もう幼ければなんでもいい

【MLP】My little pony THE ART OF EQUESTRIAの感想、紹介

CSx2HFNUcAA9o69_201511060026588f4.jpg

My Little Pony: The Art of Equestria


先月発売された「My little pony THE ART OF EQUESTRIA」がようやく届いたので、感想を書きます。



僕は英語がほぼまったく読めないので、そうした視点での感想になることをあらかじめご了承ください。




1~2P 真っ青。
後のページを見る限り、ここはページ数に含むらしい…。


3P 表紙。初期のOPで最後の写真に写っていたMane6のラフ絵。
今見るとピンキーがちょっと怖い。アップルジャックが聖馬。

4~5P もくじ。背景はオーロラをバックにしたポニービルの夜景。

6~7P エクエストリア全体の地図。
いろんな町や大陸がある。アップルーサ、ポニービル、メーンハッタンは大体同じくらいの広さ。
キャンターロットはだいぶ狭い。クリスタルエンパイアがポニービルの5倍くらい広そう。
本編じゃ描写されてない場所もいっぱいある。
かなり北のほうにいくと未知の世界が広がってるらしい。

8~9P はしがき。左側のページには「A Friend in Deed」(Smile songの回)の一部シーンの紙芝居?が描かれている。
これはなんなのだろう…右側のページの英語が読めれば…。

10~11P イントロダクション。右上に誰も住んでない状態のトワイのお城の絵。
蜘蛛の巣も張ってるほど寂れててとても寂しい。

12~13P 「1.PONY EVOLUTION(ポニーの進化)」の見開き。大きく2P使ってG1MLPの風景が描かれている。

14~15P G1ポニーから今のG4ポニーに至るまでの変化の絵。右側にG1MLPの風景。
絵柄はやっぱりG4になって一気に変わってますね。

16~17P 引き続きG1と今のG4の話題っぽい。G1アップルジャックと今のアップルジャックの比較。
AJのラフ絵も数点。OPの時のポーズのラフ絵がかわいい。

18~33P ローレンファウストインタビュー。2ページの両脇にインタビュー、真ん中にラフ絵。
いろんなポニーの初期設定と思しきラフ絵があって、もちろんMane6の初期設定絵もある。
一番現在とイメージが違うのはレインボーダッシュの初期絵で、
常に三白眼で不気味な感じすらある。でもこれはこれで可愛い。
スパイクのデザインは今に至るまで結構な苦労があったっぽくて、描いては消してを繰り返してた模様。

34~35P Mane6やトワイVSナイトメアムーン戦の絵

36~37P ポニーの描き方講座。37Pではいろんな体型のポニーがいるよって話。

38~39P いろんなモブポニーがずら~~っと50人くらい並んでる。
英文無し。
モブポニーとは言っても殆ど本編で名前が出てないのばかりで、ほぼ全員「こいつどこで出てた?」ってレベル。
でもなぜかその中にココちゃんがいる。なんで?

40~43P ポニーの服装について。服着たポニーの描き方っぽいのが載ってる。41、42Pは作中のシーンの画像が6枚ずつ。

44~45P 「2.EVERYPONY(登場人物一覧)」の見開き。
Mane6が仲よさそうにレインボーダッシュに抱きついてる。唖然としているレインボーダッシュ。
可愛い。

46~47P Mane6自体の紹介。文章はあんまなくて殆どMane6の集合絵がページを占めてる。

48~53P トワイライトの紹介。キャラ紹介の英文が大体あわせて1ページ分くらい、4ページが作中のシーンや居住の絵。
あとラフ絵や初期設定絵?が半ページ分くらい。

54~57P レインボーダッシュの紹介。ページ数は2ページ少ないけど基本トワイ紹介と似たような感じ。
ただ凄い剣幕のレインボーダッシュの絵コンテが少し載ってる。コワカワ。

