もう幼ければなんでもいい

【フリゲ】ついに公開され(てしまっ)た『Super mario Remaker』(DEMO)について



http://luniney.neocities.org/SuperMarioReMaker/

あのスーパーマリオメイカーのファンメイド作品、Super mario Remakerがついに公開されました。
途中でなぜかサイトが消滅したりしましたが、無事公開できたようです。

というわけでこの記事では、Super mario Remakerの基本操作について記します。





まずはサイトの一番下のDOWNLOAD DEMOからゲーム本体をダウンロードし、PCの好きな場所に解凍。
その中のexeファイルをダブルクリックしてゲームを起動してみます。


mm6.png

「コスチュームフォルダが空です。このまま続行するとゲーム中にエラーが発生します。続行しますか?」


と出るので、とりあえずOKで続行し、すぐに…じゃなくてもいいですが、とりあえずゲームを終了させましょう。

一度ゲームを起動すると、

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Super_Mario_ReMaker

の場所に、製作したステージやコスチュームフォルダを入れるフォルダがあります。
(OSによって違うかも。Windows7ではこの場所にあります)
また、上記ディレクトリへのショートカットがダウンロードしたゲーム本体フォルダの中にあるのでこれで飛びましょう。
Content Folder というショートカットです。



ゲームを始める前に、先ほど警告されたコスチュームフォルダを用意しましょう。
コスチュームとは、原作で言うところの「キャラマリオ」。
つまり操作キャラのグラフィックが変化するシステムのことで、
コスチュームフォルダの中にはそれを実行するための画像などの素材が入っているわけです。

ゲーム本体フォルダの中に「costumes」フォルダがありますが、
この中にコスチュームフォルダを入れてもダメです。
ですが、この中に「1」というフォルダがあります。
これはややカラフルなマリオに変化するためのコスチュームフォルダです。

この「1」フォルダを切り取り、先ほどの
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Super_Mario_ReMaker
の中の「costumes」フォルダの中に入れればOKです。
ゲーム起動時に警告を喰らうこともエラーが発生することもありません。



では実際にプレイしてみましょう。

3_201512272216001f3.png

このゲームではマウスとキーボード、両方を使って遊びます。

タイトル画面ではマリオを動かせます。
基本操作は、

カーソルキー…移動
Shift…ジャンプ
Ctrl…ダッシュ、ファイアボール


となっています。

Makeをクリックでステージ製作、Configでオプション切り替え、Playで製作されたステージを遊びます。





mm5.png

Make画面。

キーボードで設置するアイテムを選択できます。
例えばBキーを押すとブロック、Cキーを押すとコインなど。
数字の1~0キーも使えます。0キーでゴールのポールが置けます(地面の上にしか置けません)
色々なキーを押してみましょう。

左クリックで選択したアイテムの設置、右クリックで削除します。
アイテムを何も選択してない状態(画面左上の点線の四角形クリックでなれます)だと設置したアイテムを掴めます。
掴んで移動させるほか、掴んだまま右クリックするとアイテムの色を変化させられます。
ただ、ステージパターンごとに2色しかないっぽい?

カーソルキーで画面のスクロールもできますが、マリオの初期位置もズレます。

Eキーでテストプレイの開始、および終了ができます。

画面右上の矢印アイコンでステージの横の長さの指定、
その隣の時計のアイコンで時間制限を設定できます。

Oキーでキャラマリオのキノコを選択できます。
キノコを置く際にカーソルキーの左右で変化させるキャラを選べます。
(このゲームでは左右の選択はカーソルキーなのは覚えておきましょう)
初期状態なら、先ほど移動させたコスチュームフォルダのキャラのみを選べるはずです。

キャラマリオ用素材は公式に大量に置いてあり、その素材を先ほどのフォルダに入れて
フォルダ名前を番号順にすれば追加できます


まずは公式のDOWNLOAD COSTUMES PACKSからダウンロード。

mm2.png

zipの中身。
なんだか色々ありますね。

Cartoon packフォルダにはその名の通りアニメキャラが元ネタのコスチュームフォルダが入っています。
あのスターバタフライちゃんもいます。

150416starbutterfly3.jpg

スターバタフライちゃんはアニメ「Star vs the Forces of Evil」の主人公。
2015年12月18日という超最近から日本語での放映も始まりました。
ディズニーチャンネルでオンデマオン形式で配信されています。
スマートフォンでディズニースマートパスに登録し(ご利用料金は月間372円)、そちらで見るのが一番手軽かと思われます。
現在4話まで配信中です。
海外では既に2期も始まっているので、日本でも長く放映してくれると嬉しいですね。


indie packフォルダには洞窟物語の主人公、クォートがいたり、ニヤリとさせる選出。

それぞれのフォルダの中のコスチュームフォルダを先ほどと同じ場所に置き、
上記の通りそのコスチュームフォルダのフォルダ名を連番の数字のみにするとコスチューム追加の完了です。
例えば「1」という名前のフォルダは既にあるので追加するときはそのフォルダ名を「2」にする必要があります。
その次はもちろん「3」。

ただしゲーム起動中に追加すると、キャラマリオキノコを置く時にエラーが出るので注意しましょう。


なおキャラを変化させると性能も変化します。
スターバタフライちゃんならビーム出せます。

mm1.png

ちなみにエディット画面でキャラマリオキノコやパワーアップアイテムをマリオに重ねると、
それを取得して変化した状態でステージが始まります。

フロッピーディスクのアイコンでステージのセーブ、ロードができます。
保存したステージファイルは
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Super_Mario_ReMaker
に直接置かれています。





mm4.png

Play画面。
マリオメーカーよろしく、マリオペイントのあの曲が流れます。
ステージ名を入力してプレイしましょう。

Play worldとやらはまだ未実装です。
最終的にはワールド製作も可能になりそうですね。





以上で『Super mario Remaker』の基本的な操作の解説を終了します。

う~ん、凄いゲームだ。



ちなみに、万が一ゲームが正常にプレイできない場合はユーザーフォルダが日本語だからかもしれません。
そうでないかもしれませんが、こちらを参考にしてみてください。
Windows7で簡単にユーザーフォルダ名を変更する方法

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんと言うか(* ̄∇ ̄)ノ

こわいよこのゲーム( ̄▽ ̄;)

(* ̄∇ ̄)ノ | URL | 2015年12月28日(Mon)20:46 [EDIT]

なんていうか・・・色々怖いですよねこのゲーム…
うん・・・

じゃけ | URL | 2015年12月29日(Tue)22:37 [EDIT]