した日でもあったからです。

パワーウッド

パワーウッド2

戦闘中およびオーブの説明文で何故か150倍ダメージと表記されており、
その様は単なるNオーブの垣根を越えて世界樹とでも言うべき貫禄を放っていました。
もちろん、残念ながらただの誤表記で、実際には1.5倍ダメージだったのですが…。



9395.jpg

しかも発覚から僅か2日というメギド72至上最速クラスの修正が施され、
パワーウッドさんはみんなに魔宝石を100個配りながら、笑ってその葉を散らしていきました。





しかしながらこのパワーウッド、単なるネタに留まらず、能力的にもある個性があります。
「一定の確率で攻撃を無効にする」特性を持った唯一のラッシュオーブなのです。

可能性を感じた俺はこの記事冒頭の画像の通り、パワーウッドのレベルを限界まで引き上げました
同じことをした人間はこの世に3人いるか怪しいですね。
どうやら最終的に無効確率は11%になるようです。

そして、ラッシュで確率で攻撃を無効にするといえばブネです。
ブネは本人が特性で15%もの確率で攻撃を無効にする他、
マスエフェクトによって仲間にも10%、15%で攻撃を無効にする効果を与えます。

もしブネパーティで全員にレベルMAXパワーウッドを装備させれば、
計算式にもよりますが味方全員が最低でも20%~25%の確率で攻撃を無効にできるようになります
これはPvPで出会ったらかなりイライラするのではないでしょうか。
いつか一度試してみたくで仕方がありません。

更に対戦中あえてオーブの特技を使わないでおくことで、
相手にパワーウッドの存在を教えない=こちらの運が妙にいいと勘違いさせることで精神的優位に立てるかもしれません…。





同じく味方全員に攻撃無効の効果を与える特性・マスエフェクトを持つキャラにザガンがいますが、
こちらは自身以外の味方は全員無効確率10%となっているためこの点ではブネのマスエフェクトに若干劣ります。
そもそもクラスがカウンターなのでブネと単純な比較はできません。

一応カウンターオーブを見てみると、パワーウッドと特性から技までまったく同じ性能のNオーブドラゴンフェイスがあるため、
ザガンさえいればカウンターパーティでの再現は容易です。

もっと言うと、古の狂竜がおそらく最大レベルで20%ほどの確率で攻撃を無効にするため、
全員にこれを装備させれば無効確率はパワーウッドブネパを遥かに上回るでしょう。
ただしSRオーブなので敷居が高いのと、技の効果が全員に持たせても殆ど意味がなさそうな点がデメリットです。

「装備者のHPが50%以下のとき」という条件がつきますが、
Rオーブのフリーズソウル、ストーリードロップの氷のジバル源流を護りし者も高確率で攻撃を無効にできる上、技の効果も強くて面白そうです。





現実的にはPvPでは色々な場面に対応できるように様々なオーブを装備させたほうがいいのでしょうが、
上手くハマった時の相手に与える不快感は絶大なパーティになるかもしれません。
ということでランク戦が始まったらパワーウッドブネパで環境を制圧する予定なのでよろしくお願いします。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】面白い性能のNオーブ

メギド72には数々のオーブが存在しますが、その中でも最低レアリティのNオーブは全てストーリークエストで入手できます。
流石にガチャで手に入るものに比べると明らかに下位互換のように思えるものが多いですが、
中にはキラリと光る個性を持つオーブもあります。

今日は公式ポータルなどから面白い性能を持つNオーブを探してみました。
入手ステージはリンク先の掲示板を参照。





26.png 14.png
オートブロッカー 魔導シールド
>シールドカバー(2ターン) 2ターンの間、すべての単体攻撃を受け持ち自身の防御力が40%上昇する

元々使えるキャラ以外でも「かばう技」を使えるようにする唯一の手段
防御力の上昇量もかなり高いです。
バーストスナイパーの盾役なども実現できます。
チャージターンが2ターンなのが残念なところで、
チャージが1ターンならフォラスに持たせて盾役よりも盾にしやすい動きがネタとしてはかなり面白そうでした。
Twitterで実戦投入している方もいらっしゃいました。





