もう幼ければなんでもいい

画面手前のオブジェクトまとめ+小ネタ

 
 
 
ギルティギアでは、ただのステージにすら芸の細かい演出があったり
小ネタが仕込まれていたりします。

そういう「演出」のひとつとして、「画面手前オブジェクト」が挙げられると思います。

「画面手前オブジェクト」とは、
キャラの手前に表示されているグラフィックのことを指しています。

本当なら、この画面手前オブジェクトのところにキャラを移動させると、
キャラがそのオブジェクトに隠れてしまいます。
しかし、親切なことにキャラと画面手前オブジェクトが重なると、
オブジェクトがほぼ透明になるという措置があります。

GGXでは別でしたが。


今回は、普通のプレイでは見落としてしまいがちな、
画面手前オブジェクトをまとめてみました。


以下は、ヴェノムが画面手前オブジェクトに重なった瞬間を
捉えた画像です。



temae1.jpg


temae2.jpg

↑この2つの岩は同一のオブジェクトとして扱われているようです。
例えば左の岩に重なると右の岩も透明になります。



temae3.jpg

↑見ての通りロウソクが画面手前オブジェクトなのですが、
なぜかこれだけ「キャラが重なった時、非常にゆっくりと透明になっていく」
という不思議な性質を持っています。
まるでロウソクの炎が少しずつ消えていくかのようです。
また、ロウソクが透明になったあとその場を離れると、
やはりゆっくりと不透明に戻っていきます。


temae4.jpg


temae5.jpg


temae6.jpg

↑SLASH版のこのステージにもこれらの画面手前オブジェクトはありますが、
キャラが重なっても透明になりません。
これは致命的なバグ。
AC版はちゃんと透明になります。



temae7.jpg

temae8.jpg


temae9.jpg

↑最長の画面手前オブジェクト


temae10.jpg


temae11.jpg

↑ステージ右側にも同じような柵のオブジェクトがあります。


temae12.jpg







少ないようで多いですね。
実際に調べてみるまで、
画面手前オブジェクトだと認識していなかったものも多いです。



ちなみに画面手前オブジェクトが透明になるのはキャラが重なった時だけで、
飛び道具などはオブジェクトの裏に隠れてしまいます。

エディ分身やヴェノムのボールをオブジェクトの裏に隠して奇襲…
なんて妄想も、できなくはなさそうです。

あ、ロンドンステージで消火栓の裏にボールを隠すだけなら簡単ですよ!
実戦で活かせるかどうかは別ですが!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する