FC2ブログ

もう幼ければなんでもいい

スマホRPG『イノセントリベンジャー』 感想

27547.jpg

『イノセントリベンジャー』は、ケムコより販売されたRPG。
価格は1000円程度。



開発はアスディバインシリーズなど、ケムコRPGの数多くの作品を手掛けているEXE-CREATE

ケムコから販売されているゲームは製作会社ごとに効果音やUIの多くが使いまわされているため、「やればやるほど新鮮味が薄くなっていく」という欠点があるのですが、この作品はその点では、マンネリを解消しようと頑張っているように見えました。



27540.jpg

マップのデザインはもういつものEXE-CREATE100000%という感じですが、今回は戦闘面に力を入れています



27538.jpg

27537.jpg

敵・味方ともに9×9のマス目上で戦い、空いたマスに召喚キャラを呼び出したり、技の範囲に合わせた陣形を組んだり、敵を動かしたりといった戦略性があります
今までのEXE-CREATE作品では見られなかった傾向です。
敵もやたら強く、戦闘の面白さはEXE-CREATE作品の中では随一なのではないでしょうか。
一方で難易度選択もありますし、超速オートもあるのでサクっとプレイしたい人も安心です。

システムでルーラやリレミトがいつでも可能で、敵の出現率すら操作可能。
いつもと同じようなUIだからこそ、スマホでのプレイに特化した究極の快適性も健在です。

それでもやはり、効果音やそこかしこから漂う「いつものEXE-CREATE臭」は結構強いものがあるので、そろそろこのあたり一新した作品も見てみたいのですが…。
アリスソフトも効果音とかは一生使いまわしてた気がするし、このあたりはコストを割きにくいのでしょうか。





それと、今回はストーリーも中々悪くないです。

27546.jpg

27542.jpg

復讐にとらわれた主人公と、それを止めるでもなく肯定するでもなくただ見守るヒロインの

変なコンビですが、徐々に態度が軟化していく主人公にほっこりしていきます。



27543.jpg

27545.jpg

他の2人の仲間も嫌味さが一切なく、ゲームシステムもキャラクターもストレスフリーな作りといった印象でした。
アスディバインシリーズの一部は本気で不快レベルのキャラクターやテキストだったので、こういったところで進化を感じられるのは嬉しいです。





総評としては「EXE-CREATE作品臭は根強く残っているものの、新たな一歩を踏み出そうとしていることを感じさせる作品」でした。

このゲームに限りませんが、EXE-CREATE作品はそれまでのEXE-CREATEを知らないほうが楽しくプレイできると思います。
本当にサクサクとプレイできるので、スマホでなんとな~く買い切りRPGをやりたくなった人には結構オススメできる作品かと。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する