もう幼ければなんでもいい

【Xrd】敬意、挑発を使って相手とは逆方向に必殺技を出すテクニック

敬意や挑発は後半を必殺技や通常技などでキャンセルできます

そして不思議なことに敬意や挑発中に相手に裏回られた場合、
なぜか1P側のコマンドでも2P側のコマンドでも必殺技を出すことができます



20150905-070236.png

たとえば画像の状況だと、1P側でソルが左側を向いて敬意をしています。
この場合は、214Sでも236Sでもグランドヴァイパーが出せます。

そして面白いことに、GVを214S(つまり画面通りに1P側の入力)で出すと普通に相手に向かってGVを放つのですが、
236S(つまりソルが向いている方向を基準とした入力)で出すと相手とは逆方向に必殺技を出します


20150905-070549.png





また、ソルは(1P側で)214Kならライオットスタンプ、236Kならバンディットリヴォルヴァーの必殺技を出せます。
このような必殺技の持ち方をしているとどうなるかというと、上の画像の状況の場合、
214KでBRを、236KでRSを相手とは逆向きに出します。
つまり逆向きにしか出せません。

1P側にいるという情報よりも、左側を向いている(=本来なら2P側のいる状態である)ことのほうが重要視(?)されている感じですかね。

当然この状態でRSを出すと、相手に向かってソルが下がっていくという通常ではまずありえない挙動が可能です。

20150905-072225.png

俺のケツを喰らえカイィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ

もちろん、他にも色々と新鮮な光景を見ることができます。





コマ投げは背後の相手を掴むことも可能です。
そしてぶっきらぼうに投げるのあとにダッシュ敬意をすることで、能動的に必殺技を逆方向に出すこのネタが使えます。
なにかとバグ、小ネタと相性のいいXrdのソルです。

エルフェルトのMissコンフィールを相手と逆方向に発動すると、
照準の初期位置が相手に合わさるという性質のために照準がエルの背後に出ます
しかし照準は基本的にエルフェルトの前方向でしか動かせないため、
背後に現れた照準が自動で動いてエルの前方に来ようとしてきます
が、なんとエル側はそれに抗うことができ、照準が自動で動く方向とは逆方向に照準を動かそうとすると、
照準の動きが拮抗してその場に停止します
当然そのまま背後の相手を撃つことも可能です。
逆に、照準が自動で動く方向と同じ方向に入力すると、2つの力が合わさって照準が凄い速さで動きます。
なんでこんな無駄なところで細かいんでしょうか…。
ちなみに、実はこれ自体はチップのK毅式転移などを使って同じ状況を作ることができます。

チップのS転移、HS転移は相手の頭上にワープする技ですが、
相手が前方向にいないと相手の位置をサーチできず、チップの目の前にワープして終わってしまいます。
一方でファウストの前から行きますよ、後ろから行きますよ、上から行きますよは
どんな状況でも相手の位置をサーチします。
ただし相手とは逆方向に技を出すため、「前から行きますよ」は相手の後ろから出ます
前から来るぞ気をつけろ。





更に変わった楽しみ方として、必殺技の背後への攻撃判定がどれほどあるか調べるのに便利です。

アクセルのカイラギは見た目に反して背後への攻撃判定が皆無でした…。

20150905-062452.png



どこを殴っているんだタイランレイヴ。

20150905-064252.png





更に更に奇抜な遊び方もあります。


20150905-062217.png

例えばザトーのグレイトホワイトは暗転時にこのようなカメラアングルになります。
逆向きに技を出すネタを使えば…



20150905-062205.png

背後で謎の賞賛を送るソル。
しかも非常にレアな真正面からのアングル。

グレイトホワイトはコマンド完成してから暗転演出に入るまでの時間がかなり短いので、
通常ではこんな光景を作ることはできません。

ある意味ではこのネタの本領を発揮できるポイントかもしれません。





というわけで、敬意、挑発を使って相手とは逆方向に必殺技を出すテクニックでした。

ちなみに最後に色々と補足するとこのネタ、実は結構ややこしいです。
裏回られ敬意・挑発をキャンセルして通常技を出すと、必殺技とは違ってちゃんと相手のほうを向いて出します
しかし、6Kや6HSを出したい場合は敬意しているキャラが向いている方向を押しながらボタンを押す必要があります。
最初の画像の状況のソルの場合、4を入れながらHSで6HSが相手に向かって出ます
ややこしい。

ところがFDは普通にガード方向入力+ボタンふたつで出ます。
つまり画像の状況のソルなら、4+ボタンふたつでFDが出ます。
6HSを出すにしてもFDを出すにしても4入力が必要という、かなりおかしな状態です。

また、ブリッツ、一撃準備、サイクバーストも自動で相手のほうを向きます。

なお、ファウストやベッドマンでこのネタを使う際には要注意。
3歩き、1歩きで敬意挑発キャンセルできてしまうので、敬意キャンセル必殺技がまともにできません。
敬意、挑発の前半部分で214や236などを入力し、必殺技キャンセルを受け付けるタイミングになってからボタンのみを押すという形でコマンドを完成させる必要があります。





実用的なネタやもっと酷いバグに発展しそうな気配はないものの、気軽に遊べてなんだか楽しい良質なネタ。
個人的にはかなり好きな部類のネタです。

ちなみに、XXだと挑発、敬意をキャンセルできたのは同様ですがこの記事のような動きはできず、
普通に相手に向かって必殺技キャンセルをすることしか出来ませんでした。

Xrdになって挑発・敬意が必殺技扱いから通常技扱いに変化したことなど、
意外なところで意外な調整が隠されていたXrdなのでした。





勝手にSPECIAL THANKS:エコーさん

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する