31.png
水獣ソーサラー
おうえん!(1ターン) 味方単体にチャージを追加する

35.png
いたちブラスター
>いたちおうえん!(1ターン) 味方単体にアタックを追加する

この2つはおそらくNオーブの中でももっとも有名なのではないでしょうか。
味方にアタックフォトン、チャージフォトンを与える技を持つオーブは極めて少なく
他にはワンダートラベルマジェスティサン&ムーンしかありません。
しかも、チャージターンの関係から使いやすさという点では水獣ソーサラーやいたちブラスターが上回ります。

適当なフォトンをアタックorチャージに変える技を持つこれらのオーブはフォトン事故の可能性を大きく下げることができ、PvPでは奇襲性も高いです。
また、「受けるダメージを軽減」「ダメージを受けた時カウンター」の特性を持ち汎用性が高く使いやすいのもグッド。

何よりチャージターンが1というのは極めて大きな意味を持ち、ナベリウスやフォラスが1ターン目から使用可能になります。
2人合わせて使うことで、高確率で1ターン目から覚醒ゲージ4程度の奥義くらいならぶっ放せるようになります。

総じてNオーブの中でトップクラスの使い勝手の良さを持つことに疑いの余地は無いと思われます。




64.png
ヴァジュラ
>ライトニングチャージ(1ターン) 自身にチャージを追加する

味方単体に使えず、自身にしか使えなくなった水獣ソーサラー。
一見下位互換ですが、ターゲットは1ターンに1人までしか取れないので、他の行動のターゲットを阻害しないというメリットもあります。
これが実はかなり有効に働く場面も少なくなく、とにかく急いでゲージを溜めたい、
という戦略のパーティでは採用を検討すべきオーブです。




65.png
エクイテスオーク
>鉄床戦術(2ターン) 自身にアタックを追加する

味方単体に使えず、自身にしか使えなくなったいたちブラスt……
いや!違う!チャージターンが2だ!
流石にアタックフォトン1個乗せるのにチャージターン2はあまりにも使いにくいです。
同じようなヴァジュラはきっちりチャージターン1なのに、この差はいったいどうして…。
公式ポータルの誤字の可能性すらありそうですが、持っていなかったため確認ができませんでした…。





44.png
パワーウッド
>特性 装備者が3%の確率でダメージを無効にする

特性も技も地味でありきたりなものですが、ラッシュにおいて唯一の確率でダメージを無効にするオーブです。
パワーウッドに関しての考察はこちらで真剣にやってみたので、もしよかったら読んでみてください。





52.png
クラッシュワーム
> ヒートアップ(1ターン) 2ターンの間、自身の攻撃力を35%上昇させ、反動で自身が最大HPの15%ダメージを受ける

反動ダメージを受ける珍しいオーブ。
反動があるのは他にはSSRのツインサーペントとハイドン、同種Nオーブのバレットワームのみです。
また、全オーブを見渡してもここまで飛躍的に攻撃力をあげられるオーブは他に無く、
チャージターンもしっかり1なのは頼もしいところ。

攻撃力上昇量が10%低い代わりに自身以外にも使用可能、反動もなしのレッドウィングがありますが、
使用できるクラスが違うので単純な比較はできません。

クラッシュワームについて書いた記事はこちらになります。
【メギド72】クラッシュワームの可能性を追求する





エノイル


可愛い・・・だけではなく、なんと全てのオーブの中で唯一混乱攻撃が可能なオーブでした。
混乱攻撃ができるオーブはNからSSR、EXまで見渡してもコレしかありません(2018年7月2日時点)。

