もう幼ければなんでもいい

【白猫】ストーリーキャラ縛り日記 2日目

 
 
 
前:1日目



2016年5月に行った、ストーリーキャラ縛り本編開始。
1日目の記事にある通り、
「キャラガチャを一切引かない」「ジュエルでの復活はなし」「イベント限定配布キャラも受け取らない」
というルールで4島のハードまでコンプした状態からの続きからとなります。

まずはイベントで手に入るキャラが欲しかったので、サブミッション殆ど無視で9島まで一気にクリアしました。
ノーマルの9島までは、4島ハードコンプした状態でも非常に簡単でした。

なぜかというと、パルメとかいう壊れキャラを助っ人AIに連れて行くだけで全ての敵を殲滅してしまうから

たまたま見かけてたまたま連れて行って、初見の俺ですらが「これ、おかしくね?」と思って、
パルメを使っているプレイヤーをフォローしまくったほどの強さでした。
後から調べてみて納得。
最新ガチャの最新キャラの最強キャラでした。

9島ノーマルをサブミッション無視での攻略は、助っ人パルメさえいれば楽勝ということです。

そんなタイミングで訪れたのが、10島の追加という一大イベント
これなら10島も楽勝だろうとこの時は思っていましたが、そこには地獄が広がっていました



【5島~9島クリア時点でのメンバー紹介】

10島については後日また別の記事で記すとして、
この記事では9島クリア時点までのパーティメンバーの活躍を加入順に紹介していこうと思います。


◆主人公・通常
剣士。
HP295 SP78 攻157 防112 会69

主人公。
全てのステータスが絶望的に低い(大体4凸した星4キャラの半分くらい)ものの、6島クリアまでは唯一の剣士となります。
武器はアウラーイェラキ
消費SP18、倍率11倍+雷属性300ダメージであり、なおかつ次に放つスキルの威力を跳ね上げ、
さらに攻撃を放ちながら高速で移動できます

これが極めて高性能であり、主人公の火力不足を補いつつ、雑魚を蹴散らす大活躍ができます。
属性ダメージがあるのも非常に便利。
消費SPもかなり少なく、主人公の低いSPでも4発まで連続で放てます。
ボス戦では主人公の武器スキル4連発から始まるということも多かったです。

この時期で手に入った武器には他にも陸軍制式軍刀がありました。
HPを回復する武器スキルは非常に欲しいところですが、
とにかく火力が足りない主人公はそんなことにSPを割いている場合ではなさそうだったので断念しました。

ちなみに武器の進化には武器ルーンが必要ですが、これは他のプレイヤーとの協力プレイでのみ得られます。
…当然この縛りではその点が鬼門のひとつであり、非常に弱いストーリーキャラで参加しにいっても
即座にルームを解散されたり、ボスクリア前に切断されて他プレイヤーがAI操作になったりといったことが多いです。
2人協力の星8のラビリントスで、他プレイヤーに寄生しながら細々と集めました。
ここならスイッチを押す役としてなら活躍できたので…。
泥を啜ってでもやらねばならないことがあったのです

基本的にこの主人公の活躍は、6島クリアで同じく剣士であり全てのステータスが高いコジローが仲間になった時点で終わります。
しかし、後に覚醒し主力の座に返り咲くことになります



◆アイリス
魔術師。
HP221 SP128 攻159 防60 会60

1島クリア時に加入。
やはり全てのステータスが低いものの、貴重な回復役
攻撃スキルのバーンナップは威力不足となることも多くなってくるので、SPはパーティ回復に割くことが多くなりました。

次に放つスキルの威力をあげる精神統一システムの追加の恩恵を大きく受けており、精神統一ヒールで150もの回復が可能。
更に5島クリアで仲間になるハーティがリーダーの場合、回復量は200程度になります
これは消費SP25の回復量としては申し分なく、2回も使えば助っ人も含めて8割方体力は回復できます。
ストーリーキャラだからといって、少なくとも回復量に関してはそこまで星4キャラと絶望的な差があるわけでもないようです。

武器はニネミア・キクノス一択。
オートスキルが「精神統一状態までの時間-20%」「移動速度+15%」「通常攻撃時のSP回復量+1」
と優秀なものばかり。
武器スキルも火力はそこそこながら攻撃持続が非常に長く、拘束力が強くとても使いやすいです。
攻撃を喰らうとのけぞる雑魚相手にはこれの武器スキルを放って通常攻撃を連打するだけでも完封できたりします。

