FC2ブログ

もう幼ければなんでもいい

『FREEDOM PLANET』日本語訳 その9

Image762.png


Steamで販売中の『FREEDOM PLANET』の日本語訳。

ファイナルステージ~エンディングまで



注意
・ネタバレ注意
・滅茶苦茶な翻訳注意(俺には難解な英文が多いです…)
・登場人物のしゃべり方は個人的なイメージを反映させています



・前後へのリンク
『FREEDOM PLANET』日本語訳 その8




ファイナルステージ、宇宙戦艦ドレッドノート。
ドレッドノートは4つのステージによって構成されている。

ステージ1の最中、ブリヴォンの言葉が艦内に響き渡る。

原文:BREVON「We have intruders on the ship! Mobilize!」
翻訳:ブリヴォン「侵入者だ!迎撃せよ!」

その後、再びブリヴォンの言葉。

原文:BREVON「We have intruders on the ship! Mobilize!」
翻訳:ブリヴォン「そいつらを捕らえろ!」

その後、再びブリヴォンの言葉。

原文:BREVON「Open the airlock!」
翻訳:ブリヴォン「エアロックを開けろ!」

これ以降、ステージの各所に宇宙に放り出される即死ポイントが出現する。

その後、再びブリヴォンの言葉。

原文:BREVON「Run while you still can, creature!」
翻訳:ブリヴォン「走れるまで走るがいい!」

ボス出現。
撃破してステージ2へ。

ステージ2の最中、通信でブリヴォンが語りかけてくる。

原文:BREVON「You're forgetting something important about our troops.」
翻訳:ブリヴォン「お前は我が軍に関して大切なことを忘れている。」

原文:BREVON「They don't...」
翻訳:ブリヴォン「この者たちには…」

原文:BREVON「...need...」
翻訳:ブリヴォン「…必要ないのだ…」

原文:BREVON「…oxygen!」
翻訳:ブリヴォン「…酸素がな!」

これ以降、艦内の空気が消滅。
一定時間経つと即死。

ステージ2のラスト。
サーペンティンがいるが、様子がおかしい。

Image726.png

目が赤く、体が震えている。
突如、サーペンティンの体が巨大化し、変貌を遂げた。
サーペンティンを倒すと、彼は巨大化したままの鎧だけを残して姿が消えていた。

Image728.png

ステージ3、またブリヴォンの言葉が聞こえてくる。

原文:BREVON「Ohhh nooo! My ship is being infiltrated! What ever shall I do?」
翻訳:ブリヴォン「ぐぬぬぬ!私の船がここまで侵入を許すとは!どうしてくれようか?」

原文:BREVON「How about THIS.」
翻訳:ブリヴォン「コレでどうだ。」

これ以降、ただでさえ激しかった敵の猛攻が、それまでとは比べ物にならないほど激化する。

ステージ3のラスト。
主人公はキングダムストーンが安置されている場所を発見。

Image729.png

トルクから預かったチップを使ってキングダムストーンを利用しているシステムを強制終了させようとするが、ブリヴォンに発見される。
しかもミラが人質に取られている。
ブリヴォンは毒刃で、ミラを軽く攻撃する。
これをやるからミラを返せと、すぐにチップを渡す主人公。

Image731_20140804151243943.png

ブリヴォンはチップを受け取ってその場を去るが、ミラは倒れ付したまま動かない。

心配して近寄ると、ミラは起き上がったが、やはり様子がおかしい。
目が赤く、体が震えている。

Image733_20140804151242734.png

Image734.png


直後、ミラは原型すら残っていない化け物と化した。


Image735_2014080415130033a.png

Image736_20140804151258916.png


ミラを倒すとミラは元の姿に戻るが、主人公の呼びかけに答えることはなかった。

Image738_20140804151257cad.png

主人公は涙を拭い、前に進む。

ラストステージ。
触れたモノを瞬時に消滅させるレーザーを掻い潜りならブリヴォンの元へ。



Image739_2014080415125556e.png

原文:CAROL「What you did is unforgiveable!」
翻訳:キャロル「お前のやったことは絶対に許せない!」
(ライラック主人公時でもまったく同様の台詞。)

