もう幼ければなんでもいい

3DSダウンロードソフト『蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト』感想



『蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト』公式サイト

蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルトは3DSのダウンロード専用ソフトです。
価格は2000円。
ジャンルはライトノベル2Dアクションで、一言で言うと現代風ロックマンって感じです。





【よかった点】
基本的にはロックマンと同じようなゲーム構成になっている正統派アクションゲームです。
ステージ周回による素材やお金の収集要素、そして各種いろんな装備やLV、ステータスの概念があり、
原作よりも結構アクションRPGの要素が強くなっております

良作のGBAのゲームを思い出させるような綺麗なドット絵のグラフィックに加え、アクションゲームとして王道的に面白いです。
そしてスピード感もあります。
レトロゲームが好きな人ならばまず間違いなく楽しめると言えると思います。

難易度はやや低め…というか主人公がおそらく数あるアクションゲームの中でもチートの中のチートの能力の持ち主で、
「プレイヤーが気をつけていれば」即死攻撃以外で死ぬことは一切無くなります。
そして相手が頻繁に即死攻撃をしてくるかと言えば、そうでもなく…。
「プレイヤーが気をつけていれば」というのがミソで、実際には難易度はそこまで低くはないかもしれません。
ですが、レベルや装備によって主人公を強化することができるため、腕に自信が無い方でも頑張ればきっとクリアできるかと思います。
このへんのバランスが凄く絶妙で新鮮で、楽しかったです。

ストーリーや文章は厨二全開。
「俺の光速さ(はやさ)の前では音速い(おそい)ぞガンヴォルト!」
言い回しにセンスがありすぎです。
こういう要素が実は好きならば絶対におすすめできますね。

cyan_bg.png

超可愛い。



【悪かった点】

ストーリーは基本的に、ステージの攻略中に会話メッセージが流れたままプレイする形で追っていく形になります。
会話ウィンドウがプレイの際に邪魔になりがちでぶっちゃけトラップより遥かにタチが悪いです。
何度か不可視の穴に落ちて死にました。

会話ウィンドウはボタンひとつでON OFFできるのですが、OFFにするとなぜかゲーム中にボイスが流れないようになってしまい、
再びボイスをONにするにはわざわざオプションで設定する必要があるのは正直意味不明です。
それに会話メッセージは非常に長く、普通にプレイしていると全部聞けません。っていうか全然聞けません。
(会話が終わる前に次の会話発生ポイントやゴールについてしまう)
会話をすべて聞くためにはその場でひたすら待ち続ける必要があり、せっかくのテンポの良さがゴミ以下になります。

あと、この手のゲームだとBGMが重要になってくると思うんですが、
このゲームで記憶に残った曲は何もありませんでした。
どれもそれっぽいんですが、なんかそれだけで、無味無臭というか…。
BGMがストーリーや演出と絡んでいたりなどもありません。
この点では同じく最近でたアクションゲーム、Shovel knightは凄かったんだなあと再認識。

もう幼ければなんでもいい 2Dアクション『Shovel Knight』が凄い!面白い!



悪い点、というかストーリーの演出の仕方は擁護不可能レベルですが、そこさえ目を瞑れば十二分に良作です。
2000円では安すぎるというくらいに。

また、期間限定で今このゲームを購入すると、こちらのゲームもおまけでついてきます。
マイティガンヴォルト
まだ発売されていない「mighty9」というゲームとのコラボ作品です。
こっちは未プレイですが、面白そう。

42889656_p0.png

マイティ9も楽しみです。
発売来年だけどね…。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する