もう幼ければなんでもいい

【HS】加速ツールを用いてハースストーンをプレイした際の挙動

この記事ではゲームスピードを数倍にしてプレイすることができるツールを用いてハースストーンをプレイした際の挙動をまとめています。

ブリザードは「許可なくゲーム・プログラムを複製、または改ざんすること」「チート行為」などは禁止事項と定めています。
ゲームスピードの加速はこれらに抵触しそうというかぶっちゃけそのものだと思うので、
良い子のみなさんは真似しないことを強くおすすめします。

自分はサブアカウントを使い、知人に協力して頂いて検証しました。



まず、HSは加速ツールによって加速することが可能です。
2倍速でも5倍速でも対応可能です。

・加速ツールを使っても変わらない点

このゲームではお互いのターンの時間は75秒までだが
ゲームを加速させてもちゃんとリアルタイムで75秒間経つまでターンが終わらない
(サーバー側で時間を計測している)
このため、加速ツール使用側と加速ツール非使用側で問題なく対戦が成立する



・加速ツールを使うことで得られる利点

①CPU戦が非常にサクサクになる。
やり始めの頃のヒーローのレベル上げや、アドベンチャーに挑む時はかなり便利

②カードの演出が早く終わるため、ランダム要素があるカードを使った後に演出を見終えてから考える時間が延びる。
たとえばメイジの魔力の矢の当たり方を見てからヒロパを撃つ対象を決めるといった流れは多いが、
通常だと魔力の矢の演出に3秒はかかる。加速ツールを使えば1秒もかからなくすることができる。
その差だけ思考に使える時間が延びているということであり、結構明確なメリット

③ターン全体の時間は上述のようにサーバー側で管理しているためか不変だが、
エモートのクールタイムはクライアント側で管理しているらしく、ゲーム速度をあげていればその分だけクールタイムが早く消化される
5倍速くらいでプレイすると、アドベやCPU戦ばりにエモートを連打できる。
このエモートはちゃんと相手にも伝わっているため、一発で何かおかしいことをしていることがばれる



・加速ツールを使うことで得られるデメリット

操作ミスなどに影響はないものの、公式からBANされる可能性があるという特大のデメリットあり。





繰り返しますが、加速ツールの使用は控えたほうが賢明です。
使用を推奨する記事ではなく、もし使った場合はこのようなことになるという豆知識程度のものです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する