5章実装と共に、非常に実用性の高いオーブとして躍進を遂げました。
詳しくはこちら。
【メギド72】混乱の状態異常について

エノイル、キミはNオーブの誇りだ。





ブラッディエッジ

>景気づけ!(1ターン) 2ターンの間、味方単体の攻撃力を20%上昇させる

チャージ1ターンで味方単体の攻撃力を大きく上昇させます。
かなり使い勝手が良いです。
レッドウィングは25%上昇させますが、あちらはバースト専用。
こちらはラッシュが装備できるという点がかなり大きく、上昇量の差も5%なのでメンバーによって使い分けが可能です。

ただ、SSRオーブにハイドンというオーブが登場してしまい、若干お株を奪われてしまった感があります。
自傷ダメージがあるものの、攻撃力の上昇量はあちらが12%も上。
少々残念です。





こんなところでしょうか。
自分は低レアリティだけど他のキャラには真似できないこと(強弱を抜きして)ができるキャラがとても好きなのですが、
キャラのレアリティがないこのメギド72ではオーブにそのロマンを追い求めることになるのかもしれません。

メインクエストの追加と共にNオーブは増えていきます。
これからどんなNオーブが登場するのか楽しみですね。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】敵CPUの攻撃対象の判断基準について

この記事では敵CPUの攻撃対象の判断基準について記しています。
検証不足のため、この記事の情報に間違いが含まれている可能性も高いので参考程度にお願いします。





このゲームにはファイター、トルーパー、スナイパーの3つのクラスが存在しています。
ファイターとスナイパーは前列相手に、トルーパーは後列相手に大ダメージを与えることができます。
敵CPUはこの相性を攻撃相手選択の判断に用いており、その攻め方はある程度パターン化されています。
ダメージ計算式について詳しくはこちらを参照

幻獣を主とするモンスター系エネミーと、プレイヤーキャラと同じ姿をした人間系エネミー判断基準(AI)が異なるらしく、
それぞれの特徴を以下にまとめます。





【モンスター系エネミーの場合】

9560.jpg

①相手のファイター及びスナイパーはこちらの前列(ファイター及びトルーパー)を優先して攻撃してきます。
②相手のトルーパーはこちらのスナイパーを優先して攻撃してきます。
③優先対象ではないキャラがレベル1で、優先対象がレベル70でも、優先対象を攻撃します。
④優先対象が複数いる場合、その中からランダムに対象が選ばれます。
⑤ただしまれに、優先対象が1人以上いる場合でも、優先対象ではないキャラを攻撃することがあります。


こういった仕様から、ストーリー攻略においては前列、あるいは後列を一人だけにするというパーティ編成が有効な場面が多く、
攻撃される対象を絞ることで戦略を立てやすくなります。





【人間系エネミーの場合】

9439.jpg

メギドクエストや、ストーリーやイベントのボスとして登場する人間系エネミーは、
モンスター系エネミーとやや異なる攻め方をしてきます。

①相手のファイター及びスナイパーはこちらの前列(ファイター及びトルーパー)を優先して攻撃してきます。
②トルーパーはスナイパーを優先して攻撃してきます。
③優先対象ではないキャラがレベル1で、優先対象がレベル70でも、優先対象を攻撃します。
④優先対象が複数いる場合、その中で一番脆いキャラを集中攻撃してきます(最優先対象)
⑤ただしまれに、最優先対象ではないキャラを攻撃することがあります。


赤字がモンスター系エネミーとの相違点であり、的確に弱いキャラを集中攻撃してきます。
前列5人、あるいは後列5人といった一列パーティにとっては非常に厄介な攻め方です。

DQシリーズの判断力システムに近いものがありますね。
あるいは賢さの表現としてこのようにAIのパターンがモンスター系と人間系で分けられてるのかもしれません。

注意点としては、アモンの特性「敵から狙われにくくなる」もおそらく機能しません
耐久力が低いため、バンバン狙ってきます。



ただし、ある意味ではモンスター系エネミーよりも相手の攻撃対象がしぼりやすく
味方単体を無敵にするケイブ・キーパーを使うことで実質的な無敵の壁を作ることもできます。





