もう幼ければなんでもいい

【Xrd SIGN】通常ガードした際のテンションゲージ増加量の仕組み

通常技、及び必殺技をガードさせ続け、テンションゲージが0%から100%になるまでに必要なガード回数を調べました

結果は以下の通りです。

・テンションゲージが0%から100%になるまでに必要なガード回数
ソル2S(攻撃力25):420回 (ガード1回のTG増加量→約0.24)
メイ立ちHS  (50):212回 (ガード1回のTG増加量→約0.47)
エディつつく  (25):76回 (ガード1回のTG増加量→約1.32)
旧ファフ    (50):38回 (ガード1回のTG増加量→約2.63)
ガンフレイム  (50,削り2倍):19回 (ガード1回のTG増加量→約5.26)



まず、通常技と必殺技でガードした時のTG増加量がだいぶ違うことがわかります。

ソル2S(攻撃力25):420回 (ガード1回のTG増加量→約0.24)
メイ立ちHS  (50):212回 (ガード1回のTG増加量→約0.47)

通常技をガードさせた時のゲージ増加量は攻撃力に比例しています。
通常技をガードさせた時のTG増加量は大体攻撃力÷100くらいのようです。
ただ、攻撃力50でもガード時TG増加量は0.5%にも届かない程度なので、気にしなくても良いかもしれません。





次に必殺技を比較してみましょう。

エディつつく  (25):76回 (ガード1回のTG増加量→約1.32)
旧ファフ    (50):38回 (ガード1回のTG増加量→約2.63)
ガンフレイム  (50,削り2倍):19回 (ガード1回のTG増加量→約5.26)

エディつつくと旧ファフ(昔のバージョンのファフ)を比較すると、
必殺技をガードした時のTG増加量も攻撃力に比例することがわかります。
更に、旧ファフとガンフレイムを比較すると、削りダメージが倍になればその分ガード時TG増加量も倍になることが読み取れます。

必殺技をガードさせた時のTG増加量は大体攻撃力÷20くらいのようです。
攻撃力10ごとにガード時TG増加量が0.5増える、と覚えたほうがわかりやすいかもしれません。

ガンフレイムの場合、もともとの攻撃力が50のところに、削りダメージ2倍の性質により攻撃力100扱いとなり、
ガード時TG増加量が約5になるといった感じですね。






攻撃力や削りダメージが高い技をガードするほどTGが増える仕様です。
実は計算式も含めてこのあたりのシステムはXXシリーズとほぼ同じでした

ソルのガンフレイムはガードすると削りダメージが最大12TG増加量は約5%。(火柱によって変化)
ファウストの爆弾やオイルの引火(共に攻撃力80の削りダメージ2倍)はガードすると削りダメージが20TG増加量は約8%

FDすれば削りダメージは防げるものの、削りダメージが高い技ほどFD時のゲージ消費量は大きい
(この件は明後日にまた記事を書きます)ので、通常ガード時とFD時のテンションゲージ差はそこそこ大きくなります。



無難にFDか、リスクを負ってゲージを確保するか。
あなたはどっちだ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する