FC2ブログ

もう幼ければなんでもいい

【メギド72】タスクキルによるドラフトリセット

この記事では、本来意図されたゲーム性を壊してしまうネタについて記しています。
ゲーム全体の仕様と言えば仕様の範疇と思われますが、どう考えても悪用の部類に入ります。
ご利用は自己責任でお願いします。




【タスクキルによるドラフトリセット】

このネタは書くかどうか半年くらい迷ってたんですが、
このブログでは既に無限ループのことや各種バグのことについて触れまくっているし、
そもそも大体の人がご存知のようなので記事として書いてしまうことにしました。



戦闘中のフォトンドラフトの最中に、タスクキルを行いゲームを強制終了させることで、
次の再開時にそのターンの最初から始まります。
つまり、フォトンドラフトが初期化されます強調文

敵のフォトンの取り方はある程度ランダム性があり、取られたくないフォトンを取られてしまった場合、
タスクキルをしてやり直すとさっきと異なるフォトンを取っていくことがあります
ただし「覚醒ゲージが溜まっている場合はめまい状態でない限り必ずアタックフォトンを取る」といった法則性もあるため、
何度タスクキルをしても結果は絶対に変えられない状況もあります

とはいえ、その気になって悪用すると非常に凶悪です。
例えば敵が複数いる場合、厄介なスキルを持っている敵にスキルフォトンを取られてしまった場合などでも、
タスクキルをしてやり直すと大体さっきとは異なる展開になります。

これを利用すると間違いなくゲーム性を著しく変えてしまいます
使えとも使うなとも言えませんが、各々のプレイスタイルと相談して、楽しくゲームをプレイしましょう。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop

【メギド72】PvPのお気に入りパーティ

17526.jpg

最近、本格的にPvPに手を出し始めました。
ちょこちょこやっていた時からわかってはいたのですが、やはりこのゲームは対人戦も凄く面白い!

そんなわけでこのブログではおそらく初めてのこととなりますが、
自分がPvPでよく使っているパーティや、お気に入りのパーティの紹介を書かせて頂きました。

少しでも楽しんでいただけたり、参考にして頂けたら幸いです。





【ゴリラッシュ】

17522.jpg

アンドレアルフスイベント限定オーブ、ヘヴィコングが軸となっているパーティ。
アミー、サキュバスで引き寄せてヘヴィコングで殴る
以上です。

ヘヴィコングは横一列への多段攻撃のため、アンドレアルフスの追加固定ダメージ付与が非常に強力になります。

fgdrge

一列に並べた相手にヘヴィコングを連続で放って殲滅していくのは快感の一言。
アミーには何を持たせるかいつも悩みますが、カミハカリがまあ当たり前に強くて安定します。

実は非常に思い入れのあるパーティです。
2月で行われたプレランキング戦の終了後、
育成状況が戦闘に反映されるランキングバトルのためにこのパーティのメンバーを育成したからです。
画像にはいませんが、アスタロトもヘヴィコングと相性がいいのでその時に星6にしました。
今でもアンドレアルフスやウァサゴをアスタロトと交換したりして遊んでます。

ただ大きな問題点がひとつあって、ヘヴィコングを重視するこの【ゴリラッシュ】としては、
5人全員をヘヴィコング持ちで固めたいという思いがあります。
しかしそうなるとサキュバスが潰された瞬間に敵を一列に並べられなくなり、戦術が崩壊します。

パーティのコンセプトを重視したいなら5人全員をゴリラにすべきです。
しかし、勝ちたいだけならおそらくアミーがいたほうが強いです。
ただそうなると、「勝ちたい」のだったらそもそもヘヴィコングに拘る必要がないのでは?という話になってしまいます。

この「コンセプト」と「勝率」の板ばさみはカードゲームでも非常にありがちな現象で
それと似た性質を持つメギド72においてもプレイヤーを悩ませる要素になることがあると思います。
「勝率」を重視するあまり、オリジナルで作ったはずのものがいつの間にか何の変哲も無いテンプレデッキ(パーティ)に変貌を遂げてしまったというのはお約束。
かと言って「コンセプト」を重視しすぎて負けてばかりでもやはりそれはそれで辛い。
この2つの天秤とのにらめっこはある意味この手のゲームの醍醐味でもありますが、
「コンセプト」の中でも絶対に譲れないものを定めておくとやりやすくなるのかもしれないですね。





