もう幼ければなんでもいい

【クローンゲーム】NCFCの惨状が悲しい

NCFCという、海外のサイトで毎年行われているゲームのイベントがあります。
その内容は、主にマリオのクローンゲームを投稿するお祭りのようなものです。
当然、真っ黒です。

2015年のNCFCでは結構な数のゲームが投稿されていたのですが、
今年の2017年ではこんな感じです。
肝心のマリオ系クロゲはわずか8本。
終末感が漂っています。

この1年間だけでも、クローンゲームの公開が任天堂の指示によって公開停止される件が数多くありました。
IPの侵害に厳しくなっているこの時代、出来がよければ出来がいいほど、有名になれば有名になるほど処罰を受ける可能性が高いとなると、
こういうイベントに本気で参加する人が減るのも当然のことでしょう。
今後クローンゲームは縮小、更にアングラ化していくのかなと思います。

原作への愛が突き抜けた結果、すさまじい作品となったクローンゲームはかなりあります。
今後そのような作品を見る機会が減りそうなのは、少し残念な気持ちがあります。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する