もう幼ければなんでもいい

イスカにおける羅鐘旋の扱い

羅鐘旋は相手がダウンしている時に出すことが出来ません。
これはもちろん、簡単にガード不能の飛び道具による起き攻めをさせないためでしょう。

ところが2人以上の対戦が可能なイスカでは話が変わってきます。
この作品に限り、羅鐘旋を出すアクセル本人以外にダウンしていないキャラがいれば、
誰かがダウンしても羅鐘旋を出すことができます


もしもアクセル&アクセルのチームに1対2まで持ち込まれたら、
片方が羅鐘旋>相手ダウン>もう片方が起き攻め羅鐘旋>もう片方が起き攻め羅鐘旋>(ry
のループに持っていかれてしまいそうです。
怖いですね。



そしてこんなイスカだからこそできるネタがあります。
それは『ダウンバーストに対して羅鐘旋を当てること』です。

相手のダウン中には絶対に羅鐘旋を出せない他の作品では不可能ですが、
イスカではそれが可能となります。

では、実際にそれをやってみるとどうなるかと言うと・・・!






こうしてまた、俺の空中浮遊バグに関する知識が増えたのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これ試しましたよ^^
ダウンバーストに当てると2発目スカるんでそれが原因でしょうね。
ロボ2の羅鐘旋でもできるんだろうか???

エクリプス | URL | 2011年12月13日(Tue)02:31 [EDIT]

羅鐘旋の爆発が発生した瞬間は相手が起き上がり中(打撃無敵)になっているみたいですね。
すぐ見つかりそうで見つからなかった、盲点とも言えるバグですw

ロボ2の羅鐘旋も同じ性能ならイケるんじゃないでしょうか?

JAKE | URL | 2011年12月14日(Wed)19:25 [EDIT]

ロボ2のも浮きますね。

NANASHI | URL | 2011年12月15日(Thu)17:59 [EDIT]

検証どうもありがとうございます!
やはり同じでしたか・・・浮遊バグの可能性が更に広がりました。



関係ないですが、羅鐘旋とは逆に相手のダウン中にしか出せないライトニングストライクがイスカにあったらどうなっていたんでしょうかね・・・。

JAKE | URL | 2011年12月16日(Fri)01:22 [EDIT]