もう幼ければなんでもいい

【漫画】爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!! 1~2巻 感想

kjlj_.jpg

『爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!!』は、あの『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の続編です。

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』はコロコロコミックに連載されていましたが、
『Return Racers!!』はコロコロアニキという「子供時代にコロコロを読んでいた大人向け」の雑誌に掲載されております。

そのため、この手の続編にありがちな「主人公の息子の世代が活躍する2世モノ」ではなく
大人になってちゃんとした職に就いている豪たちが主人公となっています。
「小学生時代、烈が将来を目指すために大好きなミニ四駆を辞める話」というとてもコロコロではできない話がある他、
「大人たちが小学生くらいの子供を居酒屋に連れて行って酒を飲む」というかなりぶっ飛んだ描写もあります。

烈以外の登場人物たちも大人になってミニ四駆から離れていましたが、
謎のミニ四駆マニアの少年「翼」との出会いを切欠に再び触れ合うようになります。

大人が楽しめる内容でありつつも『ミニ四駆が炎に抱かれて転生する』『野生の力で覚醒する』
といった『爆走兄弟』の破天荒っぷりはそのままで、面白くも懐かしい気持ちが味わえる漫画になっています。





また、大人になった豪が少年時代や中学生時代を振り返る話もあり、いろんな時代の豪や烈たちが登場します。
一本の筋が通った物語というよりは短編集みたいな漫画ですね。



20170809_000222.jpg

20170809_000345.jpg



絵もめっちゃ上手くなってる気がする。
総じてかなり満足度が高い漫画でした。
3巻も楽しみです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する