もう幼ければなんでもいい

地上からの最速低空空中ダッシュ通常技の発生Fの計算方法

 
 
 
地上からの最速低空空中ダッシュ通常技の発生フレームの計算方法について。



最速低空空中ダッシュ通常技の発生Fを求めるには、以下の情報が必要です。

ジャンプ移行フレーム
「ジャンプ移行フレームの終了直後から(=空中判定になった瞬間から)、
 空中ダッシュが可能になる高度に達するのにかかるフレーム」

空中ダッシュが開始されてから、通常技を出せない制限時間のフレーム
④空中通常技の発生

①+②+③+④が、そのまま最低空空中ダッシュ通常技の発生Fとなります。
(パソリロエミュレータ(仮)で確認しました)



例えばソルで地上から低空ダッシュJPを出す場合。
このJPの発生F、というより発生までにかかる時間を計算してみましょう

①、ソルのジャンプ移行フレームは3Fです。

②、これが問題で、この数値はソルの場合はジャンプとハイジャンプの場合で異なります。
ジャンプの場合は4F、ハイジャンプの場合は3Fです。

③、ソルの空中前ダッシュ制限時間は6Fです。
ちなみに空中バックダッシュも6Fです。

④、ソルのJPの発生は5Fです。


・・・従ってソルの低空空中ダッシュJPにかかる時間は、
ジャンプからの場合は3+4+6+5で18F
ハイジャンプからの場合は3+3+6+5で17Fとなります

もちろん、これは理論上最速で出した場合という前提です。

ちなみに、ソルには「立ちHS>低空ダッシュJP」というコンボパーツがありますが、
立ちHS(攻撃レベル5の通常技)の受身不能時間は18F
通常ジャンプからだと一切の遅れが許されない厳しいコンボですが、
ハイジャンプからならば1F分だけ遅れても大丈夫ということになります

(もちろんハイジャンプにする分、入力は忙しくなります)

実際、実戦でこのコンボを決めてるソルって、ちゃんとハイジャンプでやってるんですよね。
それでもなお猶予が厳しいコンボではありますが。



と、いうことで計算方法は以上の通りです。
では次に、「この計算に使う数値のデータはどこで調べればいいのか」ということについて。

おすすめは家庭用PS2&wii無印ACのコンプガイド。
これの196ページに、①(ジャンプ移行フレーム)も②(空中ダッシュ可能になるまでの時間)も
③(空中ダッシュ&空中バックダッシュ後の行動制限フレーム)も、
すべてひとつの表にまとめられています。

ACコンプガイドをお持ちでない方は、ACムックを使いましょう。
259ページに②と③がまとめられた表があります。
ただし、なぜかACムックにはジャンプ移行フレームが載っていないため、
①を調べる時にはGGXXwikiのジャンプ移行フレームのページを使いましょう。

なお、家庭用SLASHコンプガイドの255ページにも②と③がまとまった表がありますが、
これは絶対に参考にしないでください
数値が明らかに滅茶苦茶です。
そもそも前述の通りジャンプとハイジャンプで最低高度になるのにかかる時間が異なるはずなのに、
何の説明もなく一種類の数値しか出していない時点で怪しさ満点です。
しかもその数値自体、ACムックやACコンプガイドの数値と全然違いますし。
SLASHからACになってこのあたりのデータが変更されたという可能性は、
調べた限りでは青リロとACでこのあたりのデータに相違が殆ど無さそうだった時点でほぼ皆無です。
やっぱりSLASHコンプガイドの記述がおかしいだけかと思います。



最低空空中ダッシュ通常技発生Fの計算に必要な数値まとめを作りましたので、
もしよければご利用ください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する