もう幼ければなんでもいい

【ゲーム】Undertale 感想

この記事の画像は、有志による日本語化パッチを適用したものです。




Image0ff20161217221838.png


Undertale。
海外ではものすごく有名になっているゲームらしいです。
日本でも非常に完成度が高い翻訳パッチが作られており、国内での知名度も高まっているそうです。

3週間ほど前から初めて、本日なんとかこの記事を書ける段階までプレイができました。

現在、steamで1000円程度で購入できます。




【結論】

Image0ff20161217221931.png

ほとんどなにを喋ってもネタバレになる(これ自体も危ないラインので、具体的な内容に関して言えることがほとんどありません。
プレイ時間でさえもネタバレになりますが、少なくとも1000円では安すぎるくらいの作品です。

作りこみがとてつもない作品であることは間違いなく
steamでレビューだけで70000件を超える作品であり、実際にプレイしてみての感想は「ああ、なるほどな…」でした。

しかし、これだけは言っておかなければならないこととして、
このゲームにはホラー要素があります。
ホラーしかない、というわけではないのですが……なんというか……いや、何も言いますまい。

ホラーが死ぬほど苦手という方のプレイはおすすめできません。
ちなみに自分はホラーが死ぬほど苦手で、何度も泣きそうになりましたが、
それでもこのゲームをプレイして本当に良かった・・・・・・・?????!!!!!!って思ってます!!!!!!!

ただ「楽しかった」「怖かった」というには、このゲームは複雑すぎました。
けれど少なくともUndertaleは「充実した時間を過ごせて」「忘れられない作品」となりました。





【話せる程度の内容】

http://cdn.akamai.steamstatic.com/steam/apps/256655616/movie480.webm?t=1447377566

こちらが公式のPVなので、これを見れば大体どんな内容かわかるかと思います。

ジャンルとしては、STG+RPGのような独特なシステムのゲームです。

基本的にはDQ型の戦闘画面ですが、敵の攻撃時のみSTGように攻撃を動いて避ける必要があります

Image0ff20161217223902.png

Image0ff20161217223918.png



いろんな人と出会い、いろんな決断をしていくことになります

Image0ff20161217222111.png






これくらいしか本当に話せることがありません。

内容が気になる方、プレイするつもりが欠片でもある方で、
ホラーが苦手でなければ迷わずに何の情報も見ずにこのゲームをプレイするべきです

Image0ff20161217222030.png

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する