原文:BREVON「I have no use for forgiveness, esp. from someone who puts my homeworld at risk for an oversized battery.」
翻訳:ブリヴォン「許される必要などない。特に、私の世界に危機をもたらすような者からはな。」

原文:BREVON「I offer you one final chance. Leave. Now.」
翻訳:ブリヴォン「最後のチャンスをやろう。ここから去れ。今すぐに。」

原文:CAROL「NO! You're DEAD!」
翻訳:キャロル「断る!お前だけは殺してやる!」
(ライラック主人公時は、無言でブリヴォンを睨み付けるだけで台詞はなし。)

原文:BREVON「So be it.」
翻訳:ブリヴォン「…そうか。では死ぬがいい。」

最後の戦いが始まる。
専用のロボットに搭乗した状態で戦うブリヴォンとのバトル。
勝利すると会話が発生。

■主人公キャロル時
原文:CAROL「YEAH! In your FACE!」
翻訳:キャロル「どうだ!思い知ったか!」

原文:CAROL「I'll be taking that Kingdom Stone now!」
翻訳:キャロル「キングダムストーンは返してもらうぞ!」


■主人公ライラック時
原文:LILAC「Your machines won't save you from the dragon you've unleashed! I WILL DESTROY EVERYTHING YOU THROW AT ME!」
翻訳:ライラック「そんなマシーンじゃ、竜の怒りは抑えきれないわよ!何が飛んでこようとも粉々に破壊してやる!」

原文:LILAC「I WILL MAKE YOU PAY FOR WHAT YOU HAVE DONE!!」
翻訳:ライラック「貴様の犯した罪を償わせてやるっ!!」

壊れかけのロボットを自ら破壊し、完全に生身となったブリヴォンが現れる。

原文:BREVON「I'd like to see you try.」
翻訳:ブリヴォン「やってみろ。」



死闘の果てにブリヴォンを撃破すると、戦艦が大爆発を起こす。

Image741.png

(ライラック主人公時のみ、ブリヴォンにトドメを刺すときに以下の台詞が発生。

原文:LILAC「Nobody...hurts...Milla!!!」
翻訳:ライラック「よくも…ミラをっ!!!」)

いつの間に用意していたのか、トルクは他の宇宙船でライラックとキャロル、そしてミラを連れて脱出。
その後、雪原にて。

Image746.png

原文:CAROL「She's alive!」
翻訳:キャロル「生きてるよ!」

ミラは生きていた。
ベッドで寝ているミラのもとに急ぐ3人。
ミラは既に目を覚ましていた。

Image748.png

原文:MILLA「I'm sorry...」
翻訳:ミラ「ごめんなさい…」

ミラ、号泣。
つられてキャロルも目に涙を浮かべる。

原文:LILAC「You weren't yourself. It's okay.」
翻訳:ライラック「自分を責めないで。大丈夫よ。」

原文:LILAC「It's okay.」
翻訳:ライラック「大丈夫、だから。」



Image749.png

原文:LILAC「I couldn't save it... I couldn't even stop him from getting away...」
翻訳:ライラック「キングダムストーンを守れなかった…。あいつが逃げるのを止めることすらできなかった…。」

原文:TORQUE「Don't beat yourself up. Brevon didn't get the stone, and his army was destroyed with his ship.」
翻訳:トルク「気にするなよ。ブリヴォンの手にストーンが渡ることは防げたし、奴の軍勢も船とともに消えた。」

原文:TORQUE「Thanks to you, our mission is complete.」
翻訳:トルク「ありがとうみんな、俺たちの任務は完了だ。」

原文:LILAC「But at what cost? How are we going to survive without any more energy?」
翻訳:ライラック「けれどこれからどうすればいいの?キングダムストーン無しに、私たちはどうやって生きていくというのよ?」

