もう幼ければなんでもいい

【漫画】マージナルオペレーション 1~8巻

も1
も2

表紙買いのまとめ買い。

物語は30歳の主人公、新田が突然不幸により無職になってしまうところから始まります。
職を失ったどこにでもいる一般人新田が次に見つけた仕事は「命の危険がある民間軍事会社」でした。
戦場の兵に指示を出すオペレーターとしての才能を見出され、戦争の渦中に巻き込まれていくことになります。



1巻を読んだ感想は、正直なところ「なんだこれ、酷すぎる」でした。

というのも、ニートとなった新田がなんで次に「命の危険がある民間軍事会社」に就職しようとしたのか、
その考えがまったく書かれてないんです。
面接で落ちまくって自暴自棄になったわけでも、会社の実態が隠蔽されていたわけでもなく、
事実を把握した上でいの一番にこの会社を受けました。

会社に受かったあとも、数週間の間はひたすら謎のボタンを押し続けるだけの仕事をするのですが、
そのことに一切疑問を持たず、会社も怪しまないのがあまりにも不自然すぎて、自分の頭がおかしいのかと思ってしまいました。
主人公いわく、「楽な仕事だ…」。
えぇ。




が、2巻以降に少年兵の軍隊が登場してから面白さが跳ね上がりました

勤めた会社は民間軍事会社というちゃんとした会社のはずだったのですが、
実際は戦場付近の村から少年兵を集めて囮にさせているというとんでもないクソッタレでした。
その事実を知った新田が初めて覚悟を決めて任務をこなし戦場に指示を出す展開は熱く、
そうした新田に触れて人間らしい感情を取り戻す少年兵たちとのやり取りは微笑ましいです


中盤以降は第2章とでも言うべき展開になり環境が激変します。
そこからはさらに新田と少年兵たちが密接な関係になり、ほんわかな描写も増えて良かったです。





ちょっとゲームが好きだった程度の一般人だった主人公が作中で神の如き超人として活躍したり、
その割にどちらかというと敵がアホなだけにしか見えなかったりして違和感はあるものの、基本的には俺TUEEEEEEEEE系の作品。

そういうのが嫌いではなくて、あと可愛い女の子が好きならおすすめできる漫画じゃないかと思います。





個人的に点数をつけるなら100点満点中65点
おすすめした割には微妙だ。
じゃあおすすめしません。終わり。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する