【ケツアルコアトルPT】

17524.jpg

メギド72において最凶の存在である(と俺が確信している)ケツアルコアトル様にあやかったパーティです。

↓本物のケツアルコアトル様
17521.jpg

当然リーダーであるオロバスにはケツアルコアトル、その手下たちには全員バレットワームを装備させ、
ケツアルコアトル神の布陣を完全再現し、そのご加護を存分に受けられるようにします。
また、非常に重要な点として、このパーティを使う際は必ずプレイヤー名は「ケツアルコアトル」にします。
そうすればケツアルコアトルに魅入られたプレイヤーならこちらの意図を汲み取ってくれるはずです。

オロバスのマスエフェクトにより手下の4人は死亡時に相手全体にダメージを与えます
そして手下たちが持つバレットワームは使用者に大ダメージを与える効果があり、死亡時攻撃を誘発しやすくなります。
戦術的にかみ合っていると言えばかみ合っていますが、バレットワームはチャージ2ターンで2倍ダメージという冗談みたいな性能(SRオーブの切り裂きマーダーならチャージ1ターンで2倍ダメージ)なので、他のまともなオーブを装備させたほうが強いでしょう。
それこそヘヴィコングとか。
ただ、バレットワームを外して他のオーブを装備させてはもはや完全に意味不明なパーティになってしまうのでそこは譲れません
オロバスが死ぬと戦術が崩壊するので正直オロバスにはシェルドレイクなどを持たせたいですが、同様の理由でケツアルコアトルのオーブを外すことはできません。
それをしたらケツアルコアトル神への反逆となります。

…が、そもそも本当にケツアルコアトル様の布陣を再現したいのなら、
両脇の2人はラッシュスナイパーではなくラッシュファイターにすべきです。
でもそうすると、死亡時に敵全体にダメージという肝心なマスエフェクトの効果を受けられません…。
ここでもやはり、「コンセプト」と「勝率」の板ばさみが発生しています。

なお、本物のケツアルコアトル神は手下のバレットワームたちが生存している間は無敵の状態となります。
そのため、実質的にオロバスも他の4人がいる限り無敵と見なすことが可能です。
相手が平然とオロバスを先に落としにくることがありますが、
その時は「俺のオロバスは今ケツアルコアトルで無敵バリアが張ってあるからその攻撃が通るのはバグ」と解釈します。
信仰心が大切なパーティなので、時としてそういった心持ちも大事になります。





【フリアエリーダーPT】

17518.jpg

古の狂竜ケイブキーパーをハルファスにかけて、状態異常もダメージも通らなくなったハルファスでいっぱい殴ります。
それまではシャックスやブニやフリアエで頑張って耐えます。
ハルファスが落ちると戦術が崩壊します。
イービルアイを受けても戦術が崩壊します。
俺のパーティすぐに戦術崩壊しすぎじゃないか?

フリアエのマスエフェクトでシャックスやブニの覚醒ゲージが2になっているため、
チャージフォトンを非常に使いやすくなってます。
フリアエはリーダーとしてとても分かりやすく優秀なので、
PvPに挑戦する際は可能ならフリアエリーダーのパーティを組んでみるといいかもしれません

ハルファスが装備しているのは最強のSSRオーブアンデットワームです。
実際のところバーストの全体攻撃オーブとしては最大倍率のため、使ってみると中々強力です。
3ターン目に狂竜とケイブキーパーをかけることを考えると、4ターン目に安全に使えますしね。

ナベリウスはスキルフォトンを強化する役で、最初はブニを強化します。
ブニのスキルが強化されるとカットできるダメージ範囲が増え、3ターン目までかばうも持続するようになります。
ハルファスのスキルを強化するのはそれからでも遅くありません

ちなみにブニが装備しているのはヘヴィパンチャー
ピーターの下位互換に近いですが、最大HPの低いフリーバトルではヘヴィパンチャーの固定ダメージを与える技が非常に強力です。





【アスモデウス1ターンキル】

17516.jpg

アスモデウスの攻撃をフォラスの覚醒スキル、または自身の特性全体化させて敵全員吹っ飛ばすパーティ。
今のところヴィネの枠が自由枠で、クロケルやブエルなどのほうが覚醒上げ要因としては使いやすいかも。

