FC2ブログ

もう幼ければなんでもいい

2Dアクション『DUNGREED』 紹介

Image0ff20200101134020.png

『DUNGREED』はSteamにて定価1010円で販売されている、ローグライクの2Dアクションゲームです。
また、ニンテンドーSwitchでも販売されているらしいです。

初めに個人的な感想を述べさせて頂きますと…いやぁ、本当に面白かったですわ…。



Steamの『DUNGREED』のストアページ





Image0ff20200128215604.png

主人公はダンジョンに捕らわれた村の人々を助けるため、入るたびに形が変わるダンジョンを踏破していきます。
ダンジョンの中で手に入れたアイテムは基本的に持ち帰れませんが、その代わり主人公のレベルが上がる仕組みです。
そして村人たちを救出するたびに拠点が発展し、便利な施設が増えていきます



Image0ff20200123123239.png

主人公のレベルを上げ、拠点を充実させ、そして何よりプレイヤーの腕を磨き知識を身に着けながら、ダンジョンの最下層を目指していきましょう。



Image0ff20200101133155.png

Image0ff20200128215630.png

Image0ff20200128215527.png





…と、やるべきことは非常にシンプルなこのゲーム。
ローグレガシーやDead cellなど、名作が多いローグライクアクションでもあるのですが、その中にあってなお決して埋もれぬ特色が、DUNGREEDにはあります。

それはアイテムの豊富さ

Image0ff20200105215119.png

DUNGREEDでは村人を助けたりボスを倒すごとにダンジョンで出現するアイテムがドンドン増えていきます
最終的には相当な数になり、プレイするたびに見たことがないアイテムを見かけることも多くなります。
特に武器系のアイテムはその多くに強い個性があり、低レア度の武器でも唯一無二の性能を持っていることも多いです。
難易度が上がるか下がるかは、増えたアイテム次第というのもまた面白いところですね。



Image0ff20200123133032.png

こういった点により、ローグライクとして「プレイするたびに新しい体験ができる」という楽しさを思う存分味わうことができるゲームになっています。





Image0ff20200101133927.png

ただし、難易度はかなり高めの作品のように感じました。
というのも、ダンジョンの道中でまともに回復する手段が相当限られているためです。
ザコ敵との戦いでの被弾はそのまま死に直結し、可能な限りダメージを回避するようにしないとまともに戦えないような状態でボス戦に入ってしまいます。
運よく強力な装備が手に入っても無双するにはプレイヤーの知識と力が必要です。

Image0ff20200113211302.png

とは言えレベル上げの要素もあり、中には本当に強力なアイテムもあるため、腕は運と時間である程度はカバーすることもできます。
特にある最高レア度のアクセサリを手に入れると少しお手軽に回復できるようになるため、手に入れたら大事にしてあげてください。
恥ずかしながら、自分もそれを拾えたからクリアできたようなものでした…。



ちなみにこんな感じの可愛いオプション系装備もあったりします。

Image0ff20200125104533.png





ということで運と腕をこれ以上なくストレートに求められる、正統派に面白いアクションゲーム『DUNGREED』
とても面白かったので、よかったら是非プレイしてみてくださいな。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する