9559.jpg

現在行われているのイベント最終戦はモンスター系が2匹、人間系が2人という構成になっており、
この仕様を実感した人も多いのではないでしょうか。
前列5人のパーティにドロップ率を上げるためにロクに育ててないセーレを入れた場合でも、
セーレが真っ先に人間系のサキュバスやインキュバスに狙われるため、囮として活躍させることが可能です。
反面、ピローヌやファミリアはモンスター系のため、アタッカーが無作為に狙われて沈むといったこともままあります。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】PvPにおける『飛行系特攻』と『獣系特攻』について

【種族と種族特攻について】

9640.jpg

メギド72には非常に多くの種族が存在し、それぞれの種族に応じて特攻ダメージを与える手段も存在します。


例としてデカラビアはキャラ特性によって植物系の敵に
キマリスは同じく特性によって死者系の敵に2倍特攻を持っています

9635.jpg
9634.jpg





【PvPにおける種族特攻】

しかし自分も相手も同じメギドであるPvP(対人戦)において、こういった特攻系の特性は殆ど意味を成しません

数少ない例外が『飛行系特攻』『獣系特攻』の2つです。
この2つはPvPでもきっちり作用する場面があります。





マルファス、ウァラクなどの戦闘中に浮いているキャラクターは、
『地形ダメージを無効にする』『飛行系の種族を持っている』という隠れ特性を持っています。

そのため、特性で飛行形特攻を持つムルムルや、ラッシュオーブ『カオスサム』を装備しているキャラは、
戦闘中に浮いているキャラに大きなダメージを与えることが可能です。

9619.jpg

9618.jpg





また、オリアスのスキルによってねずみ化されたキャラクターは、『獣種族』を持つため、
獣系特攻の特性を持つレラジェによって大ダメージを与えることができます。

9617.jpg





【メギドクエストでの注意点】

ところが同じようにメギドと戦えるメギドクエストでは、マルファスもウァラクも飛行系種族を持っておらず、
また、地形ダメージも普通に通ってしまいます。


↓ムルムルのマルファスへの攻撃。特攻表示なし
9623.jpg


↓左から2番目のキャラがマルファス。普通に通る地形ダメージ
9622.jpg

ミスか仕様かは微妙なところですが、あくまで同じ姿形をしただけの別の敵キャラと考えて良さそうです。



当然といえば当然ですが、敵のムルムルの攻撃は当たり前みたいにこちらの飛行キャラに特攻ダメージを与えてきます
CPUは姑息です。

9621.jpg






【あとがき】

検証にご協力くださったプラズマエッグさん、本当にありがとうございました!

^E99D24F57A9731FD5CCB67D9837680CDB1189359231248DF36^pimgpsh_fullsize_distr


^3D94902AD8867C0A76B6F206ADBE16ACDFA56F8CD850AC5275^pimgpsh_fullsize_distr


^0982C5CA798BC50B7EE85C22D36E1900E8C3528CF9082F1AFC^pimgpsh_fullsize_distr

レラジェ持ってないので助かりました…。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】サタニックリブラ装備者が複数いる場合

3月14日から始まったイベントで、一定確率で味方をかばう特性を持つオーブ、サタニックリブラが登場しました。

Gカウンター2

さてこのオーブ、誰もが疑問に思うのは
「パーティに装備者が複数いた場合、かばうの成否判定は装備者の数だけ行われるのか?」
という点でしょう。

ということで、少ない回数ですがとりあえず合計500回ほど攻撃を受けてきました。
なお、サタニックリブラのレベルは1で、かばう成功確率は24%の状態です。





【サタニックリブラ装備者が3人の場合】

9539.jpg

このパーティで敵がファイターしかいない状況にすれば、敵の攻撃対象は必ずアスタロトになります。

もし、サタニック装備者の数だけかばうの確率判定が行われるのだとすれば
「アスタロトに攻撃が届く確率=かばうが行われない確率(76%)を3回クリアする確率」で、約44%となります。
つまり、かばう成功率が56%、かばう失敗率は44%となるはずです。