一番やりたいのが、蘇生したアスモデウスがそのターンに敵全体に奥義をぶっ放すという動き。

↓対人戦で完璧に決まったパターン


星5.5以下のユフィールが奥義を放つとアスモデウスが特性が発揮されるHPで蘇生されます
そこに、フォラス、オロバスがフォトンを乗せて奥義を撃たせるという流れです。

死んでいるアスモデウスは当然ターゲッティング不可能のため、オートターゲットの仕組みを活用しております。
オートターゲット状態では、チャージフォトンを2つ乗せる災厄の魔櫃もっとも覚醒ゲージが長いキャラに、
アタックフォトンを乗せるいたちブラスターもっとも攻撃力が高いキャラに使うらしいです。
このパーティではどちらもアスモデウスが該当しますので、動画のような動きが可能なるみたいです(自分でもいまいちよくわかってない)。
また、アスモデウスが覚醒ゲージがMAXまで溜まっていた状態で死んでいた場合、
蘇生後にオロバスがいたちブラスターでアタックフォトンを追加するだけで奥義を撃てます

そのターンの1巡目に撃てるのでかなりありがたいです。

非常に強力な動きですがアスモデウスがとても遅いのもあり、蘇生させてから奥義を撃つまでの間にタイムラグがあるのが弱点となります。
その間に相手の全体攻撃に巻き込まれたりしたらアスモデウスがまたすぐに死んでしまいますし、
慣れている相手ならオートターゲッティングを使って蘇生したアスモデウスに単体攻撃をしかけてくるかもしれません。
↑の動画でも、アマイモンが律儀にこちらの後衛をターゲッティングしてなかったらオートターゲッティングの仕組みにより攻撃はアスモデウスに行っていたので、負けていたのはこちらでした
そうならないために、ユフィールがアスモデウスを蘇生した直後にケイブキーパーを追加でかけるカウンタークラスのメギドを、自由枠に置くのも面白そうだと思ってます。
ただ、自由枠には無敵を剥がすイービルアイを持てるバーストクラスのメギドを置きたいのでかなり悩んでいるところです。

なお、ベレトもユフィールもフェニックスも奥義で味方全体を蘇生しますが、
星6になると蘇生時のHPが高くなってしまいこのような動きができません
あくまで星5.5以下の時、あるいはフリバ限定でのテクニックとなります。



ちなみにアスモデウスの蘇生には、ソルシエールを使うのも面白いかもしれません。
同じ蘇生オーブのメイジマーマン(HP50%で蘇生する)と違い、こちらは初期レベルだとHP30%で蘇生します。
つまり、アスモデウスが特性を発揮した状態で復活します。

カスピエルイベント限定入手なのが一番辛いところ。
また、おそらくレベルを上げてしまうと蘇生時HPが33.3%を越えてしまう点に要注意。





余談ですが、このパーティに関して凄く悲しい発見がありました。

hayasa.png
(メギド72wikiより)

育成が完了した状態だと、フルフルの素早さが285、オロバスが284、アスモデウスが283と綺麗に並んでいるんです。
これが何を意味するかと言うと、

アスモデウスが覚醒状態で死亡

フルフルがソルシエールを使って蘇生

オロバスがいたちブラスターでアスモデウスにアタック乗せる

アスモデウスが全体化奥義をぶっ放す


という動きの際、相手のアスモデウスへの攻撃がほぼ不可能になるんですよね。
素早さ的に相手がこの一連の動きに割り込む余地がないんです。

フルフルは耐久力も高いしソルシエールを使う役としては最適。
こりゃあ面白そうだと思ったのですが……フリバの環境(星3レベル30)では、この3人は完全に同じ素早さのようでした。
素早さが同じだと行動順がランダムになります。
もしもオロバスがフルフルよりも先に動ける状態になってしまうと、
いたちブラスター→ソルシエールの順番になってしまうので戦術が崩壊します
ついにパーティを組む前から勝手に崩壊したぞ。

フルフルより素早さが少しだけ高いキャラにすればあまり問題がないかと思いきや、
次点で素早さが遅いのは424のサレオスと、一気に数値が高くなってしまいます
素早さ表を見ての通りサレオスがソルシエールでアスモデウスを蘇生すると、
アスモデウスが動くまでの間にブネやガミジンなどがアスモデウスに攻撃することが可能になるんですよね。
実害の大きさよりも、戦術的に美しくないのが最大の問題です。
中々うまくいかないもんだ。





