もう幼ければなんでもいい

【Xrd】エルフェルトのパインが永久に地面を転がり続ける仕様について

20151010-202136.png


エルフェルトのベリーパイン。

強さのほうに目が行きがちですが、この飛び道具の本質はむしろその特殊性にあります。
ひとつの技に、非常に特殊な性質がこれでもかというほど詰め込まれているのです。

投げる前に準備が必要、長く所持してると自爆する、エルフェルトの一部の攻撃で爆発する、
打撃技で跳ね返せる、飛び道具を当てると誘爆する、地面にバウンドする
などなど…
挙げていけばキリがありません。

そして面白い仕様を生むのは大抵はこういう特殊な性質を持った技。
ベリーパインも例外ではなく、ついにかなり独特な仕様が発見されるに至りました





パインは飛び道具に当たると爆発するとは上に書いた通りですが、
地面バウンドする瞬間に飛び道具を当てると即座に爆発はせず、
なぜか一度跳ねて再び着地した瞬間に爆発します

更にこの跳ねたパインを着地する前に(=爆発する前に)相手が打撃技で跳ね返すと、
パインが永久に転がり続けます





この状態になるとパインが消えるまでエルフェルトは新たにパインを出すことが出来なくなります
エルフェルトがMissコンフィールなどを当てるか、エルフェルトが相手の攻撃を喰らえばパインは消えます

更に、打撃技ではあるけれど飛び道具打消し判定を持っている弁天狩り、ミストファイナーなどをパインに当てると、
それだけでこの仕様が発生することもあります





こちらは某喫煙さんが録画してくださった動画。
パインとパインをあわせたダブルパイン仕様だ!









…というわけで、パイン永久転がり続け仕様については以上の通りです。
原理なども考察したいところですが、自分にはちょっと荷が重い…。
皆さんそれぞれの想像を膨らませてみるのも楽しいかと思います。


この記事のネタは、某S氏に教えていただいた情報を元に、某E氏が検証してくださったことで完成したものです。
また、最初の動画も某S氏からいただいたものです。
日ごろからお世話になっているS氏とE氏のお二方に、改めて多大な感謝を。
みんな!今日から俺のことは佐村河内って呼んでくれ!

 
 
 
 

 
  
 
 
 
 
 

 



…ちなみに、この仕様のおかげで実はとんでもない事実が明らかになりました

永久に転がり続けるパインは、エルフェルトが攻撃を喰らうと消えて、
エルフェルトがまたパインを投げられる状態になるというのは先述した通りです。

しかしエルフェルトが初登場した家庭用の初期バージョンではエルが殴られてもパインは消えず、
殴られるとパインが消えるようになったのはアーケードの1.10からです。

もし家庭用初期バージョンのままだったら、
エルが殴られてもパインが消えずずっとベリーパインが出せないままだったはずです




そう、つまり…




VerUPでエルが殴られるとパインが消えるようになったのは実は強化(の側面がないことも無いと言えなくもない)
だったのです!!!!!!!!!!




本体が攻撃を喰らうと飛び道具が消えるようになったから、弱体化……?
今思えば我々はなんと浅はかな考えをしていたのでしょうか。
あの調整は弱体化に見せかけた、アークシステムワークスの魂の強化調整だったのです。

エルフェルト使いの皆さんは安心してパインを投げまくりましょう!










<以下追記>

よく考えたら打撃技でパイン跳ね返せるようになったのもVerUPからだから所期Verじゃそもそもこうはならねーわ
ワハハ

ごめん…

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する