もう幼ければなんでもいい

お店経営ARPG『悠遠物語』

Image479.png

『悠遠物語』はウディタ製のアクションRPGです。
強豪犇く前回のウディコン(ウディタゲーム投稿大会)において、
堂々と1位を勝ち取った名作です。

悠遠物語 公式ページ

ScreenShot_2012_0811_20_24_13.png


 
 
 
Image481.png

ScreenShot_2012_0926_17_00_03.png

↑こんなゲーム。

お店を経営しながらまったりと適当にイベントを進めて行くゲーム・・・ではなく
割とシリアスなストーリーを進めていきながら、
その合間合間にお店を適当に経営していくという、かなり珍しいゲームになってます。

開始5秒でゲーム全体から迸る名作臭は、決して期待を裏切りません。
キャラクターやストーリーと言った物語としての面、
お店経営や戦闘要素などのゲームとしての面が、素晴らしいバランスで両立されています。
その上でボリュームは10時間を軽く越えてしまう内容なので、
どっぷりとハマり込むことができます。

・・・それだけに、まだストーリーが半分しか完成していないのが非常に残念です。


ウディコンに投稿された時点では、Ver0.49の状態であり、
つまりその時点ではストーリーを半分までしか進められない段階でした。

ウディコンが終わり1ヶ月ほどが経ちましたが、
現時点では追加パッチはウディコン終了直後に実質的に1度出ただけであり、
Verも0.5になってストーリーもほんの少しだけ進んだだけです。

ウディコンバージョンであるVer0.49ではスッキリしたエンディングを迎えられます。
ところがその後の追加パッチを適用したVer0.5ではその後日談が描かれるのですが、
それがVer0.49の結末を全てぶち壊すかなり後味の悪いところで終わっています。

0.49の時は一応のエンディングを迎えての終わりだったため感じませんでしたが、
0.5になって「ああやっぱりこのゲームは未完成なんだな」と実感できてしまうのが悲しいです。
ウディコンではユーザーに配慮したのか、それとも別の考えがあったのか、
意図的に0.49のものを投稿したんでしょうね。

そんな経緯があって個人的にはVer0.49のほうをお勧めしたいくらいなんですが、
既にウディコン公式HPからはダウンロードできないようです。

中途半端なところで終わっても、
寛容な心でゆっくり完成版を待てる人なら迷いなくプレイすべき作品でしょう。
逆に言えば、そうでない人にとっては完成版が出るまでプレイは控えたほうがいいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する