もう幼ければなんでもいい

A hat in timeプレイ中!

A hat in timeが先日ついに発売されたので、さっそくやりまくってます。
開発に4、5年かかっただけあって完成度がかなり高そうです。
ステージごとにコンセプトがあって、新鮮な気持ちでのプレイを続けられています。

ただ、残念な点もちらほら。

Image0ff20171007152459.png

・キャラと地形の衝突判定というかあたり判定がやや雑
・カメラアングルが結構不親切
・マップが非常に複雑で、覚えにくい
・ワールド2のしょっぱなからめちゃくちゃ暗いステージ
・日本語未対応


マリオ64ライクなゲームだからこそ、どうしても本家と比べてしまう面があるかもしれません。
そしてあれだけ完成された作品が20年前に既に世に出ていたことに、あのゲームの偉大さを再確認しました。

日本語未対応なのはしょうがないですが、マリオ64と違って作中でかなり会話文が出てくるので、
まったく読めないと辛そうです。
自分は結構辛いです。
気が向いたら2週目を翻訳しながら楽しむかも。




とても面白いゲームであるものの、現状だと少し人におすすめしにくい内容かも、というのが今のところの感想。
まだまだプレイ途中なので、どんどん変わっていくと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する