もう幼ければなんでもいい

【Xrd】起き上がりしゃがみガードに対して昇りジャンプ攻撃がヒットする条件とその理屈 その2

【Xrd】起き上がりしゃがみガードに対して昇りジャンプ攻撃がヒットする条件とその理屈 その1
の続きとなる記事です。



あちらの記事にて、
「相手をダウンさせて裏回った後に攻撃を出すと、相手がしゃがみガードを入れながら起き上がっても起き上がり1F目が立ち振り向きモーションになる」

「当然立ち振り向きモーションは喰らい判定がしゃがみガードモーションよりも大きいので、
ソルの起き攻め昇りJSが中段として機能したりする」


「更に立ち振り向きモーション中の相手に攻撃が当たるためか、相手ののけぞり方は立ち喰らいになる。
中段技を喰らって頭上に「!」マークが出ているのに、立ち喰らいという珍しい状態になる。」


unna6676ed.jpg

…ということを書きました。





ところが裏周りダウン後に攻撃を出していても、相手の起き上がりの1Fが立ち振り向きモーションにならず、
普通にガードモーションになってしまうことがあります


こうなるともちろんソルの起き攻め昇りJSなどは絶対に当たりません。



ではその現象が発生する条件についてですが、
どうやら相手が起き上がった時の自分との距離が関係しているようです。

一言で言ってしまうと、起き上がった時のお互いの距離(横軸)があまりに近いと起き上がりに立ち振り向きモーションになることがなくなります



こちら、検証動画です。







20151007-030142.png

このくらいの距離までなら相手のしゃがみガード起き上がり時に立ち振り向きモーションが発生します。
つまりほぼ密着じゃない限りは発生するわけですね。

逆に言えば密着状態だと立ち振り向きモーションが発生しないので、
空中ダッシュ攻撃やイノのホバージャンプ攻撃は遠めから出して先端を当てるようにしないと立ち喰らいになりません。

また、前ジャンプ攻撃も相手との距離を詰めてしまうので注意が必要です。





また、ファウストとベッドマンは1、3歩きがある関係か、
1、3いれながら起き上がった場合、起き上がりに立ち振り向きモーションが発生することはないようです。







2日間ほど悩み続けてきましたがようやくそれらしい条件を見つけられました。
しかし、「なぜ距離が近いと裏周りダウン後の起き上がりに立ち振り向きモーションが発生しなくなるのか」は一切わかりません。
もしかしたらガードモーションのシステムと関係しているのかもしれません。

また、非常に不可解な現象であるためこの記事に書いてあることもあまり信用しないほうがいいと思います。
一度トレモで試してみることを強くおすすめします。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する