FC2ブログ

もう幼ければなんでもいい

【メギド72】相手が場の最後のフォトンを取ったのを見てからターゲットを切り替えることは可能か?

この記事では、ターゲッティングの仕様について記しています。

公式の想定外か否かが怪しいラインのため、
この記事に書いてある内容を活用するかどうかは個々の判断にお任せします
(後日、公式にご意見箱から質問する予定です)



【先攻と後攻】

メギド72ではターンごとに先攻後攻に分かれます。
先攻にも後攻にもそれぞれメリットがあります。

先攻

17064.jpg

先攻は場に出現するフォトンを真っ先に取れます。




後攻

17065.jpg

後攻は出現する10個のフォトンのうち、最後の1つを取ることができるため、
相手の5個のフォトン全ての振り分け内容を見てからゆっくり戦略を考えたりターゲットを切り替えたりできます



だと思っていたのですが、どうやら先攻でも、
後攻側が最後の10個目のフォトンを取ったのを見てからターゲットを切り替えることは可能のようでした。
実は相手が最後のフォトンを取ってから各キャラクターが行動を開始するまでの間に、
ターゲットを切り替えることができるタイミングが存在する
のです。

以下、この行為を「行動開始直前タゲ切り替え」と記します。





【対CPU(PvE)において】

CPU戦での行動開始直前タゲ切り替えは、通常では極めて難しいです。
というのは、先攻側のプレイヤーが9個目のフォトンを取ると、
その瞬間にCPUは即座に10個目のフォトンを取るため、
ターゲットを切り替えられるタイミングがほんの一瞬しか無いからです。

CPUが10個目のフォトンを取ったのを肉眼で見てからターゲットを切り替えるのは、
少なくとも自分の反射神経ではかなり困難でした。

しかしゲーム内のある仕様を利用すれば、簡単に行動開始直前タゲ切り替えをすることが可能です。

何を利用するのかというと……リタイアボタンです。







自分が9個目のフォトンを取った直後にリタイアボタンを押すと画面が止まるので、
その時に誰が最後のフォトンを取ったのかゆっくり確認できます
ご丁寧にフォトンを取った敵の足元に赤い魔方陣が出現するため、
移動するフォトンの動きを凝視する必要すらありません。





【PvPにおいて】

PvPでは時間制限というシステムがある仕様上、リタイアボタンなどを押しても画面が止まったりはしません
しないのですが……PvPではそんなことをしなくとも、
相手が10個目のフォトンを取ったのを肉眼で見てから普通にターゲット切り替えが可能です。




対CPUの時と違い、10個目のフォトンを取ったあとに少しだけ間があるのがその理由っぽいです。

ちなみに、「行動開始時に○○%の確率でフォトンを追加する」系が発生すると少し猶予が延びるような気がします。
ただし、それ系でフォトンが追加されたのを見てからターゲット切り替えする猶予は絶対にありません。





【実用性】

実用性に関してですが、少なくとも対CPUではあまり活用できる場面が無い気がします
行動開始直前タゲ切り替えに気づいたのは最近なんですが、
対CPUでこれをやりたかったという場面に出くわした記憶がありません。
自分があまり考えないでプレイしているのも理由のひとつですが…。

PvPに関してはエアプなので分かりません。





【メギド72】メギド72関連の記事まとめ に戻る

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する