もう幼ければなんでもいい

【3DS】ポケモン超不思議のダンジョン 本編の感想

main.png

ポケモン超不思議のダンジョン 公式サイト

3DSのゲーム、ポケモン超不思議のダンジョンの感想です。

比較的ネタバレは抑え目に。

 
 
 



【概要】

いわゆる不思議のダンジョン。
人間である主人公(プレイヤー)はいつの間にかポケモンになっていてポケモンたちが暮らす世界で冒険をしていくという、
いつものお約束のストーリー。

名作にして代表作とも言えるの空の探検隊は、ポケモンたちが織り成すストーリーも、
不思議のダンジョンゲームとしてのゲーム要素も高評価で次回作も期待されていました。

しかし続編が糞の山でした。

本作はその糞の山の更なる続編であり、個人的には期待度を最低まで下げてからプレイしたのですが…
想像以上に楽しめました。



【プレイ時間】

プレイ時間は本編+本編クリア後のイベントが落ち着くまで25時間(反転)でした。
クリア後にもがっつりプレイできそうですが、ここらで一区切りのようでした。
詳しくわかったらまた追記します。



【ストーリー・世界観】

世界観は、いつもどおりの安心できるポケダンならではの雰囲気です。
ほんわかに見えて、決して明るいだけじゃ終わらないストーリーとなっています。

超ポケダンは今までのシリーズの中でも特に危機感の強いお話ですが、
「ええ~~~っ!?○○だってえ~~~!?」や。「どうお?」など、
ポケダンをポケダンたらしめる要素はしっかりと残っています。

更に過去作品でメインで登場したポケモンは、設定や口調などが引き継がれているため、
シリーズファンならニヤニヤできる要素も盛りだくさん。
(世界観が繋がっているのかも)

ただ、個人的にはちょっとストーリーが駆け足気味だったのが残念。
メインで登場ポケモンたち1匹1匹がとてもいい味を出しているので、もっと彼らとのイベントや会話を楽しみたかったです。
特にラスボス撃破後から○○復活イベントまでは結構超展開。

また、5つの島を旅するという触れ込みでしたが、本編中で冒険する必要があるのは1つの島だけで、
あとの4つは殆ど行く必要がありません。
行っても本編に関わる台詞を言っているポケモンが皆無で、殆どオマケみたいな扱いです。

とはいえポケダンの雰囲気が好きだった方ならば、それだけで購入理由にしていいくらいには「ポケダン」してました。

20150918_0758700 (1)



【ポケモン要素】

前作では非常に数が少ないポケモンでしたが、今回ではなんと720種登場。
ほぼ全部なのかな?
アンノーンやロトムなどもフォルムごとに別ポケモンとして存在しています。

しかしその代償として、ダンジョン探索中に味方に話かけても何もしゃべってくれません…。
仲間システムが初登場したスーファミのシレンを下回ってしまいました。
とはいえ、仕方がない面も大きかったでしょう。

基本的に味方ポケモンとしゃべる機会自体が仲間にする時に一言、二言かわすかかわさないか程度なので、
愛着は非常にわきにくいです。
もともと愛着のあるポケモンの中から選ぶのには問題ないと思います。

次回作では3Dモデルを流用して、その分1匹1匹の台詞を増やしてくれたら嬉しいです。



【BGM】

全体的にかなりイイです!
曲数も本編だけで100曲超えています。

しかしそのせいでかえって1曲1曲の印象が薄くなりがちだったりするジレンマ。
もう少し1曲1曲を大事に上手く使ってくれてもいいとは思いました。
炎の島のダンジョンBGMや、前作までの曲のアレンジは必聴。




【不思議のダンジョン要素】

肝心のゲームパートですが、これは前作のマグナゲートの悪かった点を参考にだいぶ改善されているようです

まずなによりも視界が上下左右に1マスほど広がり、
2マス先の相手に与えたダメージが分からないというアホな事態はなくなりました


また、無駄に広かったダンジョンも小さくなり、探索しやすくなりました。

一方で、相変わらず通常攻撃のダメージが5固定なのが非常に残念。
ようするにAボタンを使ってできるのが敵との間合い調整のみ。
ちょっとどうなの、これは…。
せめて自分のレベル分のダメージを与えられるとかそういう工夫が欲しかったです。



新要素のリングル&ラピスシステムは個人的にはかなり面白く思えました。
ダンジョンの中にリングル(腕輪)と、リングルに合成して印(能力)をつけられるラピスというアイテムが落ちています。

