もう幼ければなんでもいい

イグゼレイザーに関するバグ

今回のネタも、Twitterで某残念さんに教えていただいたものです。
本当にありがとうございました。


聖ソルのドラゴンインストールの殺界のラストのナパームデス部分の暗転が発生した瞬間に、
聖ソルが相手の攻撃を受けると攻撃した側のみ一定時間停止します。
これが原因で、この瞬間に特定の一撃必殺技などを喰らうとさまざまなバグが発生します。

ガンマレイやドラゴンインストールの暗転でも同様のことが起こせますが、
殺界ナパームデスの暗転の場合は停止時間がこれら2つよりも更に長く、
より多くのバグを起こすことができます。

その中のひとつが、殺界ナパームデスの暗転の瞬間に
ジャスティスの一撃必殺技イグゼレイザーを当てた時のバグです。





通常の聖ソル相手ではナパームデス暗転に対して攻撃を当てることは不可能なので、
「初段さえ当たればあとは完全に自動派生」という性質の金聖ソルを使う必要があります。



イグゼレイザーが上手くナパームデスの暗転と同時にヒットし、
起き上がった聖ソルがガード(FD)入力などをしていると、
その後宇宙に連れて行かれた後も聖ソルが動ける状態になっていることがあります。
この状態で何か技を出そうとすると、その動作の1F目で動きが停止します。


・動画の前半のネタについて
最後の爆発の直前にタイランレイブLV3を出すと見事即死を回避でき、
聖ソルは空中立ち状態になります。
(EX聖ソルのVV1段目相殺キャンセルでも空中立ち状態になることが可能。)


・後半のネタについて
宇宙へ行ったあとシュトルムヴァイパーを適当なタイミングで出しておき、
その動作の1F目で停止しておくと、
最後の爆発部分と相殺することができます。
この後ジャスティスが相殺キャンセルでイグゼレイザーをキャンセルすることで、
「暗くなった背景を元に戻す」処理が行われなくなり、
画面が真っ暗なままになります。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する