逆に、サタニック装備者が何人いても1人分しか確率判定が行われないのであれば、
当然かばう成功率は24%、失敗率は76%となるはずです。

250回攻撃を受けての結果はこのようになりました。

Gカウンター

かばう成功率約36%、かばう失敗率64%となりました。
うーん、なんだか中途半端な結果ですね…。
250回程度ならこんなものなのでしょうか。

続きを見てみましょう。




【サタニックリブラ装備者が4人の場合】

9792.jpg

このパーティで敵がトルーパーしかいない状況にすれば、敵の攻撃対象は必ずフォラスになります。

もし、サタニック装備者の数だけかばうの確率判定が行われるのだとすれば、
「アスタロトに攻撃が届く確率=かばうが行われない確率(76%)を4回クリアする確率」で、約33%となります。
つまり、かばう成功率が66%、かばう失敗率は33%となるはずです。

逆に、サタニック装備者が何人いても1人分しか確率判定が行われないのであれば、
当然かばう成功率は24%、失敗率は76%となるはずです。

やはり250回ほど攻撃を受けてみました。
今回は誰がかばったのかの統計も取ってみました。

4体

かばう成功率約40%、かばう失敗率60%となりました。
やはりどっちつかずの微妙な結果です。
一応、装備者3人の時に比べれば微妙に成功率は上がってはいます。

また、非常に堅いグレモリーやボティスに攻撃が集中しているようにも見えます。





【なんともいえない結果に】

サタニック装備者の数だけかばうの確率判定が行われるのだとすれば、
装備者が3人ならかばう成功率は56%、4人なら66%になる計算でした。
ところが500回の検証では3人の場合36%、4人の場合40%と、かなり低めの結果になりました。
しかしかばうの確率判定が1人分しか行われない場合の成功率、24%よりはだいぶ高いです。

500回程度の検証ではまだまだ足りないというだけの可能性も高いのですが、
もしかしたら計算式が特殊なことになってるのかもしれません。

ただ、装備者の数だけかばうの確率判定が行われる場合の成功率と比べて検証結果の成功率が20%以上低いので、
やはり装備者が複数いてもその恩恵は数字通りではない可能性が高そう
に思えます。

装備者2人分までは確率判定が行われるとか…?
うーん…。





【さらに意味不明なことに】

この検証を行った後日、サタニックリブラの性能を修正したというお知らせがありました。

ただ、具体的にどこがどう修正されたのか書かれておらず、
問い合わせても修正内容について公開してもらうことはできませんでした。

もしかしたら上記の検証も、全部無意味なのかもしれません…。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】召喚チケットを使わずに初回割引を利用する方法

メギド72ではガチャが更新された際、最初の1回は割引価格(100石)でガチャを引くことができます



9905.jpg

ところが召喚チケットを持っている場合は召喚チケットによる「チケットで召喚」が優先され、
チケットを使いきるまで割引価格で引くことができないように見えます。

召喚チケットは通常ガチャ1回分(150石)の価値があるため、
チケットは取っておきたいけど初回割引だけは引きたい、という場合に困る仕様です。



9904.jpg

しかし、5日に1度の「無料で召喚」が可能な時はこちらが最優先となり、チケットを使わずにガチャを引くことができます。
そして、そのガチャのリザルト画面の「もう一度」から、初回割引価格でガチャを引くことができます

9906.jpg



また、そもそもチケットを必要な時が来るまでプレゼントボックスから受け取らないという手もあります。
一括受け取りが出来ないのが若干面倒ですが、5日に1度の無料の召喚に縛られずに初回割引を利用できます。







【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】「素早さ30%UP」などの特性に意味はあるのか?

