もう幼ければなんでもいい

【Xrd SING】GGXXAC、ACPRとの基礎データの比較

http://wiki.4gamer.net/ggxrd/基礎データ一覧
こちらと並行してお読みください。

【キャラクター固有値:防御力関連】

GGXXACPRとの違い

・防御係数
エディの防御係数が1.06→1.09(やわらかくなった)。
ポチョの防御係数が0.87→0.93(やわらかくなった)
ヴェノムの防御係数が1.06→1.03(硬くなった)


・R.I.S.C.回復力
XXシリーズのガードバランス回復力と同じものだとする。
ガードバランス回復力は、高い、普通、低いの3段階だったが、Xrdでも4、5、6の3段階。
なので高い=4、普通=5、低い=6として比較する。
(数値が大きいほどリスクゲージの回復が遅い。
公式の解説が間違っている模様。)

…比較した結果、ACと何も変わってないらしい。
ううむ。
これまでの解説に何か意味あったんだろうか。


・R.I.S.C.防御力
GGXXACではガードバランス防御力が以下のようになっていた。

gb.png


5段階である。
Xrdでは表記こそ変わっているものの同じく5段階になっていて、以下の通り。

【26】ファウスト
【28】スレイヤー
【32】ソル カイ メイ ザトー ポチョ アクセル ヴェノム イノ
【36】チップ
【40】ミリア


数値の持つ意味は厳密にはわからないけど、少なくともリスクゲージ防御力(ガードバランス防御力)は、
ACからそのままそっくり同じ順位になっている。


・気絶耐久値
これ自体は何も変わってないようだ。


・根性値
XXシリーズでは0~5の6段階だったのが、Xrdでは0~4の5段階になった!
過去作品との比較は以下の通り、
ACPR→Xrd

ソル 1→1
カイ 2→2
メイ 3→3
ミリア 3→3
ザトー 0→0
ポチョ 4→3
チップ 4→4
ファウスト 0→0
アクセル 1→1
ヴェノム 1→1
スレイヤー 2→1
イノ 1→1

ポチョとスレイヤー以外はそのまま。
6段階から5段階になったことで各キャラがそれぞれ細かく5段階に振り分けられた…というわけではないらしい。
基本的に、XXシリーズで根性値が5だった梅喧と闇慈が両方消滅したから5段階にしただけ、と考えても良さそう。


・重量
XXシリーズでは6段階だったのが4段階に変化。
XXシリーズでソルと同じ重さは中量級、
ソルより軽いキャラは軽量級、
ソルより重いキャラ(ポチョ)は超重量級となった。
重量級なのは新キャラのベッドマン、レオのみ。


【キャラクター固有値:各移動行動】

ACムックにも同じ情報は載っているので比較は可能だけど面倒くせえ!



【バックステップ】

ACPRと比較

イノ
全体16無敵11Fまで → 全体16F無敵8Fまで
スレイヤー
全体28F無敵19Fまで → 全体28F無敵19Fまで+20F目に打撃無敵



【ジャンプ移行】
AC→Xrdでの変化

ファウストのジャンプ移行 4F→3F

それ以外変更なし。
ちなみにACのジャンプ移行フレームデータは家庭用攻略本でのみ見ることができる。



【起き上がり時間】
AC→Xrdでの変化

チップのうつぶせダウン時間 21→24
イノのうつぶせダウン時間 20→21

ちなみにACではこれも家庭用攻略本でのみ見ることができる。



【根性値によるダメージ補正】

根性値はXXシリーズでは6段階、Xrdでは5段階となっているが、
前述した理由により、XrdではXXシリーズに存在した根性値5が無くなっただけと考えて、
残った0~4の同じ数値同士を比較する。

ACとXrdの根性値に関する表をまとめると以下のようになる。

xrd 根性値

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する