FC2ブログ

もう幼ければなんでもいい

【フリゲ】『メイジの転生録』  ─††† 運 命 感 想 †††─

震えが止まらなかった。

Image0ff20200301144247.png
Image0ff20200301144250.png

これほどの名作を知りながらも今までプレイしてこなかった自分に対する悔しさで。



Image0ff20200301152612.png

圧倒的なテキストのセンスと運命を感じさせるグラフィックへの驚嘆で。



Image0ff20200301151439.png

そして何より、それらの陰に隠された考え尽くされた快適なユーザビリティとゲームバランスへの感動で。



運命の奥底から揺るがされた。
実際ネタでもなんでもなく、ここまでプレイヤーに強烈な印象を残しつつ、RPGとしても普通によく出来ている以上、掛け値なしに名作としか言いようがない。
常人ならざるセンスを持った作者が持てる武器を全て使って作り上げた魂とでもいうべき作品であり、文章の、グラフィックの、演出のひとつひとつにその熱意と本気が伝わってくる。



Image0ff20200301174249.png

確かにイラストの一部に関しては関節や骨格が若干運命的になっているものの、それでも十二分に「作者がやりたい演出」が自作の絵で出来ているという時点で普通の人間にはまずできない偉業だ。
作品内だけで作者の画力がメキメキと上達していくあたりからも、現状に満足せず上達を目指しているのだろうなと思わせられる。
というか後半は普通に可愛かったりカッコよかったりして普通にビビる。
なんにせよ俺には絶対に真似できない姿勢と努力だ。






Image0ff20200301180759.png

繰り返しになってしまうが、ゲームを成すあらゆる要素が個性的…いや運命的でありながらも、しっかりと練られたゲームバランスと快適性。
メイジの転生録がカルト的な人気を誇るのも納得ができる、名作中の名作だった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する