もう幼ければなんでもいい

【Switch】ソニックフォース 感想

先日発売したソニックシリーズ最新作。プレイ終了。
ソニックシリーズはメガドライブとゲームギアの作品のみプレイしたことがあります。

プレイ開始から、エンディング~スタッフロール終了までにかかった時間は 5 時間くらいでした。



クリアするまで他の人のレビューを一切見てないため、純粋に自分が抱いたことをそのまま書きます。

以下、ネタバレ感想

 
 
 



繰り返します。

プレイ開始から、エンディング~スタッフロール終了までにかかった時間は 5 時間くらいでした。

ちなみにスタッフロールにかかった時間が10~20分くらいです。飛ばせません。

6000円以上するゲームとしてはボリュームがかなり少なめと言わざるを得ません。
追加ステージのようなものもほとんどなさそうです。





ストーリーもだいぶ駆け足で、とりあえずドラマチックっぽい展開。
プレイヤーの分身が主人公なのですが、何故か一瞬でソニックの相棒ポジになったり、
世界が一瞬で窮地に陥ったり、囚われたソニックが数分後に戻ってくるなど、あまりにも急展開。
テンポがいいともとれるので、それはそれでソニックっぽいかもしれませんが…。

また、ソニックやエッグマンなどのごく一部のキャラ以外は台詞が少しあるだけのモブで、
活躍が描かれることはほぼないです。

ブーストを使うとステージ外に吹っ飛ばされたり、ダブルブーストなどのQTE的要素など要るかこれ?と思った要素も多々。

また、2Dパートは異様に操作しにくく、狙った場所にジャンプするだけでも難易度が高いです。





色々と不満が多いですが、爽快感という一点に関してだけは突き抜けたゲームでした。
難易度はかなり低めで、ただ走っていればクリアできるようなステージばかりです。
そういう意味ではゲーム性やボリュームを犠牲にして、ソニックらしさを突き詰めた作品、といえるのかもしれません。

とりあえずプレイ中は面白かったので、中々辛辣なことを書きにくい気分なのですが、
冷静に振り返ると凄く微妙なゲームだったような気がします。
いろいろと、勢いでごまかされてたというか…。





内容が薄くて特に書きたいことがないです。

他の人のレビューがどんなもんなのか確認してきます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する