もう幼ければなんでもいい

画面端での奇妙なめくり

パソリロでの対戦中、奇妙なことが起きました。



梅喧が完全画面端(これ以上進むことor下がることが出来ない位置)に居るにも関わらず
ソルに背中を向け続けそのままJSがヒットしてしまいました。

もしも梅喧が完全画面端から1ドットでも離れていた場合、
ソルは梅喧を飛び越してしまい、JSがスカりつつ完全画面端に着地するはずです

このことから梅喧が完全画面端に居たことは間違いないのですが、
では何故このようなことが起こったのでしょうか?



記事の終わりに加筆しました。




この謎のめくりの原理は
先に完全画面端に触れたキャラが完全画面端に存在することが出来る
完全画面端には1人しか存在することが出来ない
の2つが大きく関わっていると思われます。

小難しい言い方ですが、要するに先ほどの動画の例では、
ソルが梅喧よりも先に完全画面端に触れてしまったため

壁ソ梅          壁

この状態で固定されてしまい、左方向にレバー入力をしてもガードが出来なかったのでしょう。
(壁=完全画面端 ソ=ソル 梅=梅喧)



・・・余計解かりにくくなりましたね。それではこの動画をご覧ください。



①のように、このゲームでは完全画面端に居る相手を飛び越したりめくったりすることは
普通では出来ないようになっています。
このことを踏まえた上で、②を見てください。

スローモーションなので、ガード側のソルよりも先に
梅喧が完全画面端に接触している
のがお分かり頂けると思います。

先に完全画面端に触れたキャラが完全画面端に存在することが出来る
完全画面端には1人しか存在することが出来ない

この原理から、梅喧が先に完全画面端に触れたため

壁             ソ梅壁

一時的に位置関係がこのように固定されてしまいます。

よってソルが右方向を押し続けても絶対に梅喧を追い越すことが出来ず、
ゲーム内部では梅喧も右方向(完全画面端)にいる扱いになっているため
絶対にソルはガードをしてくれない
のです。
画面端に向かって歩いているという、通常ではあり得ないソルの動きからも解かります。

umeso.jpg

この瞬間は明らかに梅喧がソルの左側に居るように見えますが、
やはりゲームの内部では

壁             ソ梅壁

このように、先ほどのまま梅喧が右方向に居ると認識されているはずです。
だからこそ、ソルは右を押しっぱなしで歩いているのにガードポーズも取りません。
ポチョムキンの6HSに歩いて突っ込んでもガードポーズを取らないのと同じです。
当たり前ですよね。

そして③のように、めくり性能のある技を出しつつ着地すると
相手が画面中央方向に吹っ飛びます。
「完全画面端でのめくり起き攻め」ネタと似たような現象
ですね。

しかし、こうなると解からないことも増えます。
動画の②では

壁             ソ梅壁

この状態で梅喧がJHSを出しているという扱いであるため、
ソルが右方向を押していてもガードが出来ない
(端に向かって歩き続ける)とは既に申し上げました。

つまり、これは右にいる梅喧が左にいるソルを攻撃しているのですが
だとすると何故ソルは左方向に、即ち画面中央側にのけぞらないのでしょうか
「完全画面端でのめくり起き攻めネタ」は表裏のガード崩しのネタですが、
表ガードになる時は後ろ方向に、裏ガードになる時は前方向に押せばガード出来ます

しかし今回のコレは、チップのJHSでのように画面中央にのけぞらせる場合も
梅喧のJHSでのように端側にのけぞらせる場合も、前方向ではガードが出来ません


謎です、非常に謎です。



解からないことはまだあります。

ジャンプで相手を飛び越し完全画面端に触れたキャラが、
完全画面端の方向を向いていると画面中央側に、
画面中央の方向を向いていると完全画面端に着地します。

つまり通常ジャンプで飛び越すとキャラはそのままの向き(端を向いている)ので
中央側に、ハイジャンプで飛び越すと飛び越した瞬間に画面中央側を向くので
完全画面端に着地します。



動画のラストの通り、梅喧のJHSでソルも画面中央側にのけぞりようになります。

おそらく「画面中央を向いて完全画面端に居る」状態は極めて自然な状態なので、
その状態でJHSを出せば相手は極々普通に中央側に吹っ飛び、
そのまま着地すれば極々普通に完全画面端に着地するのでしょう


ところが「完全画面端に居るが完全画面端の方向を向いている」のは
極めて不自然な状態です(通常ジャンプで完全画面端に触れた状態)。

「完全画面端に居ると認識されている」にも関わらず
そのまま着地すると何故か画面中央側に着地することや、
最初の謎である梅喧のJHSのガード方向とのけぞり方向の矛盾は、
この不都合によって生まれたものなのではないでしょうか。




以上で個人的な考察終了。
もっと詳しいことをご存知の方や、ご意見のある方はお気軽にコメント欄まで。

あ、あと、これはいつも思っていることなのですが、
よく解からない点などがあれば、それもご遠慮せずコメント欄で聞いてください。

自分の文章の解かり難さと読み難さには自信があるので、ドシドシ質問くださいな。




さて、それでは一番最初のパソリロ対戦動画ですが。

おそらくこれは、相手の梅喧が起き上がりに2Kで暴れてしまったため、
極僅かとは言え画面中央側に前進したのでしょう。

その直後俺のソルの前ジャンプJSが来ますが、
梅喧が2Kを出している間かその直後に、ソルが完全画面端に接触したはずです。

ジャンプ攻撃に気が付いた梅喧は左(画面端)方向にレバーを入れるも、
既に完全画面端には俺が居たためガード出来ずにSLASH…と言う事でしょう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する