もう幼ければなんでもいい

【Xrd SING】ヒットバック・ノックバックの仕組み

画面中央で相手を殴ると相手がのけぞって後退します。これがヒットバック。
完全画面端の相手を殴ると逆に自分が後退します。これがノックバック。

…で、合ってます、よね。



XXシリーズではノックバックは、
コンボ時間が1秒経過した時点から増え始め、8秒経過した時点で最大となりデフォルトの2倍の距離だけノックバックをうける
というシステムになっていました。

反面ヒットバックはそういった補正は無く、
例えば長いよろけ+引き戻し効果のあるアクセルの2HSを画面中央で何度相手に当てても特に変化は起きませんでした。



20150728-223018.png

上はポチョがしばらくコンボしたあとで密着立ちHSを当てたあとの画像。
下は密着で単発立ちHSを当てたあとの画像です。
やっぱりXXではヒットバックが増加する補正は無かったようです。





一方でXrdではコンボ時間が長くなると画面中央でのヒットバックも増加していくようです。



20150728-235506.png

上はアクセルが単発で密着2HS1段目RCを当てたあとの状態で、
下は10秒ほどコンボをしたあと密着2HS1段目RCを当てたあとの状態です。


露骨にヒットバックが増加していることが分かります
詳しくは調べていませんが、XXでのノックバックの増加の仕方と大体同じような増加の仕方のように思えました。



また、ヒットバックの増加とともに引き寄せ距離も増加するようです。


20150729-002042.png

コンボ開始直後だと2HSの2段目の引き寄せ効果で引き寄せるのはこれくらいですが…



20150729-002241.png

長いコンボのあとだとかなり引き寄せます。





また、ヒットバックの増加はあくまで地上喰らい時限定で、
空中ヒットさせた場合は吹き飛ばし距離が延びる、ということはありません。


ここがノックバックの増加とは微妙に違う点ですね。





そもそも地上コンボが長くなることは少ないこのゲームですが
一部キャラはこれのせいでできないコンボというものもあるようです。
永久対策の一環なのでしょうか。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する