もう幼ければなんでもいい

『Them's Fightin' Herds』と『My little pony : Fighting is Magic』の関係について



最近一部で話題になっている『Them's Fightin' Herds』
Mane6というチームがスカルガールズのエンジンを使って現在開発中の新作格闘ゲームなのですが、
この企画が誕生するまでに色々と複雑な経緯がありました。

Them's Fightin' Herd クラウドファンディングのページ





【Mane6の原点、『My little pony : Fighting is Magic』】

them7png.png

開発チームのMane6は、元々フリーゲームとしてMy little pony : Fighting is Magic(以下FiM)という格闘ゲームを製作・公開していました。

FiMはその名の通り海外アニメ『My little pony Friendship is magic(邦題:マイリトルポニー トモダチは魔法)(以下MLP)』を題材とした二次創作のゲームで、今でも探せばDLが可能です。

MLPは多くの国々で放映されたアニメで、今でもシリーズが続いています。
とっても明るくて可愛らしくてかつ面白い素敵なアニメで、老若男女問わず熱狂的なファンを生んでいる作品です。

them2_20151012142311d6d.png

them3_20151012142309b31.png

them4_201510121405494dd.png





them6.png

開発チーム名のMane6もこのMLPが由来です。
Mane(メイン)とはタテガミのことであり、ファンの間ではMain(メイン)とかけてMLPの主要登場人物6人をMane6と表現することがあったのです。



そんなMLPの本格二次創作ゲームとあって、FiMもまた非常に人気のある作品であったと思われます。
現に同人作品であるにも関わらず、2013のEVOの種目候補の投票で上位争いをするほどでした。

ところがこれが悲劇を生むこととなり、アニメのメーカーから直々に「公開を停止して欲しい」との連絡があったそうです
ゲーム中の素材自体は自作とは言え、版権を無視しているのは当然ゲーム製作側に全面的に非があるため、
こうなってしまってはどうしようもありません。

こうしてFiMは息を引き取ることになりました。

them8.png



この事件に関する詳しいいきさつや考察は、こちらのブログ様でとても丁寧に説明されています。

アニメで犬ばかり見てる様 -『Fighting is Magicがハズブロの要請で開発中止に』





【FiM公開停止後の動き】


FiMが公開停止となった経緯はこの通りですが、
なんとアニメの原作者であるローレンファウスト氏もこの件に関してコメントを残しています

先ほどのブログ様の文章を引用させていただくと…

「お気持ちは察しますがハズブロは正当でしょう。
多くの仕事をしてきた開発者の方々を大変気の毒に思います…。」

「ゲーム用に新キャラをデザインしようか?」


とのことです。
パワーパフガールズ、マイリトルポニーといった人気アニメの原作を手がけるローレンファウスト氏にここまで言わせたFiM。

いや、言わせただけではありません。
ローレンファウスト氏は本当にMane6の新作格闘ゲームのキャラクターデザインの担当となったのです。





実際には裏でもっと複雑なやり取りはあったのでしょうけど、
とにかくこうしてアニメの原作者が同人チームのスタッフとなるという極めて珍しい流れを経て、
『Them's Fightin' Herds』が誕生したようです。





【そして『Them's Fightin' Herds』】

こうして世に出た『Them's Fightin' Herds』(以下TFH)ですが、
キャラクターデザインは一新されたものの、格闘ゲームとしてのキャラ性能やモーションはFiMの大部分を引き継いでいるようです。

TFHの登場キャラはどうやら6人(匹)のようなのですが、これが既にFiMと同じ。
まだすべてのキャラが公開されているわけではありませんが、
どうも1人1人がFiMのキャラ性能に対応しているようです。





まず主人公格っぽいアリゾナですが、かなり露骨にFiMのアップルジャックと同じ技を持っています。

them10png.png

them9.png

them11.png

通常技含めて殆どアップルジャックそのものに近い印象です。



them12.png

アリゾナの勇敢そうな表情も、アップルジャックの性格にちなんでいるのかもしれません。





続いてベルベット。
彼女はどうやらラリティを引き継いだキャラ性能をしているようです。

them15.png

them13.png

ただしアリゾナに比べると技の見た目はそれほど似ていません。
しかし、技性能がラリティのものに酷似しているものが多いです。



them14.png

ラリティは綺麗好きで高貴な気質。
技モーションを見る限り、性格はTFHのベルベットとかなり似通っていそうですね。





最後にオリアンダー。

them16.png

彼女はまだ殆どラフ画でのみ動くのですが、明らかにMLPの主人公、トワイライトと同じようなキャラになっています。

them17.png

them18.png

本を使った通常技の他、飛び道具の挙動がほぼ同じです。



them19.png

オリアンダーとトワイライトとは見た目こそ似つきませんが、ユニコーンという共通点があります。
MLPではユニコーンはいろんな魔法を使える多様性に優れる種族であり、
オリアンダーが魔法(飛び道具)を使いこなすのはそうした世界観を受け継いでいるように思えます。





現時点でまともに動作が見られるのはこの3キャラくらいなのですが、
この流れだとおそらくは残り3匹もFiMが由来となる性能になるのでしょう。

初めてTFHの動画を見たときは、「あれ!?この技見たことある!?」と驚いたものです。

コンボの雰囲気もFiMとほぼ同じなので、FiMプレイヤーにとってはキャラが一新されたFiMとして遊べそうです。







『Them's Fightin' Herds』とマイリトルポニーに何らかの関係があることは知ってても、
それがどのようなものなのか具体的にご存知の方は少ないのではと思い、この記事を書きました。

この記事が『Them's Fightin' Herds』、およびマイリトルポニーに興味を持つ切欠になれば幸いです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する