もう幼ければなんでもいい

【ゲーム】テイルズオブベルセリア 感想

tob.jpg

テイルズオブベルセリア、本編クリアしました。



【総評】
あえて先に書く!
面白かった!!買ってよかった!





【ボリューム】
難易度ハード(ノーマルよりふたつ上)で、プレイ時間は65時間。
殆ど詰まったところはなかったので、ノーマルでも40時間以上は遊べるかと思います。
2週目ややりこみ要素も考えるとかなりのボリュームです。

色々と荒れたらしいテイルズオブゼスティリア(未プレイ)の要素もストーリー上でかなり出てきてるっぽいですが、
知らなければ話を理解できないという場面はひとつもありませんでした。





【戦闘】

これまでのテイルズシリーズの中でも戦闘の面白さはトップクラス。
グレイセスに比肩するレベルに感じました。

その理由は「コンボの自由度がかなり高い」「必殺技が派手で爽快」の2点が大きいです。
「コンボの自由度が高い」のはシステムを利用してコンボを繋いでいく面白さが、
「派手で爽快」なのはただ動かしているだけで得られる直感的な楽しさがありました。

tob2.png

tob3.png


半面、戦闘に関するシステムは非常に多く、無駄に複雑すぎるように感じた面もありました
ハードモードでなお、特にレベルを上げなくとも利用しないでクリアできたシステムもかなりあります。
全ての状態異常に対して、「敵の防御力を下げるとかかりやすい」「魔法攻撃力を下げるとかかりやすい」といったシステムはその代表例。

しかしこのあたりのごちゃごちゃしたシステムを理解せずとも、
いつでも難易度を低く設定できるのでRPGの初心者でも問題なく楽しめると思います。
一方で高難易度時は高難易度時のメリットがあるのがこのシリーズのいいところですね。
今作ではキャラの育成が速くなる、など色々な特典があります。





【ストーリー】

暗い!とにかく暗い!
ベルセリアは徹頭徹尾、主人公ベルベッドの「復讐」の物語です。
明るい雰囲気で繰り広げられるわけもなく、シリーズの中でもおそらくシナリオがかなりダークな部類だと思われます。
もちろん日常時のイベントなどはいつものテイルズテイストですが、
メインストーリーはとにかく「復讐」、「復讐」、「復讐」。

しかしそれ故に作品全体を通して緊張感のある物語が展開されていくため、
プレイしていて飽きが来ず、先が気になって熱中してしまいました。
こういう点はテイルズでは結構珍しいかもしれませんね。

ほのぼのとした明るいゲームじゃなければダメな人には向かないかもしれません

まあ、そういう人はそもそもRPGに手を出さないのかな…。





【キャラクター】

テイルズシリーズでかなり叩かれやすい要素ですが、ベルセリアでは目立ってこのキャラクターはクソ!
というのは居ませんでした。
味方キャラはみんな悪い奴じゃないですし、敵には敵の信念がちゃんとあります

むしろ情緒不安定気味なベルベッドが一番…色々と荒れそうなことをします
しかしそれはこのストーリーにおいて必要不可欠な要素。
「復讐」に心囚われた彼女がどのような過程を経てどのような結末を迎えるのかがベルセリアの物語であり、
そういう意味ではベルベッドはこれ以上なく主人公を果たしているキャラクターだと思いました






【総評】
面白かった!!買ってよかった!

テイルズシリーズというと何かしら「不満な要素」がゲーム内やゲーム外にあったりしますが、
今作は全体的に安定感が高く、最初から最後まで楽しくプレイできました

テイルズシリーズに好きな作品があった人、アクション要素の高いRPGをやりたい人はプレイすべき作品です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する