もう幼ければなんでもいい

面クリア型ACT『Jumper Three』紹介

Image254.jpg



『Jumper Three』ダウンロードページ
スクロールバーの真ん中あたりにあります。



Jumper Three』は面クリア型2Dアクションゲームです。
海外製ゲームのため英語ですが、
ストーリーは一切無く、複雑な文章なども無いのでご安心ください。

いちおう少々の操作方法の解説は出てきますが、
英語も動作も簡単な内容なので適当にプレイしていれば
「ああ、この操作解説に英文はこういうことを言いたいのね?」
というのがなんとなく解かってしまえると思います。






本作品は50を超えるステージを次々にクリアしていく、面クリア型のゲームです。
ひとつひとつのステージは短いのである程度サクサククリアしていくことができます。
残機も無数。
ストレスなく、何度もチャンレンジし続けられます。



主人公はOgmoと呼ばれる謎の生物。

Ogmoには何種類かいて、最初は赤いOgmoしか操作できません。
しかしステージを攻略していくうちに、緑のOgmo、ピンクのOgmoと、
様々なカラーのOgmoが操作可能になります。

Image251_20110715205638.jpg



Ogmoにはそれぞれ特徴があり、例えば主人公とも言うべき赤いOgmo
(海外でも赤=主人公のイメージはあるんでしょうかね?)は、
特殊能力を持たない変わりに高いジャンプ力、二段ジャンプ、壁キック、
反転ジャンプ(ダッシュ中に向きを切り替えると同時にジャンプすることで大ジャンプ)
など、基本的な動作の面で非常に優れています。

Image246_20110715205640.jpg



黄色いOgmoは二段ジャンプが真上に瞬間移動するという性能になっており、
この瞬間だけトゲなどの障害物を無視できます。

Image249_20110715205639.jpg



緑のOgmoは二段ジャンプや反転ジャンプができない代わりに、
体を伸ばして天井や壁に張り付くという非常に便利な能力を持っています。

Image253.jpg



Ogmoは他にも存在し、それらの特徴を活かしてステージをクリアしていくのです。

しかし、ほとんどのステージは理論上では全てのOgmoで攻略可能になっています。

このステージではこのOgmoを使ったほうが楽だ、
というのを見抜いてサクサククリアしていくか、
それとも、一見無理そうだけど、実はこのステージはこのOgmoでもクリアできるんじゃ?
とあえて苦難の道のりを探すのか、プレイの楽しみ方は人それぞれです。





実のところこのゲーム、最初の50面をクリアするだけならそれほど難しくありません。

なぜならこのゲームは50面をクリアしてからが本番だからです。

どういう意味かは、ぜひともこのゲームをプレイして知って欲しいです。
きっと地獄を見ることができます。





また、本作のやりこみ要素には「5枚のコインの収集」と「タイムアタック」があります。

このゲームは面のひとつひとつにこれらの要素があり、
ステージに隠された全てのコインを入手したり、
提示された条件の制限時間内でクリアするのがひとつの目標なのです。

このステージのここのコインは赤Ogmoで取ったほうがいいけど、
こっちのコインは緑Ogmoでしか取れないな…

とか、

このステージを最速でクリアできるのはピンクOgmoしかいない…

など、普通にクリアしていく以上に各種Ogmoの使い分けが重要になります。

コインはたくさん集めるとあるステージでアクセサリーが買え、
タイムアタックをクリアすることで得られる「勲章」は、
クリア後に必須となります。
どちらもゲームを楽しむためには出来る限り集めたいところです。



Image247_20110715205640.jpg



とはいえ後から仲間になるOgmoを使わなければコインが取れなかったり、
制限時間を突破できなかったりするので、
それらを攻略していくのは最初の50面をクリアしてからのほうがいいです。









今まで海外製のフリーゲームもそこそこ多くやってきましたが、
ここまで完成度が高く熱中できるゲームはほとんどありません。

少ない時間で強い充実感を得たい人におすすめです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する