もう幼ければなんでもいい

GGモードの殺界とテンションゲージの関係

家庭用ACのGGモードの殺界を当てて相手が回避コマンドに失敗すると、
殺界を当てた側のキャラのテンションゲージが消滅してから一撃必殺技を出します。
(ゲージが空になるのではなく、ゲージそのものが消滅する。
通常キャラで一撃必殺技を放った後と同じ状態になる)

となると、もしかすると殺界成立後の一撃必殺技部分は、
通常の一撃必殺技と同じように「テンションゲージが最初から消滅してると出せない」
のではないかと思いました。

これを検証するためには、まず最初になんらかの方法で
殺界成立後の一撃必殺技部分をスカらせる必要があります。
当たったら死んじゃいますから。

そうした上で、テンションゲージが消滅したあと、
改めて殺界を当てることでどうなるかを確認します。



肝心の殺界成立後の一撃をスカらせる方法ですが、
現在では某氏の強力な支援により、以下のやり方が確認されています。

強化ゼイネストに捕縛されている相手にGGモードテスタの殺界を当てると・・・ 

GGモードのファウストの殺界をクリフに当てると・・・ 

ホーミングジャンプ中の相手にチップの殺界を当てると 

ミリアの殺界スカしの方法

GGモードの殺界を空中立ち状態で当てると・・・ 

一番簡単なのは上から2番目のファウストがクリフに殺界をあてるものです。

なお、検証する際にはトレーニングモード以外で行う必要があります。
トレモではテンションゲージが消滅してもすぐに復活してしまうからです。



さて検証結果ですが、結局のところ
テンションゲージが消滅していても殺界やその後の一撃部分には何の変化もない
という極めて退屈な事実が判明しました。

また、GGモードは一撃準備が行えませんが、
この方法を使えば強制的に一撃準備完了状態にすることができます。
しかし一撃準備完了状態でも、殺界には何も変わったことは起こりませんでした。
僕は怒りました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する