もう幼ければなんでもいい

『それが俺の名だ』の強制1P側移動現象

常識なのかもしれませんが、
改めて考えると面白い性質だと思いました。



ジョニーの覚醒必殺技『それが俺の名だ』には、面白い性質がいくつかあります。

初段を空中スラバしても派生したり、
それを利用して完全0ダメージ俺の名を決められたり。

また、まだこのBlogで詳しくは紹介していませんが、
相手の状態に関わらず初段をRCすると相手が必ず立ちのけぞりになったり、
それが原因でジョニーの地上コンボ中に相手がのけぞり状態から受身を取ったり。

ちょっと考えるだけでもこれだけのネタが出てきます。



また、実戦でも影響を及ぼしそうな性質として、
2P側にいる(左を向いている)ジョニーが俺の名の初段を相手に当てると、
相手との位置が入れ替わる
』というのがあります。

joni1.jpg



joni2.jpg



これは『初段がヒットするとジョニーが強制的に1P側に移動する』とも言えますね。


この技がこんな不自然な動きにされてしまった理由は、
おそらくJの文字を相手に刻むという演出のためでしょう。

格闘ゲームでは基本的にキャラの向きが反対になると、
グラフィックやその動きがそのまま左右反転されて用いられます。

しかしこの「Jの軌跡」が左右反転すると、
鏡文字になってしまい意味不明なことになります。

そのため、このような
「初段を当てた時の向きに関係なく、その後は必ず1P側で相手を斬る」
…という技になったのだと思われます。

2P側で俺の名を当てた場合の専用グラフィック(専用処理?)を
作ればこんな不自然なジョニーのワープはなかったはずですが、
そうしなかったということは難しかったのかもしれません。



一見あまり意味のなさそうなことですが、
画面端の攻防ではこのことが重要になってきそうです。


例えば以下のような状況の場合。



壁J敵          壁



ジョニーは1P側に居て、画面端で敵に攻められています。

ここでジョニーが俺の名で相手の攻めに割り込んで反撃しても、
お互いの位置関係は変わりません。



しかし、以下の場合は事情が変わります。



壁          敵J壁



同じように画面端で敵に攻められている状況ですが、ジョニーは2P側にいます。
ここで俺の名で割り込んで上手くヒットさせると…



壁          J敵壁



俺の名の『強制1P側移動現象』により、
初段ヒット後にこのような位置関係になります。
逆に敵が画面端に追い込まれる形になるので、完全に攻守逆転ですね。





画面右端にいるジョニーは、
画面左端にいるときによりも俺の名を使ってくる可能性が高い…!
…かもしれません。




実際、このあたりを意識して
画面端で俺の名を使ったり使わなかったりする人はいるんでしょうか。

教えて、ジョニー使い!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する