もう幼ければなんでもいい

【2DACT】Iconoclasts 感想



Steamでつい先日発売されたゲーム、Iconoclastsの感想記事です。
Noitu love2というハイクォリティな2Dアクションを作品を作った海外の方の、7年越しの待望の新作です。
Noitu loveの名はインディーズゲーム界隈に詳しい人なら知っている人も多いのではないでしょうか。
当時から美麗だったドット絵は7年の月日を経て更に進化しています。



ぶっちゃけ、ゲーム内容に関してはここを見たほうが分かりやすいです。

巨大レンチで世界を直せ!職人的クリエイター入魂の2Dアクション『Iconoclasts』

ここの記事と上の動画でこのゲームの大体のことはわかると思います。
で、その上で自分の感想。

うん、間違いなく面白かったです。
ドット絵は壮大で綺麗で、操作性も良し
ゲームの根本部分において、このゲームより秀でている作品はそうはないでしょう。
ただ、ゲームの方向性と、カスタマイズがちょっと自分とは合わなかったかなと思いました。

方向性というのは、ゲーム性とストーリー面の両方です。
一見ごく普通のアクションゲームですが、アクション要素よりも謎解きが占める面が非常に大きいです。
ボス戦も撃破方法を模索するものが大体であり、「気ままにキャラを操作して攻撃して敵を倒す」、
というシーンは実のところかなり少ないです

謎さえ解けてしまえば難易度はかなり低いので、やはり謎解きの要素が強いゲームでした。
操作性が気持ちいいくらいに良いゲームなだけに、もう少しアクション要素が強かったらよかったのにと思いました。

ストーリー面についてですが、可愛らしいドット絵と反するように、
最初の最初からほぼ最後の最後までひたすら暗い物語です
ゲーム開始前から主人公が死罪を受けるレベルの犯罪者扱いという世界観で、
殆ど救いらしい救いもなく、ダークな方向にエスカレート
していきます。
また、世界観の説明を意図的に省かれている要素があり、
終盤はかなりとんでもない、というかかなり電波な展開になっていきます。

雰囲気以外でも、様々な組織が出てきてとても話が分かりにくく感じました
日本語翻訳がガッチガチに硬いのも理解しにくい一因だと思ってます。



次にカスタマイズ性について。
ステージ各所に隠されたアイテムを素材にして主人公の能力を拡張する装備を作れるのですが、
それがどうも地味な能力ばかりだし、ちょっとダメージを受けるだけで壊れてしまいます
これなんか意味あるのかな、と。
自分のプレイが浅すぎただけかもしれませんが、このあたりは完全に練りこみ不足を感じてしまいました。

ステージが進むと主人公が出来る動作が増えていくのですが、
殆ど使い道のないものもあったり、局所的というか露骨な使い方しか出来ない能力もあったりで、
やっぱりアクション要素に関してはもったいない部分があるように感じます。





絶対に間違いなく面白いのですが、万人にオススメできそうな見た目と違ってかなりクセのあるゲームだと思います。
2000円にしてプレイ時間は10時間にも満たないので、Steamのほかの良作に比べるとコスパもよくありません。
素材的にはインディーズゲームの底力を見せてくれるゲームですが、
それが自分にとって最高に面白かったかというと、やはりそれはまた別の話なのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する