もう幼ければなんでもいい

SRC製SRPG『コスピ~青空に浮かぶ星~』 感想

紹介ではなく感想です。

http://www3.plala.or.jp/pann/cospi.html



Image020160105003432.png

Image020160105003550.png


プレイ時間は10時間に満たないくらい? (←反転)

SRCというシミュレーションRPG製作ツールで作られたゲーム。

フィールドを探索したり、敵を倒してレベル上げしたり、お店でいろんなアイテム買ったり、合成したりと、
とにかく普通のRPGっぽい作品。
それをSRCで再現したところが一番凄いのだと思う。
また、FF5のようなジョブシステム(基本的には同じと思っていい。すっぴんのような役割のジョブもある)を搭載しており、
キャラクターをカスタマイズする楽しみもある…と思う。
フィールドではゼルダの伝説のように、ダンジョンで入手した剣、ワイヤー、爆弾などのアイテムを使って仕掛けを解いていったりする。
総じて、いろんなゲームのオイシイところを参考にした作品だと思う。

このあたりの丁寧な作りこみに対してはボリュームが比較的短いのが非常に残念なところ。
いろんなジョブを極める前にラスボスに到達するのでカスタマイズ性がほとんどないし、
アイテムを使ったダンジョン攻略も、一度使ったアイテムはその後あまり出番がない。
SRCでこのあたりを再現したのは本当に凄いと思うのだけど、
それを評価するのはプレイヤー側ではなくクリエイター側なので…難しいところ。





シナリオやキャラクターは超がつくほどの王道。
決起、挫折、復帰、冒険。

ただ、個人的にはそのせいで本作をプレイした印象がとても薄い。
登場人物もほとんどいい人ばかりでよくも悪くも癖がない。
すでに作中のキャラの名前を主人公以外思い出せない。
また、やはりボリュームが少なめなので後半の展開がかなり急に感じた。



ラスボス戦のキャラクターは割とぶっ飛んでいたので、そこは本当によかった。
みんなあんな感じだったら…それはそれでマズいかもしれないけど。





無題00

無67題

ザコやボスとの戦闘はSRPG。
攻撃時にはスパロボっぽい演出が入るのだけど、キャラが常時こっち真正面を向いているのが致命的なまでにダサい…。
こっち見てガッツポーズを決めた主人公が敵に向かってスライドしていって、そのままツッコミを入れるように横殴りするのを初めて見た時は思わず笑ってしまった…。
正直、これさえなければほかの人にプレイをおすすめしたいレベルでこれだけは凄く残念だった…。
これならスパロボ風アニメはいらなかったんじゃないかなあ…。

バランスは、基本的には良好。
ただし終盤は壮絶なセーブ&ロードを繰り返すパズルゲームとなり、それまでとの難易度の差がかなり激しい。

レベルの上がり方が非常にテンポが良く、気持ちいいのは素敵。





総じて、いろいろな面に凄まじく力が入っている作品。
それだけに、システムの力の入れ具合に対してのボリュームが物足りないのがとても残念。

良作であるのは間違いないけど、個人的にはキャラやゲーム性にもう少しインパクトが欲しかったかな。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する