もう幼ければなんでもいい

【Xrd SIGN】空中で地上通常技を放つネタ





ファウストでブラックホールを4つ出したあと、ポチョムキンがダストホーミングジャンプからPボタンを連打します。
すると、ブラックホールに引き寄せられるせいなのか、最初のJPの次からは立ちPになります。
つまりダスト>JP>立ちP立ちP立ちP…となるわけです。

このままずっと立ちP連打を続けていると、
ブラックホールの効果が切れるあたりでポチョが立ちPをしながら浮き上がります
この最後の立ちPのところを他の地上通常技に変えることも可能です。
動画だと6HSに繋いでいますね。
6Kに繋ぐとポチョが空中をフワッと浮きながら突進したりします。

これはどうやら、ホーミングジャンプによる相手を追尾する動きが原因となっているようです。
ブラックホールの効果が切れたことで、ホーミングジャンプで空中の相手を追尾したということなのでしょう。
そのため、相手がいる場所に応じてポチョの浮き方は変化します。
相手の受身設定を前、後ろ、ニュートラルでそれぞれポチョの動きが変わることもあります。



ここからややコアな話になりますが、このネタをやる際にはダストホーミングジャンプから普通に着地してから通常技を放つのでは不可能です。
必ずダスト>JPから地上通常技に繋ぎ、その後もガトリングを続ける必要があります。
おそらくはJP>地上通常技という流れだとポチョムキンが常に攻撃モーションであり続けるため、
「ホーミングジャンプコンボ中」という扱いが継続され、その後の追尾も発生するのだと思われます。

逆に言えばポチョがニュートラル状態になった瞬間にホーミングジャンプコンボは終了したということになり、
追尾も無くなるということだと思います。



もっとも簡単なのがポチョだったので今回の例にはポチョを出しましたが、他キャラでも可能です。
ただやり方が少々複雑なので、解説は後日。

ただ、ファウストだけは殆どポチョと同じ要領で可能です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する