他の武器のアルティメイドクリーナー、マキシマム・ファスは、
火力が殆ど出せない上に敵を引き寄せるのがもろすぎるアイリスには逆効果のように思うのでやめました。

回復役として、7島クリア時までは必須のキャラクターとなります。





◆エレサール
アーチャー。
HP266 SP104 攻172 防90 会121

2島クリア時に加入。
ステータスは星2以上星3以下といったところです。
SPが100を超えSPRが3あるのはいいのですが、スキルが地味なことに加え、
このプレイをしている時期では武器スキルで火力を出すことも不可能でした

5島は主人公、アイリス、タビィ、エレサールの4人での攻略でしたが、
タビィが強すぎてエレサールの出番はほぼありませんでした。
武器も4島クリア時のまま、つまり18ヶ月前のままです。

5島クリア時には強力なハーティが仲間になるのでエレサールが抜け、
残念ながらその後はオファー担当です。

エレサールにしかできないことがほぼ無いのが残念ですね…。
一応4凸はさせてあります。




◆ダンテ
ランサー。

3島クリア時に加入。
ステータスはやはり星2以上星3以下というエレサールと同程度。

4凸こそさせましたが、ランサー自体の使いにくさには慣れず、
5島以降の攻略には一回も使いませんでした。

やはり武器も特に何も装備させていません。

ダンテのキャラは好きなのですが…




◆タビィ
武闘家。

HP519 SP110 攻176 防145 会133

4島クリア時加入。

ステータスはほぼ☆3と同等クラス
スキルが属性付きのため、18ヶ月前の4島ハード攻略中ではタートル種相手に大活躍でした。
しかし今回の攻略では、武器スキルのみを使っていくことになりました

武器は「罪深き者の紅手」。
現在では入手不可能の武器ですが、数ヶ月前に気まぐれにログインだけして気まぐれに武器ガチャを引いた時に入手していました。
まさかこんな機会で役に立つとは…。

武器スキルは5倍の攻撃に加えて3属性分の属性ダメージが追加で入るというもの。
威力はそこそこですが、次に放つスキルの威力を50%あげる効果もあるため火力は結構出ます。
現時点で入手可能であったほかの武器の武器スキルも倍率4倍~8倍程度なので、
それらと比べても遜色はまったくなさそうです。
また、属性スイッチをこれひとつで解決できるのも高評価

SPの回収速度も中々なので全体的に安定感があります。

9島クリアまでは、剣士・魔術師・ハーティ・タビィのメンバーで挑むことになるため、長くお世話になるキャラです。





◆ハーティ
ウォリアー。

HP487 SP92 功308 防138 会63

5島クリア時に加入。
この18ヶ月の間に、それぞれの職業に独自のアクション追加が追加されましたが、
その恩恵をトップクラスで受けていそうな職業です。

ステータスはSP以外は☆3クラス。
しかしそのSPが100に達しておらず、素の状態だとSP回復量が2のままなのが痛いところ…と思いきや。
コロリンから出せる新アクションのバスタースピンのSP回復量が凄まじく、SP不足に悩むことはほぼありません
つまりウォリアーという時点でかなり強く、ストーリーキャラ縛りでは主力として活躍します

武器はジョリー・ルージュ。
「HP90%以上で攻撃・攻撃速度15%強化」というオートスキル、
「敵に4倍(+100炎)ダメージを与え、与えたダメージの5%程度のHPを吸収」という武器スキル、
ハーティの「回復量中アップ」というリーダースキル、
そしてウォリアーのSP回収の容易さ
ががこれ以上なくかみ合っており、自己完結に最適な武器でした。
武器スキルの範囲がかなり広く、多くの敵を巻き込みやすいのがかなり素晴らしいです。
巻き込めば巻き込むほど回復量が増え、不死身の如く戦い続けられます

一般的には羽斧のプノエー・ククヴァヤの評価が飛びぬけて高いようですが、
ハーティは本人のスキルがかなり使いにくく、普通に攻撃としても使えるジョリー・ルージュのほうがいいと思います。
また、回復量においてもジョリー・ルージュのほうがおそらく遥かに上のはず。