リングル自体にいろんな効果があるほか、印をつけられる限界数も差があります。
そしてラピスも数多くの種類があり、いつでも手軽にリングルに合成、そして印の上書きが可能です。
ただしラピスおよび印はダンジョンから出ると消えてしまうため、冒険のたびに違ったリングルが出来上がります。
割と新鮮なシステムでした。



【難易度】

このゲームの一番の問題点な気がします。

こちらのレベルがあがりにくい上に敵の攻撃力が異常で、ザコ敵の攻撃を1~2発くらうと死にます
まともに殴りあうとスペランカーよりあっけなく死にます。

更にストーリーは強制的にどんどん進んでいくのでレベル上げができません。
自動復活するアイテムふっかつのたねを倉庫に大量に預けてないと、
正直詰みに近い状況までありえるんじゃないかと思ったほどでした。

自分の場合は一応こういうゲームに慣れていて、序盤のうちから難易度がおかしいことに気づき、
全財産をふっかつのたねに費やして倉庫の中に100個のふっかつのたねを置いてゴリ押しでクリアできました。
しかし、前述の通りストーリーは強制的に進んで目的のダンジョン以外選べないという状況が非常に多く、
ふっかつのたねを用意していないプレイヤーは下手すれば本当にどうしようもなくなる可能性もあります。

…と思いきや、タイトルメニューからのおまけモードで本筋とは無関係に、
本筋のキャラや倉庫を使ってダンジョンを探索できるモードがあったようです。
しかしこのモード自体が本編で殆ど触れられておらず、
自分もこのモードに気づいたのはクリア後でした。
そもそもゲーム本編で詰み要素が割と発生しやすそうで、
それの解決法がタイトルから選べるおまけモードというのがどうなのだろうと思ってしまいます。




【総評】

ちょこちょこ気になる点はあるものの、マグナゲートの糞さを無かったことに出来るレベルの完成度。
ポケダン好きなら、買いです!

しかしやはり難易度だけは気になるところ。
自信が無い方は、お金、金塊はできる限りふっかつのたねの購入に用いて、
倉庫の中に常に50個以上のふっかつのタネを入れておきましょう。

20150917_066665151_201509210145468f3.png

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

補助アイテムは追い込まれた時の保険であるべきでそれを主な対抗手段として湯水の如く使わざるを得ないバランスはどうかと思いますな
育成面の調整もアレですし本当にポケモンでやる必要があったのか等文句が尽きませんぞ

ダンジョンで仲間の方を向いてAを押すとたまにその仲間の台詞が表示されますが条件が分かりませんぞ

それが俺の名だ | URL | 2015年09月21日(Mon)14:59 [EDIT]

>俺の名さん
今作は本当に難易度に関しては擁護不可能なレベルだと思います。
テストプレイしてないんじゃないかってレベルで。


>ダンジョンで仲間の方を向いてAを押すとたまにその仲の台詞が表示されます
試してみました。
え、なにこれ…。
なんでランダムなの・・・?

じゃけ | URL | 2015年09月23日(Wed)02:55 [EDIT]

一通りやっても相変わらず微妙なゲームって印象ですぞ
シャッターは言うまでもなくクソですがやはり任意で気に入ったポケモンだけ仲間にする旧作仕様でないと色々面倒すぎますな
超やる気システムもある程度能力が高い3匹が出ないとカンスト1匹で超難しいダンジョンに行った方がまだ安全に稼げますし存在意義が…

それが俺の名だ | URL | 2015年10月10日(Sat)20:38 [EDIT]

正直馬糞ゲートでハードルが下がったというか地面にめり込んで完全に沈んだせいで普通に歩いてるだけでハードル越えられたってのが非常にでかい気はします。

5つの島の存在意義もほぼないですし、勿体無いというかもう少しなんとかなったんじゃないかという要素は多いですね…。

ゲームとして見る分には、まあ、シレン5とかやったほうがいいですよねやっぱり…。
俺はエロゲとして見てたので被害は少なかったです。

じゃけ | URL | 2015年10月10日(Sat)20:56 [EDIT]

やっぱり復活のタネゲーですよね…
難易度高すぎると思います

NANASHI | URL | 2016年11月27日(Sun)15:31 [EDIT]

まあ、バランスのとり方が下手なゲームでしたね。
そこは残念です。

JAKE | URL | 2016年11月27日(Sun)15:32 [EDIT]