58~61P フラタの紹介。ラフ絵あり

62~65P アップルジャックの紹介。ラフ絵&絵コンテあり

66~69P ラリティ紹介。ラフ絵あり

70~73P ピンキーパイ紹介。ラフ絵あり

74~75P Mane6を初めとするいろんなポニーが大集合。
キューティーマーククルセイダーズはもちろん、ライラボンボンやダーピーといったお馴染みのモブポニーから、これ誰…?なポニーまで。
だがトリクシーはいない…。

76~91P スパイク、セレスティア、ルナ様、ナイトメアムーン、シャイニングアーマー&ケイデンス、CMクルセイダーズ、
ゼコラ、ワンダーボルトのみなさんが2ページずつ使って紹介されている。
2Pのうち1Pが作中の画像6枚、もう1Pが解説とラフ絵or作中の画像。

92~93P 記念すべき100話目、SLICE OF LIFE専用ページ。
左側にはいろんなモブポニーが飛んでる…いや飛ばされてる絵。
右側が作中の絵。
ダーピーがマフラーつけてるドクをぎゅっとしてるところも載ってる。

94~95P 「3.FOILS&FOES(引き立て役と悪役たち)」の見開き。背景はエバーフリーフォレスト。

96~99P ディスコードの紹介。4ページ!?
レインボーダッシュの紹介と同じような構成。

100~109P クリサリス、Ahuitzotl(ダーリンドゥの宿敵)、ソンブラ、ティレック、スターライトグリマーの紹介が2Pずつ。
ディスコードは4Pなのに…。
ソンブラは設定絵や絵コンテあり、ティレックは変化の流れがまとまっていて、スターライトグリマーは初期デザイン案が5つラフで載っている。

110~111P  「4.CREATURES&MYTHICAL BEAST(怪物や伝承の獣)」の見開き。背景は…どこだったかのお城。

112~125P 「怪物や伝承の獣」のタイトル通り、ケルベロス、キメラ、ティンバーウルフ、シーサーペントさん、
コカトリス、ヒドラ、マンティコア、ドラゴンといった面々の紹介。どれも1~2ページで、大体ラフ絵あり。
パラスプラトの紹介もここ。
そしてアイアンウィルの紹介もここ。
…アイアンウィルさんこいつらと一緒に紹介するの酷くないか?

126~129P グリフォン族とサイクロプス族の紹介。ギルダはいない。
グリフォンの歴史の流れの絵や街並の風景はたぶんこの本限定かな。

130~133P バッファロー一族(アップルーサの決闘回)の紹介。
大体レインボーダッシュたちの紹介と似たような構成。

134~135P ブリージーたちの紹介。
英文はほんの数行で、画面の8割くらいがブリージーたち大集合の一枚絵。絵コンテもちょっとある。可愛い。

136~137P ヤクの紹介。なぜか表情がやったら細かく載ってて絵コンテまである。

138~139P 「5.EXPLORING QUESTRIA(エクエストリアの探索)」の見開き。背景はエクエストリアの地図の一部。

140~175P いろんな街並の風景。ラフ絵や線画もいっぱい。ポニービルやMane6の家、エバーフリーフォレストまで。
当然ながらここのページにはポニーは殆ど出てこない。

176~177P 「6.BEHIND OF SCENES(作中の裏場面?)」の見開き。背景はまだ作中では登場してない町。
この項では特定のエピソードの解説をしていくみたい。

178~179P たぶん短いインタビューか何か。S4E3(キャッスルポニア回)のラリティと、その絵コンテがでっかく載ってる。

180P S1E7「DRAGONSHY」の紹介。作中の画像が2枚とその絵コンテ版が2枚と、解説の英文。
ちなみに英文はこんな感じ。

What defines many of Fluttershy's story lines and the content of her characters is the contrast between her normal personality and the alter ego that emerges when a friend or animal is biing harmed in some way.
In the Season 1 episode "Dragonshy", Fluttershy reluctantly joins her friends to confront a somoke billowing dragon whose heavy breath is polluting ponyville's skies.
Afraid of heights and dragons,Fluttershy has to muster the courage to confront the giant beast at the top of mountain.