少し触れましたが、「パーティの回復量中アップ」というリーダースキルの効果もかなり高く
自身の武器スキルによる回復量やアイリスのスキルによる回復量も底上げしてくれます。

強さと可愛さを兼ね揃えた安定感抜群のハーティには、10島クリアまでお世話になることになります。





◆コジロー
剣士。
HP397 SP81 功213 防150 会94

6島クリア時に加入。
全てのステータスが主人公より高く、SP以外はかなりの差があります。
ハーティと同じくSP以外は☆3クラスです。

ところがSPだけは何故か殆ど主人公と変わらないくらい低く、SP回復量もたったの2
SP回収が不得意な剣士でこれは痛いです。

とは言えコジローが仲間になれば主人公を使う理由はほぼなくなるので、
アウラーイェラキを引き継いで混戦で暴れまわってもらうことになります。

7島から8島の途中までという短い期間の間はお世話になります





◆ウマルス
魔術師。
HP318 SP172 功216 防95 会78

7島クリア時に加入。
ステータスは☆3キャラと同程度。
それでもアイリスよりも圧倒的に高いステータスであり、SPRも5と申し分なし

何よりスキル1のホースヒールが極めて優秀で、回復量は高いのはもちろん通常攻撃が倍ほどの速さになります
使ったSPを瞬時に回収できる性能を秘めており、ウマルスならではの強みです。
加えてニネミア・キクノスの武器スキルでの足止めからのSP回収の流れは非常に安定感があり、
道中の難易度がぐっと下がります。

スキル2のウマメテオは残念ながら消費SP42には見合わぬ威力の低さであり、
ニネミア・キクノスの武器スキルで攻撃したほうがよさそうです。

リーダースキルはハーティと同じく便利な「パーティの回復量中アップ」であり、
10島クリア後にハーティがメインメンバーから抜けてからは、ウマルスがリーダーとなるのが最強メンバーとなります

加入時から10島クリア後まで、メンバー最強の魔術師として活躍するキャラです

ちなみに限界突破に必要な虹ルーンの欠片の数が、今までのキャラの3倍です(計12個)
普通に使えるキャラだからでしょうか。





◆覚醒主人公
剣士。
HP420 SP135 功242 防158 会85

8島中盤で主人公が覚醒。
ステータスはなんと☆4クラス

SPは1.5倍以上になりSPRも2から4へ、それ以外のステータスもとても高くなりました

スキル2の威力は高いですが、SP消費も38と非常に高く、
これならばアウラーイェラキの武器スキルを2回使ったほうがいいです

しかしストーリーキャラ縛りではめったにお目にかかれない5000以上の単発ダメージはとてもキモチよく、
イェラキの武器スキルで強化してから放つのもまた一興です。
まあ、ガチャ産のキャラはその5000以上のダメージを複数回ヒットさせまくるキャラばかりですが…

ちなみに遠くのスイッチを押せる性能は健在であり、これは一部ダンジョンで大活躍します。
呪われた剣イベントの最初のクエストではこれを使えば1分程度でボスまで行けます。

一時期はコジローに席を奪われていたものの、そのコジローすら遥かに上回るキャラとして覚醒した主人公。
主砲として、主力として、主人公に相応しい働きを見せてくれるようになります



◆リュート


ランサー。
HP466 SP100 功247 防160 会69

8島クリアで加入。
ステータスは☆3クラス…よりも全体的に低め
しかしオートスキルが優秀で、消費SPが-30%されます。

なのですが、本人のアクションスキルがどちらも火力的に微妙
そこで、武器スキルでもっとも火力がでるアナタラクシ・アエトスを装備させることになりました。
この武器スキルはダメージが倍率7.5倍+水属性450ダメージ、
そのほか攻撃力ダウンや自動回復の効果
もついています。
しかしデメリットもあり、3段突きの技なのですが、突進の移動距離が長すぎて非常に当たりにくく、結構イライラする技です。