10201_201803272212280cc.jpg

メギド72では、「自分の攻撃力が15%上昇する」「自身の素早さが30%上昇する」といった特性を持つキャラクターがいます。
最近ふと、「これらの特性にゲーム的な意味はあるのか?」という疑問を抱きました。

ポケモンのように特性を複数の中から1つ選択できるわけではないこのゲームにおいて、
「常にステータスが上昇するタイプの特性は、ゲーム的には何も特性を持っていないのに等しいのではないか?」
と思うようになったのです。
能動的に、こういう特性をプレイヤーが活かす方法が無いのではないか、と。
その特性しかないのなら、面倒だから最初から素のステータスに特性による上昇分を加えてくれよ、と言い換えても良いです。


このような「ステータスの割合アップ系の特性」にゲーム的な意味が出てくるとしたら、以下の2つのパターンが考えられます。

①ゲーム中に、状態異常などによって特性が封印される状況がある
②ドーピングアイテム(例:力の種)などによって、素のステータスをあげることができる


は現状メギド72には存在しません。
強いていうなら星2になるまでは特性が発揮されないのですが、
星2というのはゲーム開始して1日でなれる難易度なので考慮しないことにします。

②も、やはりこのゲームに素のステータスをあげる手段はありません。
しかし、装備アイテムであるオーブによってステータスをあげることはできます

もしもオーブによるステータス上昇のあと、特性によるステータスの割合アップが発揮される(パターンAなら、
オーブのステータス上昇量がその割合分増えるということになります。
この場合、「ステータスの割合アップの特性を持つキャラは、そのステータスをあげるオーブと相性が良い」と言えます。

逆に、オーブによるステータス上昇量と、特性によるステータスの割合アップが個別に計算され単純にそれぞれ加算される(パターンBなら、
やはりその特性はほぼ意味がないと解釈することができます。




例えば星6LV70シャックスは素の素早さが501、素早さが30%アップするという特性を持ちます。
これにより、戦闘中の素早さは651となります。

ここに素早さが12%上昇する火殻竜を装備させてみます。
計算によるとシャックスに火殻竜を装備させた場合の素早さ上昇量は60。
パターンAなら戦闘中の素早さは729パターンBなら711になる計算です。





10200_201803272212251f1.jpg


…実際に試したところ、キッチリ711になりました。
つまりパターンBであり、残念ながらあまり意味が見出しにくい特性という結論に至りました。


いつの日か、キャラクターの素のステータスをあげる手段ができればこれらの特性が活きるのかな、と思いました。








【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】メギド72を全力で紹介する記事



Twitterで僕が狂ったゾンビが如く宣伝している、このメギド72
あのDeNAが提供しているにも関わらず絶望的に宣伝を行っておらず知名度が低く
「よくわからないけどTwitterでゾンビたちが仲間を増やそうとしているゲーム」
程度の認識の方も多いのではないでしょうか。

そこで本日は、
メギド72がどのようなゲームなのか、改めてこの記事でご紹介しようと思います。





【メギド72はこんなゲームだ!】

簡潔に言います!

メギド72は


普通に戦闘が楽しくて

5727_20180329212744f9b.jpg



普通にストーリーが面白くて

5025.jpg




普通にキャラクターが個性的で

8909_20180329212741017.jpg

普通にBGMが最高な







普通に素晴らしいゲームです。

やる0夫



とてもゲームらしいゲームであり、スマホゲーというよりはコンシューマRPGの雰囲気に近く、
「PS~PS2時代のRPGを思い出す」と評されることも多いです。
それどころか
「中学生時代にメギド72をプレイしてた記憶がある」
「メギド72の攻略本を持ってたと思うんだけどどこいったかな?」
などなど楽しかったあの頃を思い出して幻覚症状に陥るプレイヤーが後を絶ちません。
可哀想に……
そういえばメギド72って確かニンテンドーDSあたりで出てませんでしたっけ?


