もう幼ければなんでもいい

Steam『Rain World』感想

Image0ff20170416210801.png

Steamで販売中のゲーム、『Rain World』の感想です。
http://store.steampowered.com/app/312520?l=japanese
価格は2000円。





Image0ff20170416211637.png

Image0ff20170416211256.png

『Rain World』は苔むした人工物の墓場と化している退廃した世界で、
猫のようなナメクジのような不思議な生き物、猫ナメクジが生きのびるゲームです。

主人公を見つけては執拗に追いかけてくる爬虫類、柱に擬態しては近づくものを一瞬で捕縛する植物など、
きわめて危険な生物が棲む絶望的な自然界が生々しく描かれており、難易度も容赦ないです
時には、敵同士が食い合うことも起こります。

この食物連鎖の世界で、主人公の猫ナメクジは最低ではないものの非常に微妙な位置におり、
ちょっと大きな虫程度なら捕食できるものの、それ以外にはほぼ打ち勝てません。



Image0ff20170416211116.png

食われて死にました。





へんな棒がある。近づいてみよう。

Image0ff20170416211358.png




え。

Image0ff20170416211403.png




ああああああああああああああああああああ

Image0ff20170416211411.png





さらにそれに加えて定期的に壊滅的な雨が降り注ぎ、そのままでは洪水でなす術なく死にます
食料を蓄えてシェルターを見つけてそこに篭らなければ、ゲームオーバーです。

総じて、厳しい弱肉強食の世界とそれによる難易度がとてもリアルな作品
背景のグラフィックも、思わず見とれるほどに綺麗。
しかも、生物たちの動きもものすごくリアル。




…そう、リアルすぎた。




自然界で、動物、植物ときたら、あとはなんでしょう。



…虫です。


ゲームを開始して4時間ほど、ついに出てきてしまいました。
正直なところ、パっと見た感じではそこまでキモくはありません
ただ、細い触角や、全体的な動き方が・・・本当にもう、生々しい、という表現しか浮かんでこないほどの完成度です。
ただ、これが自分には完成度が高すぎました。

突如として襲いかかる巨大生物や、精神的な死角を突いてくる凶悪な捕食者。
ホラーとはまた違う恐怖感があり、前述の虫のような生理的な嫌悪感までもがあります

前者だけならよかったのですが、後者に耐え切れず、GIVE UPしました。





誤解のないように再度言いますが、『Rain World』は恐ろしく完成度が高いゲームです。
猫ナメクジの細かい挙動は愛らしく、それ以外の敵キャラもぬるぬると動きます。

その一方で「自然界の怖さ」があまりにも現実的で、そこをどう受け取るかがこのゲームの評価の別れ目でしょう。

自分は………






虫が、虫さえいなければ…。





なおこの作品は日本語非対応ですが、作中に英語は操作説明でしかでないので、殆ど問題はありませんでした。
GIVE UPしたゲームをお勧めするのもなんですが、凄いゲームなのでよかったら是非、試してみてください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する