もう幼ければなんでもいい

画面を録画するツール、『ロイロゲームレコーダー』がスゴい

PCの画面を動画ファイルとして録画するツールは昔からいくつもありました。
けれどそのほとんどが動作が重すぎてカクカクになったり、
設定の仕方や使い方がよくわからなかったり、
広告が入ったり、録画できる時間に制限があったり
と、難点があるものばかりという印象でした。

そんな中、ロイロゲームレコーダーという動画キャプチャツールを見つけました。
FF14を使ってテストをしたという記述があるのでかなり最近配布されたもののようです。

こちらからダウンロードできます。
http://loilo.tv/jp/product/game_recorder



ロイロゲームレコーダーは永久に完全無料ですが、
インストールすると販促としてLoiLoScopeという有料ツールの体験版もついてきます。
普通に消せるので、邪魔だったらLoiLoScope体験版を削除しちゃいましょう。
(自分の場合、Cドライブ\Program Files\LoiLo\LoiLoGameRecorderにゲームレコーダーが、
Cドライブ\Program Files(x64)\LoiLo\LoiLoScopeにLoiLoScope体験版がインストールされてました。)



このロイロゲームレコーダー、ちょっと使っただけでもスゴいツールだということがわかりました。

まずなんといっても、直感的な使いやすさを極限まで追求したデザイン。

roiro1.png

そうそう、こういうのでいいんだよこういうので!

一応使い方を解説すると、録画したいゲームのウィンドウを選択して、
録画ボタンを押すか、録画開始/終了のショートカットを押すだけ。
録画したいゲームをアクティブにすると勝手にターゲットにしてくれます。
上の画像のフォルダマークをクリックすると録画した動画を保存したフォルダに飛べます。

で、上の画像の歯車のようなマークをクリックして開けるオプション画面もこれまたシンプル。

roiro2.png

シンプル!シンプルイズベスト!
設定できる箇所は少ないものの、だからこそ分かりやすい。
そして、ここさえ設定できれば十分だろうというところだけが設定できるようになっています。
FPSも1~60の間で13段階に分けて設定できます。



そして肝心の動画録画の性能はどうなのかというと、これまたデザインに負けないくらいのスゴさ。

僕のPCはあまり高性能とは言えないのですが、
FPS60高品質という設定で、1128×982サイズのゲームをまったくコマ落ちすることなく録画できました。



(まあウィンドウズムービーメーカー2.6で編集すると画質もFPSもアレになるわけだが)

ただ、完成した動画ファイルはめっちゃサイズの大きいaviファイルなので、
その後他の動画編集ソフトで圧縮などしたほうがいいかと思います。
aviutlとか。



唯一、明確に他の動画キャプチャツールに劣る面は、
画面上の指定した範囲のキャプチャができないという点。
あくまで指定したゲーム(ウィンドウ)の録画をするだけであって、
録画する範囲を細かく手動で指定はできないということ。
ただこういうツールを使う時は大抵ゲームの録画が目的でしょうので、あんまり問題ないかと思います。





PCの格闘ゲームでコンボムービーを作りたい、なんて時には是非コレを。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する