戦艦ドレッドノートは、キングダムストーンを載せたまま爆発してしまった。
当然ストーンも無事ではないだろう…と思いきや…

原文:CAROL「Uhh, Lilac...You might wanna look up.」
翻訳:キャロル「えーっと…ライラック…真上、見てみて。」

何事かと思い空を見上げるライラック。
そこいは光輝く粒子が渦巻いていた。

Image751_201408041519104c5.png

感嘆するミラ。

原文:LILAC「It's....It's not destroyed?」
翻訳:ライラック「ストーンは…ストーンは壊れていない…?」

原文:LILAC「It must have changed form!」
翻訳:ライラック「形を変えて…残っている!」

原文:TORQUE「Call me impressed...」
翻訳:トルク「感動的だな…」



そして字幕という形で、空を眺めるマジスターの胸中が語られる。

Image759.png

原文:字幕「An opportunity has fallen to our world.」
翻訳:字幕「ひとつの転機が私たちの世界に舞い降りた。」

原文:字幕「We realize that the Kingdom stone was never fading, but changing in ways that were transparent to us in our lust for power and prestige.」
翻訳:字幕「私たちはキングダムストーンが永久に力を失わないものだと知っていた。けれども人間たちのみっともない権力と名誉のせいで、明らかに変わってきている。」

原文:字幕「The wind carries its eternal glow to the furthest reaches of our lands, and former enemies extend their hands to one another, acknowledging the error of their ways.」
翻訳:字幕「風は大陸中に永遠の輝きをもたらした。敵対していた2つの国は、お互いの悪いところを認め合い、お互いに歩み寄った。」

原文:字幕「Creatures both mutant and metal still ravage the landscape, and it will be some time before we can dispose of them once and for all.」
翻訳:字幕「人を襲う怪物やロボットは未だに暴れており、私たちが完全に駆除できるまでは時間がかかるだろう。」

原文:字幕「Perhaps most troubling of all is that Load Brevon, the monster who threw our world into chaos, is nowhere to be found.」
翻訳:字幕「そしておそらく何よりも厄介なのは、私たちの世界を大混乱に陥れたあのブリヴォンの死体がどこにも見つからないということだ。」

原文:字幕「There is still much work to do done. We are not completely out of danger, but my people and I will rest easy tonight, knowing that the bravery and sacrifice of a select few have given our world another chance.」
翻訳:字幕「やるべきことは多い。危険が完全に去ったとは言えない。けれど、今夜は少し休もう。勇者の勇気と犠牲により、この世界にいま一度機会が与えられたことを思いながら。」





そして、全てを終えたトルクが宇宙に帰る時がきた。

Image761_201408041519452a2.png

原文:TORQUE「I never got to properly thank you all for helpng me.」
翻訳:トルク「俺を助けてくれたみんなのこと、絶対に忘れない。」

原文:CAROL「Hey, we're buds! That's what buddies do.」
翻訳:キャロル「ぼく達は友達じゃん!友達なら助けるのは当たり前だよ!」

原文:TORQUE「Well, on behalf of the Coalition of Planets, you have our sincerest gratitude.」
翻訳:トルク「ありがとう、惑星連合を代表して心から礼を言わせて貰うよ。」

原文:LILAC「Pssh, c'mere, you!」
翻訳:ライラック「みんな、こっちへ!」

3人がトルクの周りに集まる。

原文:TORQUE「Thank you.」
翻訳:トルク「はは、ありがとう。」

原文:LILAC「So I guess this is it, huh?」
翻訳:ライラック「…それじゃあ、これでさよならね?」

原文:MILLA「I'm gonna miss you...」
翻訳:ミラ「さみしくなるね…」

原文:CAROL「Me too...」
翻訳:キャロル「ぼくも…」

原文:TORQUE「Well, who knows? I could be coming back sooner than you hink. Until then, just take care of yourselves. The world needs you.」
翻訳:トルク「まだなんとも言えないが、俺はきっとみんなが思ってるよりも早くまたこの星に来ると思うんだ。だからそれまで、待っていて欲しい。世界はキミたちを必要としているんだ。」

トルク、宇宙船の中へ。

原文:GONG「See ya aroud, spaceman!」
翻訳:ゴン「さらばだ、宇宙の方よ!」

原文:MILLA「Goodbye Torque!」
翻訳:ミラ「さようなら、トルク!」

原文:CAROL「Bye Torque!」
翻訳:キャロル「ばいばい、トルク!」

原文:LILAC「See you soon!」
翻訳:ライラック「また会いましょう!」

みんなが見守る中、宇宙船は空に向けて飛び立った。

スタッフロール。
(ここで実はサーペンティンが生きていたことが発覚。)




Image762.png


FREEDOM PLANET
THE END

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する