FC2ブログ

もう幼ければなんでもいい

長編RPG『ファイナルタカノマサ』プレイ終了

Image0ff20180512203055.png

長編RPG、「ファイナルタカノマサ」をクリアしました。

ハッキリ言って、他人におすすめできるゲームだとは思えませんでした。



Image0ff20180512203427.png

序盤から、勢いが全てのギャグの津波が遅いかかる。
面白いか面白くないかで言ったら、たぶん、かなり面白くない部類のギャグ。




Image0ff20180512203132.png

使われてる素材にも統一感があまりにもない。



Image0ff20180512203225.png

戦闘バランスは割と壊滅的で、全体回復や全体無敵付与があまりにも簡単な一方、
状態異常に対する対策が限定されすぎてて運ゲー要素が強い。
また、敵の体力があまりにも多すぎる。半分でもいいくらい。











これらを踏まえてなお、俺はこのゲームが好きでした。






Image0ff20180407045610.png

ギャグ一辺倒のように見えてシリアスな面もあるゲームなのですが、そのギャップがとてもよかった。
登場人物たちの掛け合いも多くて、徐々に人間味を出してくる主人公のタカノマサはまさに漢でした。



Image0ff20180324163815.png

Image0ff20180324163819.png

Image0ff20180324163821.png


基本的に顔グラは一種しかないのですが、ここぞという場面で専用の顔グラが用いられ、
全部のシーンが心に残ってます。あの演出はにくい。



総じて、非常にクセのあるゲーム。
やっぱり自分にはこういう、作者の個性がぶちまけられてる作品を好きになる傾向があるのを再確認できました。




カットイン

あとこの作者さんの絵が普通に好きだから、次回作は女キャラのグラフィックも自作のものが見たいなあ…。




Image0ff20180512165528.png

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する