もう幼ければなんでもいい

【スマホアプリ】フェルンズゲート 感想

jem1.png

フェルンズゲート
スマホ向けのオーソドックスなRPGをたくさん出しているケムコの新作です。

基本無料ですが、無料のままだとセーブ時に広告が出ます。
逆に言えばそれ以外のタイミングでは出ませんし、広告はすぐ閉じれますし、動画広告はありません。
しかし、序盤の終わりごろでまともプレイが困難になるほどの広告が出るようになります。

800円ほどで広告を外した上で、ゲームを有利にできるアイテムが手に入ります。
そのため、800円の買いきりゲームとしてみるべきでしょう。




全体的な感想としては、800円の価値はあったけど、それ以上の価値はなかったといったところ。


kem2.png

kem6.png

プレイ時間は13時間ほどと、割と控えめ
それでもその中でRPGとしての楽しみである育成や戦闘の楽しさは詰まっており、
やはりよい意味で普通のRPGなのが最大の評価点。

以前プレイしたアスディバインクロスもそうでしたが、それ以上に今作はスマホでのプレイに最適化されており、
エンカウント率操作や高速オートバトルなど、極めて快適にプレイできるようになっているのもマル。

また、アスディバインクロスとは異なり、キャラクターや会話、ストーリーが結構無難なところに落ち着いており、
そういう点でも快適にプレイできるようになっていました。





一方で、あまりにも快適すぎて「本当にこれでいいのだろうか?」と思わずにはいられませんでした
今回ではワールドマップもなく、移動は楽といえば楽
そして敵からは100%逃走可能で、もはやダンジョンの道中はただの作業
ボス前のワープポイントでは快適にザコとの連戦が可能のため、レベル上げはこちらでしてくださいね、という感じ。
結果として、道中は逃げまくり、ダンジョンのボスの直前で高速オートでザコと連戦してレベルを上げてボスを打倒
というプレイが最適であると誰にでも分かるシステムになっています。



kem5.png

kem4.png



さらにゲーム中盤、はぐれメタルが大量に出現するエリアで少し頑張ると、1~2時間程度でレベルが80から300くらいになります。
中盤以降、ラスボス含めて1ターンで終了する素敵なゲームになってしまいました。

kem3.png



RPGにおいて快適さを追求しすぎてしまうと、行き着く先はクッキークリッカーなのではないか?
という昔からの疑念を、このゲームはかなり具体的なものにしてくれました。





もうひとつマイナスのイメージとして、ゲームのシステムやグラフィックが全体的に使いまわしが殆どであることが挙げられます。
これはずっと昔からみたいです。
このゲーム単体の評価とは無関係とはいえ、こうまで多くの作品で土台を使いまわすのが、こうまで長く続くと、
そこまでケムコRPGをプレイしていない身からしても食傷気味になりました。

ドラゴンシンカーのような新しい風も期待したいところ。





総評としては、単体で見れば快適に遊べる王道の中編RPG。
しかし良くも悪くも快適すぎて、少し釈然としない面もあるのも事実でした。
ザコ敵からは逃げない、過剰にレベルを上げない、など、自分で縛りプレイをしたほうが楽しめたのかもしれません。






おまけ

kem7.png

マップチップの設定ミスってる。珍しい。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する