【オロバスに全てを】

17519.jpg

オロバスにみんなでレッドウィングでバフをかけて凄く強くして、フォラスで全体化してオロバスに攻撃させるパーティです。
フォラスが死ぬと戦術が崩壊します。

上手くいった場合はとても楽しいことが起こります。
2ターン目にオロバスの攻撃力が跳ね上がるので、オロバスを放置するのは相手にとって危険です。
かといってオロバスを倒してしまうと特性により凄まじい攻撃力での全体1.5倍ダメージが発動します。
オロバスが攻撃することも死ぬことも許されない状況にされると終わりです。

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|    対戦乙
      |;;::   c{ っ  ::;;|    複数催眠はやめた方がいいぞ
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
   / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
   |;;::              ::;;|
   |;;::              ::;;|






【いたちナベリウスと水獣フォラス】

17523.jpg

インキュバスにアタックフォトンorチャージフォトンを乗せて、
そこにナベリウスとフォラスがオーブを使ってチャージ、アタックと追加して奥義を発動させます
アミーで引き寄せればインキュバスの奥義が敵全体にヒットします。
この時点で相手パーティに女性が4人以上いれば勝利です。

いわゆる「水獣ソーサラーフォラス+いたちナベリウス」による奇襲の奥義
フリバやってるような人ならみんな知ってて奇襲もクソもなくなってるような気がします。
今からフリバやる人は覚えておきましょう。

インキュバスの枠はある程度好きなキャラでOKです。
アスタロトなど、覚醒ゲージ3のキャラなら何ひとつフォトンを載せなくともナベフォラの追加フォトンだけで奥義まで持っていけます。

この手のパーティは狙いを読まれて列攻撃役が沈むとそこで大体戦術が崩壊して終了するので、
味気ない試合展開になることが多い気がします。
使っても使われても、あまり面白いパーティじゃないかも。
ごめん嘘、勝てたら超楽しい。えっキミなんでパイモン狙ってんの!?死ねぇ!ハハハ!
現在ではまず決まりません、的確に妨害されます。
みんな、他人を信用しないということを覚えてしまった。





【ウェパルPT】

17520.jpg

今のところ一番使ってるパーティ。お気に入り。
ウェパルリーダーで早く動いて早く倒す。以上です。

速攻パーティの最大の強みは「相手が動く前に倒すことで敵の手数を減らせる」ことであり、
素早さアップと1ターン目攻撃力アップのマスエフェクトを持つウェパルはその点において非常に強力なキャラです。
2ターン目以降は極端に火力が落ちるので、
それ補うためにウェパルは4回攻撃ができる赤月の残党兵長を、
攻撃力が低いウァサゴは固定の800ダメージを与えられるマンイーターを装備しています。
マンイーターは特性が意味を持たないため、1000ダメージを与えるカタストロフィの下位互換でしかないのが悲しいですね…。

後列にぽつんとクロケルが一人イービルアイを持って寂しそうに立ってますが、
この素早さ特化パーティの中で、素の素早さだけでウェパルたちより先手を取ってイービルアイを使えるのは、
この子だけ
でした。
また、攻撃力が高く普通に通常攻撃でも火力に貢献できるのもパーティと噛み合っている点です。

ガープの枠は、最初は赤月の残党兵長を装備したナベリウスでした。
1ターン目の攻撃力があがる点と、1ターン目から4回攻撃ができるナベリウスとの相性は確かに良かったのですが、
足が遅いため「相手が動く前に倒す」のが狙いのこのパーティでは少し浮いていました。
色々試したのですが今のところガープで落ち着いています。
単発で大きな攻撃力を出す手段がほぼ無かったため、相手の壁役を一生倒しきれないのがよくある負けパターンだったのが、
ベインチェイサーである程度解消されました。
凄いオーブだ。

コンセプトがコンセプトなので、1ターン目に誰も落とせない場合はその次点で戦術が崩壊してます。
アリトンがいた場合は大体詰みます。





とりあえず、こんなところです。

メギド72のフォトンドリブンシステムは、「読み合い」を始めとして対人でこそ面白い要素が数多くあります。
ある程度公平な条件で戦えるフリーバトルは存分にそれを味わえるため、
対人そのものが嫌いという方以外は一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

キミも一緒に「成れの果て」になろう!






【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る
PageTop