上手く使えば強いキャラなのでしょうが、以下の点から本プレイにおいて必要な場面はあまりありませんでした。

・加入が8島クリア時と遅い
・9島の難易度がそれほど高くない
・9島をクリアすると協力なグローザが仲間になる


9島攻略時では一応メンバーに入れていましたが、使った記憶がほぼないです。

しかし武器スキルの水属性450ダメージが、対マグマジン種に対する最終兵器となります
難易度が凶悪な10島ではマグマジンが何箇所が出てくるので、そこではリュートが必須でした。

10島攻略時のメンバーは主人公、ウマルス、ハーティ、グローザだったのですが、
ハーティの代わりにリュートでも悪くはなかったとは思います。
それでもリュートを使う気が一切起きなかったのは、8島のストーリーにおいてリュートの印象があまりに薄く、
愛着が一切沸かなかった
のが大きかったのかもしれません。
そもそも8島のストーリー自体がいろんな意味で酷い気がしますが…。

ちなみに彼の限界突破に必要な虹ルーンの欠片の数は4個というのが興味深いです。
7島で加入するウマルスは12個なのに。
やはりウマルスは意図的に強キャラとして作られており、特別に必要な虹ルーンの欠片を多めにされていたようですね。





◆グローザ
アーチャー。
HP462 SP172 攻275 防159 会137

ステータスはまさかの☆4クラス!

しかも現在(2016年6月3日)までの☆4アーチャーの中でも中堅クラスです。

オートスキルのアクションスキル威力アップ、被ダメージ減と無難かつ強いもので、
HPや防御力も高さもあいまって耐久力はかなりあります

更にアクションスキル2のレヴォルト・エクレールがかなりの高威力
他の殆どのキャラが素のスキルで2000に届かない頃にグローザは自力で6000以上のダメージをたたき出します。
10島ラスボス戦ではこのスキルが鍵となり、これを何十回もぶち当て続けることになります。
火力が十分なこのスキルを持っていることで武器スキルに火力を求める必要がなくなり、
選択の幅が広がるというメリットもあります


リーダースキルはアーチャーとバランスタイプの与ダメージを増加させるというもの。
アーチャーかつバランスタイプのグローザ本人の与ダメージは25%も上昇します。
グローザの火力が必要なときはグローザを、
それ以外は回復力アップのためにハーティorウマルスをリーダーにするという使い分けが可能
です。

武器はコル・レーニョ・ボウを使用。
「HP30%以上で即死回避」のオートスキルは、火力がインフレして即死まみれの10島では大活躍
武器スキルがHP少量回復と超微妙に自キャラを強化する効果しかないのが残念。

攻略当時にステルスの有用性を知っていたら、30秒ステルスを得られるアエル・ペリステリを選んでいたかもしれません。

…このようにグローザは、耐久、火力面でパーティトップクラスの存在であり、10島攻略において必須の存在です
しかし戦闘面以外の欠点がありました。
ひとつは、限界突破に必要な虹ルーンの欠片の数がなんと40個
他のキャラが4個、ウマルスでも12個だというのに、いきなり40個。
当時は虹ルーンの欠片をそんなに持っていなかったので、泣く泣く寄生協力バトルで欠片を集めまくりました。

そして第2に、膨大なコスト。
他は星4キャラですら10前後だというのに、なんと20
これはこのゲームに存在するキャラの中でも最大の数値です。
しかもこれまでのストーリーキャラはコストが最大でも4だったので、
最大コストを増加させる施設を殆どあげていませんでした。
結局、ジュエルを600個ほど使って一気に宿屋の施設をLV30くらいにまであげるハメになりました。

色々なものを支払ったその対価は十分に得られているので、まあいいのですが…。





非常に長くなってしまいましたが、キャラ性能に関してはこんなところです。

メンバーの変遷はいかの通り

5島攻略メンバー
主人公、アイリス、タビィ、エレサール

6島攻略メンバー
主人公、アイリス、タビィ、ハーティ

7島攻略メンバー
コジロー、アイリス、タビィ、ハーティ

8島攻略メンバー
コジロー、ウマルス、タビィ、ハーティ
(中盤からコジローは覚醒主人公にチェンジ)

9島攻略メンバー
覚醒主人公、ウマルス、リュート、ハーティ

10島攻略メンバー
覚醒主人公、ウマルス、グローザ、ハーティ





こうした経緯を経て挑むに至った10島。
そこでの死闘と挫折については、また次の記事へ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する