病人たちはさておいて、そんな古き良き時代の魅力を秘めたメギド72には、
俺が求めていたのはこういうゲームだった
そんな風に感じてくれる人も多いんじゃないかと思います。

他にも「メディアビジョン(ワイルドアームズの製作会社)が開発している」「男に半裸がやたら多い」「開始10分で村が焼ける」などのセールスポイントがあるようなのですが、
残念ながらそのあたりの事情に明るくない僕としてはその点をもって推すことはできません。

5877.jpg



僕から言えることは「スマホゲーらしからぬ普通に面白い普通のRPG」、この一文にビビっとくる方には、
是非ともメギド72に一度触れてみて欲しいということです。





所詮はガチャゲーだし、ガチャでいいキャラを引けないと遊べないんだろ?
とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

main_character2.jpg

メギド72のストーリー加入キャラは全員、他ゲーで言うところの最高レア度なので、
ガチャ産のキャラと比較して性能及び個性に遜色はありません。




main_character3.png

もちろんストーリー加入キャラが普通に強いことから、
ガチャで引いた好きなキャラを適当にぶっこんでも活躍させることだってできます。




9792.jpg

戦略の自由度が高く、手持ちのキャラや装備を組み合わせてパーティを組む楽しさはメギド72の醍醐味でもあります。
そういう意味ではガチャからキャラを引く楽しみはとても大きいゲームと言えるのかもしれませんね。



https://megido72.com/
公式サイトから、ほぼ全キャラクターの設定を読むことができます

https://megido72-portal.com/megido
また、こちらの公式ポータルから、全キャラクターの性能を知ることができます

見た目でお気に入りのキャラを探してゲームを始めてみるのも良いかと思います。





【メギド72の欠点は?】

ベタ褒めばかりでも白々しいので、あえてメギド72の欠点も書いてみます

メギド72の欠点は、現状ではコンテンツが不足気味ということでしょう。
そのため、メインストーリーを攻略した後はプレイヤー側にやれることの種類がやや少ないです。
具体的には一定回数倒すと報酬が貰える強敵の周回がメインとなるのですが、
かなりの周回が必要となり、エンドコンテンツとしては難易度も高めです。

しかし、最近ではイベントやストーリーの更新頻度があがり、1人で楽しめる要素がどんどん追加されてきております。
さらに今後、PvPのランキング戦や、協力要素が実装される予定となっております。
ある程度長い目で、ゆっくり付き合うのが最適なゲームなんじゃないかと思います。
プロデューサーの方も、マイペースに楽しんで欲しいと発言されています。

そもそもとして、メインストーリーだけで十分すぎるボリュームがあるため、
1本の大作RPGをプレイする感覚でメギド72のメインストーリーをプレイしてみて欲しいというのが、僕が一番強く思っていることです。





【というわけで】

本当はもっとメギド72の素晴らしい要素を紹介していきたいのですが、
あまり長くなりすぎてもダルいので、このあたりで切り上げておきます。

では最後に改めて、

皆様、どうか騙されたと思ってメギド72を試しに一度インストールしてみてください!!!!



google_2018020321174084e.png
apple_20180203211739d29.png
PageTop

【メギド72】ステータスバフ重複の注意点

10467.jpg

メギド72では非常に多くのバフが存在します。
大まかに分けると単純にステータスをアップさせる「ステータスバフ」と、
自然回復や無敵バリアなどを付与する「特殊効果付与バフ」の2種に分けられます。

このうち、「特殊効果付与バフ」は同一種の効果での重ねがけが出来ません
例えば「2回まで攻撃を無効にするバリア」を付与した後「1回だけ攻撃を無効にするバリア」を付与すると、
3回まで攻撃を無効にできる…どころか、後からかけた「1回だけ攻撃を無効にするバリア」で上書きされてしまいます

反面、「ステータスバフ」は基本的に重複が可能です。

10462.jpg

10463.jpg


防御力を50%アップさせるオーブシャーベットマンを5人がかりで使うことで、
このように5回分重複させることができます。


10461.jpg


しかしこのステータスバフの重複にも制限はあり、
「同じキャラクターの同じ行動によるステータスバフは重複されない」という仕組みになっています。
例えば全体の素早さをあげるウァラクのスキルや、攻撃力もあげることの出来るフォラスのスキルを1ターンに何度も同じ対象に使っても、効果は1回分しか発揮されません

