FC2ブログ

もう幼ければなんでもいい

【メギド72】最速ループ戦略研究日誌 最終日

最速無限ループ戦略の考察記事です。

あまり面白くない記事です。
実戦の場で無限ループを活用したい、という人以外は読まなくても大丈夫です。




こちらの記事で研究する最速無限ループ戦略の概要は、以下の通りとなります。

16662.jpg

①ブエル、ムルムル、ウァサゴ、ウァプラの4人を軸とした無限ループコンボを研究する
②残り一人は必ずかばう役にし、戦闘中も最優先でスキルフォトンを与える(かばう必要がない場合はその限りではない)
2ターン目にループを成功させるのを目標とする


そもそも無限ループって何?という方はこちらの記事で少しだけ触れているのでよかったら読んでみてください。
【メギド72】無限ループシミュレーター





【結論】

最速ループ研究では2ターン目でのループ突入を最大の目標としています。
これまでの検証で『強敵相手において最善のパーティと目指すべき最善の動き』を自分の中で明確にしたので簡単にここに記します。



パーティ構成としては、

ブエルには水獣ソーサラー
ムルムルにはいたちブラスター
ウァプラにはヴァジュラ
を装備させます。

ウァサゴにもいたちブラスターを装備させれば無限ループに突入できるパターンが増えますが、
ウァサゴがいたちブラスターを使わざるを得ない状況になること自体があまり好ましくありません。
なぜなら、その状況は2ターン目で自由枠がカウンターオーブを使用したり、ウァサゴが他のオーブを使う余裕が無いからです。
強敵相手ならそれが可能になるくらいの「ゆとり」が欲しいです。

そのためウァサゴには特性でHPが上がるオーブか、
攻撃2回無効のシェルドレイク攻撃力を大幅に増加させるクラッシュワーム
相手の奥儀を防ぐカラミティエッグ等を状況に応じて装備させます。

自由枠は相手によって調整しますが、シルバートームを持たせたかばう役が今のところ一番活躍しています。





【戦闘の具体的な流れ】

1ターン目の目標としては、

ブエル覚醒ゲージ2~3
ムルムル覚醒ゲージ4
ウァサゴ覚醒ゲージ3
ウァプラ覚醒ゲージ1以上


の状況を2ターン目開始時点で作ることです。
これを強く意識します。

具体的には、以下のようにフォトンを取ります。

Image0ff20180705235554.png
Image0ff20180705235609.png
Image0ff20180705235650.png

(4つしかフォトンが無いのは、かばう役にスキルフォトンをひとつ与えているのを想定しているため)
(ウァプラのアタックフォトンはチャージフォトンでも可)



この取り方ができれば、次のターンは以下の画像の状況になり、
確定でループに突入できる上にウァサゴか自由枠がオーブを使う余裕が生まれます

Image0ff20180706000038_20180706000352b6d.png

画像ではブエルがアタックフォトンを取っていますが、
実際にはスキルでもチャージフォトンでもループ確定
となります。





ムルムルのゲージが1足りない場合は次善の手となり、
2ターン目のブエルの1巡目の行動でスキルフォトンを取れればループが確定しつつ行動に余裕が生まれるという状況になります。


以下のような、アタックフォトンを多めに取らざるを得なかった場合でも…

Image0ff20180706000559.png

Image0ff20180706000604.png



ブエルが1巡目にスキルフォトンを取れさえすればループ確定です。

Image0ff20180706000959.png





【カミハカリを使う場合】

ウァプラにカミハカリを持たせる場合、
ヴァジュラの代わりにそのままカミハカリを持たせます。
ヴァジュラを使えなくなるのは痛いですが、2ターン目のウァプラには自力でチャージフォトンを取って貰います。

ブエルにカミハカリを持たせる場合、
水獣ソーサラーはウァプラに持たせ、1ターン目でウァプラの覚醒ゲージを3まで溜めますあとはよくわかりません。
あとは気合と根性です。





【とりあえずひとつのゴール】

記事としてまとめたことで、自分の中での無限ループ戦略の基本戦術を完成させられた気がします。
ひとまず無限ループの攻略記事は一旦これで終了とし、この記事を研究日誌の最終日とします。

もし、無限ループと相性のいい新メギドや新オーブが登場したらその時にまた研究記事を再開すると思います。

それではおやすみなさい。





【メギド72】ループ戦略研究日誌 まとめ に戻る

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する