もう幼ければなんでもいい

一瞬FDとスラバのTG消費量比較

記事を修正&最後に追記しました。

 
 
 
チップやファウストのドリキャン、メイスタンプ出始めキャンセル、
あるいは6HSを使った投げ仕込みなどには、
フォルトレスディフェンスを使うのが一般的だと思います。

これらは「通常技の出始め2FはFDによってキャンセルできる」という
システムを利用したテクニックなのですが、
実はスラッシュバックも通常技の出始め2Fをキャンセルできます。

そう考えるとちょっと気になってくることがひとつ。

フォルキャンに使う「一瞬FD」とスラバでは、どちらのほうがTG消費量が大きいのか。

さっそく検証です。



検証方法:ファウストのテンションゲージを100%に設定し、
FD版ドリキャンと、スラバ版ドリキャンをそれぞれ25回繰り返す。
その後の残ったテンションゲージ量を比較する。







それでは…結果は如何に!?







FD版ドリキャン×25後のテンションゲージ

surafd.jpg






スラバ版ドリキャン×25後のテンションゲージ

surafd2.jpg





ここまで差があるとは思いませんでした。
そういえばスラバってTG2%消費するんでしたね…。
一瞬FDは、見たところTG消費1%よりちょっと少ない、といったところでしょうか。



なお、FDを張ると1秒間だけTG増加量が20%になります。

例えばチップやファウストはドリキャンをした後、
大体は通常技などを当てにいくと思いますが、
FDを使ってドリキャンをした場合はその攻撃のTG増加量はかなり少なくなってしまいます。

ところがFDとは違い、スラッシュバックにはTG増加抑制時間がありません。
なのでドリキャン後の連携でのTG増加量まで含めて考えると、
FDキャンセルとスラバキャンセルのTG消費量にそこまで差はないかもしれません。

むしろテンションバランスやドリキャン後の攻め方次第では、
スラバキャンセルのほうがTG消費量が少ない・・・
それどころか増加する可能性もありそうです。

少々難しそうですが、近いうちに検証してみようと思います。



指摘してくださった某恋チョコ勢さんに多謝。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する