フラッターシャイという人物を特徴付け、多くの彼女のストーリーを成しているものは、
普段の彼女と、友達や動物たちを傷付けられた際に現れるもう一人の彼女との対比です。
シーズン1のエピソードドラゴンシャイでは、その息でポニービルの空を汚染するドラゴンに立ち向かうために、しぶしぶ仲間たちと行動を共にしました。
高所もドラゴンも怖かったフラッターシャイは、山の頂上の巨大なドラゴンと対峙するために勇気を振り絞らなければなりません。


純粋にストーリーの紹介。
別に製作の裏事情というわけではないみたい。

181P S1E14「SUITED FOR SUCCESS」の紹介。作中の画像2枚、その絵コンテ版2枚。

182P S2E18「A FRIEND IN DEED」の紹介。作中の画像2枚、その絵コンテ版2枚

183~185P S3E7「WONDERBOLT ACADEMY」の紹介。
この話は3ページ紹介があり、絵コンテが2ページにわたってずら~っと大量に(25枚)載っている。
これだ、こういうのが見たかったんだ。

186P S3E8「APPLE FAMILY REUSION」の紹介。作中の画像2枚、その絵コンテ版2枚

187P S4E1、2「PRINCESS TWILIGHT SPARKLE」の紹介。作中の画像2枚、その絵コンテ版2枚

188~191P S4E4「DARING DON'T」の紹介。
なんと4ページ。
これも絵コンテ版が2ページにわたって割と詳細に載っている。

192~195P S4E6「POWER PONIES」の紹介。
イメージラフ絵っぽいものが3枚あるのに加えて、やはり絵コンテが2ページ分ある。

196~197P S4E12「PINKIE PRIDE」の紹介。
これはこれまでのエピソード紹介と違って作中の画像が一切なく、絵コンテが2ページ載っている。
正直作中の画像は作中で見られるのでその分絵コンテを載せてくれたほうが嬉しい。

198~201P S4E26「TWILIGHT'S KINGDOM」の紹介。
これも作中の画像はなし。
なんと4ページに渡ってドラゴンボールシーンの絵コンテが載っている。

202~203P 「7.PONY REVOLUTION」の見開き。背景はエレメントオブハーモニーを発動したMane6。

204~205P G1時代からのスタッフ、MATT MATTUS氏のインタビュー。
左側に写真あり。超強そうな上に軍服着てて目があった瞬間殺されそうなのに部屋がポニーまみれ。

206~207P WELOVEFINEというメーカーからのメッセージ?
左側にMane6、セレスティア、ルナ様、ディスコード、スパイク、CMC、ダーピーが輪になって集合してる絵があるんだけどこれが凄く可愛い。
スマホの壁紙にしたい。

208~213P いろんな人が描いたいろんなポニー。
日本語でアップルジャック!!って描いてある絵とかもあったり。
フラタの絵めっちゃ可愛い。
ディスコードかっこよすぎてやばい。
こういうページがもっと欲しかった…。

214~215P エレメントオブハーモニーの装備をつけたMane6と、スタッフ一覧。

216P ラスト。スパイクが手紙を燃やしてセレスティアに届けるいつものカットが載っている。








こんな感じの内容でした。

3622円という割と高い値段でしたが、自分としては満足。
全体的に分厚くてしっかりしてるので、なんだか持っているだけで幸せになれる魔法のアイテムです。
というか表紙のトワイライトだけで満足です。

ただ、「絵」の紹介と「キャラ」の紹介が中途半端になっちゃってるな~という印象。
「絵」の紹介ということならば、作中の画像ばかりではなくもっと絵コンテや書きおろしの絵などを見たかったです。
「キャラ」の紹介ならば、ライラボンボンといったモブポニーの紹介とまではいかずとも、
せめてトリクシーとやチーズサンドイッチなどのエピソードの重要人物の紹介くらいは見たかった…。
それらのポニーよりもケルベロスやドラゴンなどのクリーチャーのほうが優先されているので、
やはりメインとしては「ART(絵)」ということか…。



もちろん英文まったく読めない自分ですら楽しめたので、読める方なら間違いなく買いの本だと思います。
読めなくてもファンなら買うことをおすすめいたします。
手に持っただけで幸福感に包まれるぞ!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する