もう幼ければなんでもいい

強化網を使ったACでのポチョ、スレイヤーのダウンバーストバグ再現方法

昔書いたテキストのみの記事を、動画を追加して最初から書き直しました。
少しの間、過去の記事のリメイクが多くなるかもしれません。







テスタメントの強化ゼイネストには、
打撃攻撃で強化ゼイネストを破壊した相手の動きを少しの間止める
という性質があります。

相手が一度に複数の強化網を破壊すると、破壊した分だけ動きが止まります。

この強化網を使うことで、ポチョムキン、スレイヤーの懐かしのダウンバーストバグを再現できます。







●マグナムオペラの場合

強化網を7枚同じ場所に重ねそこにポチョにマグナムオペラに撃たせます。
するとポチョが固まるので、すかさずそこに向かって体当たりしにいきます。

するとポチョムキンは強化網の効果で少しの間固まり続けているのに
テスタのほうは普通に吹っ飛ばされて色々とタイミングが合わなくなるせいか、
テスタの動きがめちゃくちゃになります。

そしてマグナムオペラを喰らってもデストロイが発生せず、
ポチョムキンが一撃成功後のポーズのまま不動になります。
この時のポチョムキンは打撃無敵ですが投げ無敵はありません。

この状態のままだとタイムカウントが進まず、
テスタがポチョを投げない限りゲームが進行しません。

強化網を7枚張るには、予め人形を4つとテンションゲージ50%ストックしておき、
動画のように素早く網を張り続ければOKです。


また、強化網が7枚ではなく10枚の場合、
テスタメントが画面外に出るほど高い位置にワープします。
しかも立ち状態になっており、普通に歩いたり地上技を出すこともできます。

この時もポチョムキンは地上で不動状態になってしまっています。
空中のテスタが地上にいるポチョムキンとX軸を重ねれば、
通常投げを決めることもできます。
そうするとポチョムキンは正常に動けるようになります。
やはりX軸を合わせればポチョがテスタを投げることも可能です。

ところが残念ながら強化網の持続の問題で、
10枚を一度に重ねられるのはトレーニングモード限定のようです。

ただし、愛の自爆を使ったマグナムオペラバグ再現なら、
おそらくアーケードでもこの超高空立ち状態になれると思います。




●オールデッドの場合

強化網を7枚同じ場所に重ねそこにスレイヤーにオールデッドに撃たせます。
するとスレイヤーが固まるので、すかさずそこに向かって体当たりしにいきます。

その後オールデッドの演出中に地面バウンドのエフェクトが出てきて、
テスタが動けるようになります。

目には見えませんがスレイヤーがテスタの出現位置の右側にいるので、
1秒ほど走って通常投げを入力してみましょう。
スレイヤーがどこかに飛んでいって消滅します。

そして何も無い暗黒空間にテスタはただ一人残されて終了となります。
ゲーセンでこれをやるとリセット以外に戻す方法が無さそうです。
絶対にやらないようにしましょう。







ちなみに、ジャムの一撃必殺技も強化網を使ってダウンバーストバグ再現・・・
どころか、それ以上のカオス現象を呼び起こすことができます。

ジャムの我羨惚とテスタの強化ゼイネストによるカオスバグ

強化網を使ったネタは他にもまだまだありそうですね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する