もう幼ければなんでもいい

【Xrd】コンボ中に相手ののけぞり時間が激減する現象について

ギルティギアXシリーズにはコンボ時間に応じて空中での受身不能時間が短くなっていくという補正はありましたが、
地上でののけぞり時間が短縮されていく補正は存在していません……

…………と、思っていました



実はXrd、少なくともSIGNには、コンボ時間が長くなると相手ののけぞり時間が激減する仕様がありました。





ことの始まりは、受身OFFの状態ならファウストでリスクゲージ0のチップを殺せるかどうか試していた時でした。





長い長いコンボのあと、渾身の6HSからの刺激的絶命拳。
決まった………と思ったら、なんと刺激的絶命拳が繋がらない!!

6HSのしゃがみのけぞり時間は20Fで、刺激的絶命拳の発生は12F
繋がらない理由は無いはずです。

更に試してみると、なんと近S(のけぞり14+1F)>立ちHS(発生9F)すら繋がりません





詳しく検証した結果、
コンボ時間が20秒近くになると、のけぞり時間が半分になる仕様が存在していました。


受身不能時間はコンボ時間に応じて徐々に短縮されていますが、
こちらはコンボ時間が20秒ほどになると一気にのけぞりが半減します

20秒経過後ののけぞり時間は具体的には以下の通りです。

           通常 20秒後
攻撃レベル0 のけぞり10F → 5F
攻撃レベル1 のけぞり12F → 6F
攻撃レベル2 のけぞり14F → 7F
攻撃レベル3 のけぞり17F → 8F
攻撃レベル4 のけぞり19F → 9F

(※攻撃レベル0以外はしゃがみヒット時は+1F)





仮にトレモで受身OFFにしても長いコンボのあとに地上ヒットさせる手段は限られていますが、いくつかの方法で可能です。

①強引にコンボを伸ばしたあと、壁張り付きやられの技を当てる
②よろけ技を使って地上でずっとコンボし続ける(よろけ時間は短縮されない)
チャレンジモードだとゲージが即回復し続ける仕様を利用して超強引に地上コンボを伸ばす






大体こんな感じで。





前述の通り、こののけぞり時間の激減は受身不能時間の補正とは異なり、非常に長いコンボのあとに突然訪れます。
そのためバランス調整のためというよりは、露骨な永久防止策であると考えられます。

永久の可能性を潰すための仕様ですが、逆にこれのせいで他の面でまた妙なバグが見つかるかもしれません。
のけぞり時間の短縮という、通常ではありえない現象を引き起こすのですから。

今後もこのネタについて調べていきたいと思っています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する