見落としがちであろうと思われるのは、これはオーブよるステータスバフも同様という点です。
上記の例のように同じオーブを複数のキャラに持たせることで簡単に重複バフが可能なため、
オーブによるステータスバフに制限はない、かのように見えますが、
「同じキャラクターの同じ行動によるステータスバフは重複されない」のルールはオーブといえど例外ではありません。

例えば2ターンの間味方ひとりの攻撃力を飛躍的にあげることのできる「レッドウィング」を、
フォラスに装備させると毎ターン使うことができます。
しかし2ターン続けてレッドウィングを同じ対象に使っても効果は重複せず、持続ターンだけが上書きされます

ちなみにアイムをリーダーにするとマスエフェクトによってフォラスのバフの持続ターンが1ターン延びるため、
2ターン連続でオーブでバフをした後の挙動を3ターン目に確認することができます。

割と小難しくなってしまいましたが、、基本的に「フォラスで2ターン連続で同じ対象にレッドウィングかけても攻撃力は2回分アップはしないよ!」というだけのお話でした。





アイムを持っていなかったため、アイムリーダーを使っての検証は例の人に手伝っていただきました。
いつもありがとうございます!






【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】星6になると性能が大きく変化する奥義

メギド72では、最高進化である星6に達すると奥義の性能が変化します。
基本的には攻撃の倍率が増えたりバフの効果があがったりして単純に強くなるのですが、
一部、「強くなるというよりは別の技に変化する」と言えるほど性能が変化するメギドがいます。

以下、該当するメギドの奥義の、重要な部分の変化だけ記します。



ラウム
066_03.png

敵単体に攻撃力2.75倍の2連続ダメージ

敵単体に攻撃力2.1倍の3連続ダメージ




フルカス
034_03_20180402213454291.png

単体に攻撃力4倍のダメージ

単体に攻撃力1.75倍の3連続ダメージ




ブネ
011_03.png

敵横一列に攻撃力2.25倍のダメージ

敵横一列に攻撃力1.5倍の2連続ダメージ




ゼパル
009_03.png

敵単体に攻撃力0.9倍の4連続ダメージ

敵単体に攻撃力0.85倍の5連続ダメージ






どのキャラも、1ヒットごとの倍率が下がる代わりにヒット数が増える、という変化をします。

技の性能だけを見た場合、この変化にはメリットデメリットもあります。



●変化後のメリット

・倍率の合計は高いため、防御力の低い相手には変化前よりも大きなダメージを与えられる

・「n回まで攻撃を無効にするバリア」を簡単に剥がしてダメージを与えられる

アスタロトなどによる固定ダメージ付与が効果的に使える




●変化後のデメリット

・多段ヒットする分、相手の防御力の影響を受ける回数も増えるため、
 防御力が高い相手には変化前よりもダメージが下がる

・合計ダメージはともかく1ヒットごとのダメージは間違いなく下がるため、
ザガンのスキルやヘルヘブンによって「一定以下のダメージを0にする効果」に引っかかる可能性が高くなる




特に、「相手の防御力次第で総ダメージが下がる」のは結構影響が大きい要素です。

この現象を物凄く簡単に解説しているシーンがメギド72と同時期に発売された気がするゲームにあったので参考として張らせて頂きます。

renasu.png

renas2u.png



ちなみに、もしも星6の状態で変化前と変化後を使い分けられるとした場合
相手の防御力が、
ラウムなら924
ブネなら693
ゼパルなら785
フルカスなら743

を超えたあたりから変化後の奥義のダメージが変化前よりも低くなります

とはいえ現実では星6にした時点でステータスが大きくあがるので、星5.5で止めたほうが強い、というのは流石に無いかと思われます。
(局所的にそういう状況も無いわけではないでしょうが)





以上、奥義の変化の仕方が少し変わっているメギドたちの紹介でした。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop